「メルセデスベンツCクラス」、セダンとワゴンに特別仕様車

2005.05.25 自動車ニュース
 

「メルセデスベンツCクラス」、セダンとワゴンに特別仕様車

ダイムラー・クライスラー日本は、「メルセデスベンツCクラス」のセダンとステーションワゴンに、特別仕様車3車種を設定、2005年5月23日に発売した。

 

エントリーグレードである「C180コンプレッサー」に設定されるのは、特別仕様車「C180コンプレッサー・アバンギャルドリミテッド」。内外装がアバンギャルド仕様とされたのに加え、特別装備としてバイキセノンヘッドランプ&ヘッドランプウォッシャーや、アルミニウムセンターコンソールパネル&ドアトリム、CDチェンジャーなどが採用された。

ボディカラーは、セダンがブリリアントシルバーおよびオブシディアンブラック、ステーションワゴンはオブシディアンブラックのみ。限定各350台で、価格はセダン、ワゴンともにベース車の31.0万円高、前者が430.0万円、後者は451.0万円だ。

一方、「C230コンプレッサー」には、エクステリアをAMGデザインのフロントスポイラーやサイド&リアスカート、17インチアルミホイールで飾った「C230コンプレッサー・スポーツエディション」が設定された。

インテリアには、前席スポーツシート(シートヒーター付き)や専用デザインのメーターパネルなどが与えられている。また、スポーツサスペンションや大型ブレーキキャリパー&ドリルドベンチレーテッドブレーキディスクなどを採用、スポーティさを大幅に高めたという。
カラーはイリジウムシルバーで、セダンのみ用意。限定台数は300台で、価格はベース車より30.2万円高い、530.0万円である。

(webCG 山下)

 


メルセデスベンツ:
http://www.mercedes-benz.co.jp/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Cクラス セダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • メルセデス・ベンツC200エクスクルーシブライン リミテッド(本革仕様)(FR/7AT)【試乗記】 2015.6.18 試乗記 上級サルーン「Sクラス」に似たフロントデザインを持つ、「メルセデス・ベンツCクラス」の特別限定車に試乗。果たしてそれは、1台で2種類のドライブフィーリングが得られるという、“ふたつの顔を持つクルマ”だった。
  • メルセデス・ベンツC200アバンギャルド(FR/7AT)【試乗記】 2014.11.4 試乗記 「ベビーSクラス」こと新型「Cクラス」は、偏差値が高いだけの優等生か? いやいや、ドライバーズカーとしての芸術点も高いと筆者は主張する。ともすると「Sクラス」すら脅かしかねない完成度を誇るエアサス付きの「C200アバンギャルド」で、初秋の箱根を目指した。
  • メルセデス・ベンツEクラス クーペ【海外試乗記】 2017.3.30 試乗記 セダン、ステーションワゴンに続き、「メルセデス・ベンツEクラス クーペ」がいよいよ最新世代へとフルモデルチェンジ。W114以来の伝統を誇る、スリーポインテッドスターのミディアムクーペの実力を、スペインはカタロニアで試した。
  • メルセデス・ベンツC220dアバンギャルド(FR/9AT)【試乗記】 2015.11.27 試乗記 「メルセデス・ベンツCクラス」のディーゼルエンジン搭載車「C220dアバンギャルド」に試乗。ディーゼル車のメリットといえば経済性や実用性……かと思いきや、それは軽快な走りも見せてくれる、趣味性の高いモデルだった。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)/XV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.4.24 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能まで、全方位的に進化した新型「スバルXV」に試乗した。機能性や実用性に優れるだけでなく、誰もが親しみやすいキャラクターも備えた新型は、スバルが主張するとおり、ちょうどいい「スポカジ」に仕上がっていた。
ホームへ戻る