三菱、「グランディス」の内外装をリフレッシュ

2005.05.25 自動車ニュース

三菱、「グランディス」の内外装をリフレッシュ

三菱自動車は、ミニバン「グランディス」の主にフロントデザインを変更するとともに、内外装を一新。グレードを大幅に見直し、2005年5月26日に発売する。

マイナーチェンジされた「グランディス」の特徴はエクステリア。フロントデザインの小変更により、よりワイドで精悍なイメージを演出したという。
インテリアでは、ブラック/グレーの2トーンカラーのインパネや、ブラックのアルカンターラ生地を採用し、よりスポーティで上質な内装としたという。

さらに、ユーティリティ面でも装備の充実が図られている。キーを取り出さずにドアロック、エンジン始動が可能なキーレスオペレーションシステムや、電動テールゲートを標準装備。駐車の際に便利な音声駐車ガイドシステムをオプション設定とした。

新グレード「スポーツギア」が追加されたこともニュース。マルチセレクト4WDシステムやASC、トラクションコントロールといった電子デバイスを標準装備するとともに、スキッドプレート調バンパーガーニッシュ付きバンパーなどを装着、SUVテイストを高めたモデルとした。

価格は220.5万円から291.9万円まで。

(webCG 山下)

三菱自動車「グランディス」:
http://www.mitsubishi-motors.co.jp/GRANDIS/

三菱、「グランディス」の内外装をリフレッシュの画像

「グランディス・スポーツギア」

「グランディス・スポーツギア」

関連キーワード:
グランディス三菱自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱デリカD:3 G(FF/4AT)【試乗記】 2011.12.6 試乗記 三菱デリカD:3 G(FF/4AT)
    ……203万7000円

    日産からOEM供給を受けて登場した、三菱の5ナンバーサイズミニバン「デリカD:3」。商用車ベースのミニバンに試乗し、あらためて気づいたこととは。
  • ステーションワゴン、はじめました
    これが「ホンダ・ジェイド」の進む道!?
    2018.5.23 デイリーコラム 2列シートの5人乗りタイプ追加に加えて、スポーティーグレードの商品力を強化して販売不振からの脱却を図る「ホンダ・ジェイド」。「ヒンジドアミニバン」市場の縮小という状況下で、ホンダがとった秘策とは!?
  • 三菱エクリプス クロス Gプラスパッケージ(4WD/CVT)【試乗記】 2018.5.10 試乗記 三菱の新型クロスオーバーSUV「エクリプス クロス」に試乗。クーペスタイルの見た目から“オシャレ系SUV”と判断しがちだけれど、だまされてはいけない! 「ランエボ」由来の4WDシステムや高いボディー剛性を備えた、実に真面目なクルマに仕上がっているのだ。
  • 三菱グランディス スポーツ 7人乗りFF(4AT)【試乗記】 2003.5.20 試乗記 三菱グランディス スポーツ 7人乗りFF(4AT)
    ……268.0万円

    「ekワゴン」で風向きを変え、「コルト」で体勢を立て直した三菱自動車が、「グランディス」で勝負にでる!? “世界のわがまま”を謳う3ナンバーの3列シートミニバン。プレス試乗会に参加した『webCG』記者が心配することとは……?


  • 三菱グランディス エレガンス-X(FF/4AT)【ブリーフテスト】 2003.8.12 試乗記 ……287.5万円
    総合評価……★★★★

    「世界のわがまま」をキャッチフレーズに、“スタイリッシュ”を狙った3列シートミニバン「グランディス」。三菱の経営再建計画「ターンアラウンド」の戦略モデルに、モータージャーナリストの生方聡が乗った。


ホームへ戻る