【スペック】全長×全幅×全高=4850×1920×1890mm/ホイールベース=2885mm/車重=2570kg/駆動方式=4WD/4.4リッターV8SOHC32バルブ(299ps/5500rpm、43.3kgm/4000rpm)/価格=759万円(テスト車=789万円/DVDナビゲーションシステム<7型ワイドスクリーン/4×4インフォメーションシステム含む>=30万円)

ランドローバー・ディスカバリー3(4WD/6AT)【試乗記】

老舗ブランドの底力 2005.05.24 試乗記 ランドローバー・ディスカバリー3(4WD/6AT)……789万円 「ディスカバリー」がフルモデルチェンジを受け、「ディスカバリー3」に進化した。見た目も中身も大きく生まれ変わった新型に、自動車ジャーナリストの生方聡が試乗する。

都会も似合う本格派

第三世代ということで「ディスカバリー3」と呼ばれる新型ランドローバー・ディスカバリーは、フロントマスクだけ見るとレンジローバーと見紛うほど、洗練されたスタイルを持つ。リアにスペアタイヤを背負うのを止め、ルーフレールも控えめになるなど、すっかり都会的になった。私もそうだが、見るからにオフローダーという雰囲気が苦手な向きには歓迎されそうな変身である。

デザインだけでなく中身も従来のディスカバリーとは一線を画している。たとえばボディはフレーム構造ではなく、フレームをモノコックに融合した「インテグレイテッドボディフレーム」構造を採用。サスペンションは4輪独立懸架式、ステアリングはラック・ピニオン式である。スペックだけ見るとまるで乗用車に生まれ変わったかのようだが、それもそのはず。これまでのディスカバリーは、初代レンジローバーの骨格を使っていたのだから、まさに世代が違うのだ。

エアサスペンションの効果は絶大

現在ラインアップされるモデルは、V8エンジンを搭載する「HSE」(759万円)と、V6エンジンの「SE」(648万円)および「S」(568万円)の3タイプ。今回は最上級モデルのHSEを試乗したが、実際にオンロードを運転した印象も乗用車的な感覚であった。

HSEが積む4.4リッターV8は、最高出力299ps/5500rpm、最大トルク43.3kgm/4000rpmを発生する。ジャガーの4.2リッターをベースにボアを86mmから88mmに拡大して排気量を4.4リッターにアップしたものだ。SUV用ということで、出力はジャガーのそれをやや下回るが、最大トルクの発生回転数を低めるとともに、約0.4kgm増大が図られた。

それだけに、低回転域でのトルクは実に豊かで、発進にもたつくことはないし、一般道なら2000rpm以下で十分間に合ってしまう実力の持ち主だ。それでいて高回転域の印象も悪くない。トルクがピークに達する4000rpmを超えてもなおスムーズで力強く、エンジン音も軽やか。SUVに積むにはもったいないと思うほど洗練されているのだ。

エンジン以上に感心したのが、ディスカバリー3の乗り心地のよさである。これに大きく貢献しているのがエアサスペンションだ。オンロードの快適性とオフロードの走破性を両立するためにはいまや必須ともいえるこの装備のおかげで、オンロードでは適度にソフトで、それでいて上下動をうまく抑え込んだフラットな乗り心地を実現している。それは高速道路を走る場合でも変わらず、直進安定性が高いことも手伝って、長距離移動も苦にならないだろう。そのボディ形状ゆえに風切り音が大きめなのが玉にキズではある。

簡単安心のテレインレスポンス

このように、ふだん乗るうえではネガティブなところがほとんどないディスカバリー3。ランドローバーのホームグラウンドたるオフロードでは、本格派の意地を見せつけてくれる。

ディスカバリー3には、4×4の老舗ブランドが送り出すSUVだけに、ローレンジとハイレンジを切り替える電子式トランスファーやロック可能なセンターデフ、ブレーキやアクセルペダルを操作することなく低速で坂を下りることのできるヒル・ディセント・コントロール(HDC)といった装備を、当然のように備える。オフロード走行に適するようエアサスペンションで車高を上げることも可能だ。

さらに、路面状況に応じてこれらの装備を最大限に有効活用できる「テレインレスポンス」を搭載した。ドライバーは「オンロード」「滑りやすい路面」「泥/轍」「砂地」「岩場」の5つのモードからひとつをセンターコンソールのロータリースイッチで選ぶだけで、クルマが路面に最適なセッティングを施してくれるという手軽さである。

