三菱、「グランディス」の内外装をリフレッシュ

2005.05.25 自動車ニュース

三菱、「グランディス」の内外装をリフレッシュ

三菱自動車は、ミニバン「グランディス」の主にフロントデザインを変更するとともに、内外装を一新。グレードを大幅に見直し、2005年5月26日に発売する。

マイナーチェンジされた「グランディス」の特徴はエクステリア。フロントデザインの小変更により、よりワイドで精悍なイメージを演出したという。
インテリアでは、ブラック/グレーの2トーンカラーのインパネや、ブラックのアルカンターラ生地を採用し、よりスポーティで上質な内装としたという。

さらに、ユーティリティ面でも装備の充実が図られている。キーを取り出さずにドアロック、エンジン始動が可能なキーレスオペレーションシステムや、電動テールゲートを標準装備。駐車の際に便利な音声駐車ガイドシステムをオプション設定とした。

新グレード「スポーツギア」が追加されたこともニュース。マルチセレクト4WDシステムやASC、トラクションコントロールといった電子デバイスを標準装備するとともに、スキッドプレート調バンパーガーニッシュ付きバンパーなどを装着、SUVテイストを高めたモデルとした。

価格は220.5万円から291.9万円まで。

(webCG 山下)

三菱自動車「グランディス」:
http://www.mitsubishi-motors.co.jp/GRANDIS/

三菱、「グランディス」の内外装をリフレッシュの画像

「グランディス・スポーツギア」

「グランディス・スポーツギア」

関連キーワード:
グランディス三菱自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事 ホームへ戻る