用意されたオフロードコースでその効果を試す。とりあえず“滑りやすい路面”を選んでみると、自動的にローレンジが選択され、車高は最大に、そして、HDCが有効になった。
オフロードコースとしてはさほどハードなものではなかったが、起伏が大きな場所や上り坂でも難なくクリアしてしまう。急な下り坂もステアリングをしっかり握っているだけで、歩むようなスピードで降りていくことができた。しかも、スイッチひとつで。腕に自信がある人には物足りないかもしれないが、キャンプサイトや河原にアプローチするくらいしかオフロードに縁がない者にとっては、ディスカバリー3に畏敬の念の抱くには十分な試乗となった。

あったらいいなぁ

オンロードとオフロードの試乗を終えて、あらためて室内を見回してみると、レンジローバーほど高級ではないが、シンプルで上質なインストゥルメントパネルや、乗用車とは趣を異にするセンターコンソールのデザインに、なんだか心がくすぐられる。3名分が独立したセカンドシートと、大人2人が無理なく座れる収納式のサードシートは下手なミニバン顔負け。そして、上下2分割式のテールゲートも使い勝手がよさそうだ。

このところスポーティさをウリにしたSUVが目立つが、だからこそディスカバリー3のように機能重視の、いいかえれば目的がはっきりしたSUVが新鮮に見える。しかも、本格派ながら、すべてにおいて洗練されたタッチを持つところがニクい。エラソーな雰囲気じゃないけど、いざというとき頼りになるし、そばにあるだけで楽しそう……。決して安くはないが、行動範囲を広げるには格好の買い物といえるのではないか。SUVを選ぶならこんなクルマがいいなぁと思う。

(文=生方聡/写真=荒川正幸/2005年5月)


 
ランドローバー・ディスカバリー3(4WD/6AT)【試乗記】の画像

 
ランドローバー・ディスカバリー3(4WD/6AT)【試乗記】の画像

 
ランドローバー・ディスカバリー3(4WD/6AT)【試乗記】の画像

 
ランドローバー・ディスカバリー3(4WD/6AT)【試乗記】の画像

 
ランドローバー・ディスカバリー3(4WD/6AT)【試乗記】の画像

 
ランドローバー・ディスカバリー3(4WD/6AT)【試乗記】の画像
写真をクリックするとシートが倒れるさまが見られます。
 
写真をクリックするとシートが倒れるさまが見られます。
	 

 
ランドローバー・ディスカバリー3(4WD/6AT)【試乗記】の画像
自動車ジャーナリストの生方聡
 
自動車ジャーナリストの生方聡
	 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ディスカバリー3の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • BMWアルピナB7ビターボ リムジン ロング(FR/8AT)【試乗記】 2017.1.13 試乗記 BMWアルピナのフラッグシップモデル「B7ビターボ リムジン ロング」に試乗。608psの4.4リッターV8ツインターボエンジンを搭載するスーパーリムジンの実力を全方位で探った。
  • BMW M4 GTS(FR/7AT)【試乗記】 2017.1.10 試乗記 BMW M社が、そのモータースポーツテクノロジーを集約して開発した“公道走行も可能”なレーシングマシン「BMW M4 GTS」。巨大なリアスポイラーに、室内から鈍い光を放つロールバーなど、見た目からしてただ者ではないモンスターマシンの走りをリポートする。
  • 三菱デリカD:5 Dプレミアム(4WD/6AT)【レビュー】 2017.1.9 試乗記 今年でデビュー10周年! 三菱のロングセラーミニバン「デリカD:5」で、冬の白根山系をドライブ。「SUVとミニバンのクロスオーバー」という、ユニークなコンセプトを掲げて登場した同車の出来栄えを、雪山で試した。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)/LC500(FR/10AT)【海外試乗記】 2016.12.23 試乗記 間もなくローンチされるレクサスの新型ラグジュアリークーペ「LC」。同ブランドが初めて挑戦するラージサイズクーペは、どのようなキャラクターを持ち合わせているのか? その出来栄えをスペインで試した。
  • ポルシェ718ケイマン(MR/6MT)【試乗記】 2016.12.19 試乗記 新開発の2リッター4気筒ターボエンジンを搭載する、ポルシェのスポーツカー「718ケイマン」。ワインディングロードや高速道路を走らせてみると、これまでの6気筒モデルとは違った走りのよさが見えてきた。
ホームへ戻る