三菱、次のニューモデルは「アウトランダー」&「アイ」

2005.05.24 自動車ニュース

三菱、次のニューモデルは「アウトランダー」&「アイ」

三菱自動車は、2005年秋に発売予定の新型SUVの名前を「OUTLANDER(アウトランダー)」、翌年デビューを控える新型軽を「i(アイ)」とすることを、2005年5月23日に発表した。

「アウトランダー」は北米仕様「エアトレック」のネーミングと同じ。「遠く未知なる地へ向かう冒険者」という思いを込めて、世界統一名称として使用していくという。

新開発2.4リッターアルミブロックエンジンを、衝突安全性を高めた新開発プラットフォームに載せ、さらに「ランサーエボリューション」で培った技術を注ぎ込んだボディや足まわりを盛り込んだ内容という(なおこのプラットフォームは、今後三菱のCセグメント車に順次採用していくことになる)。

アウトランダー専用のウェブサイトは、2005年6月にオープンする予定という。

一方、新しい軽「アイ」は、「このクルマで“自分”や“個性”を表現する」という意味での“I(myself)”と、「新時代に向けた革新的なクルマである」という“innovation(革新)”の頭文字からつけられた。

2003年9月のフランクフルトショーでお披露目されたコンセプトカーの市販版は、同社初というエンジンのリアミッドシップレイアウトにより、軽自動車という枠の中で安全性、居住性を最大限に両立させたクルマと謳われる。

(webCG 有吉)

三菱自動車:
http://www.mitsubishi-motors.co.jp/

三菱、次のニューモデルは「アウトランダー」&「アイ」の画像

「 i (アイ)」

「 i (アイ)」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

アウトランダーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 三菱アウトランダー24G Navi-Package(4WD/CVT)【試乗記】 2015.7.30 試乗記 大規模な改良を受けた「三菱アウトランダー」。その2.4リッターガソリンエンジン搭載車に試乗した。フロントデザインが一新された新型は、同時に静粛性や乗り心地なども洗練され、SUVとして“円熟の境地”に達していた。
  • 三菱アウトランダーPHEVという選択 2016.12.8 特集 デビュー以来着実に改良を重ねてきた、充電可能な三菱のSUV「アウトランダーPHEV」に試乗。国内外でプラグインハイブリッドモデルに注目が集まりつつあるいま、あらためてその実力を確かめた。
  • 三菱自動車、「アウトランダーPHEV」を一部改良 2017.2.9 自動車ニュース 三菱自動車は2017年2月9日、プラグインハイブリッド車「アウトランダーPHEV」に一部改良を実施し、販売を開始した。併せて新たな最上級グレードとなる「Sエディション」を追加設定し、同日販売を開始した。
  • フォルクスワーゲン・ティグアン TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.11 試乗記 8年ぶりにフルモデルチェンジしたフォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン」に試乗。現段階では、1.4リッターのTSIエンジンに前輪駆動のみの品ぞろえ。インフォテインメントシステムの強化も見どころのひとつだ。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ(FF/6AT)/CX-5 XD Lパッケージ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.1.17 試乗記 マツダの新世代技術「SKYACTIV」を世に知らしめたミドルサイズSUV「CX-5」が、デビューから約5年を経て2代目にフルモデルチェンジ。北海道・剣淵の雪上コースにおける試乗を通し、現時点におけるマツダのシャシー制御技術の実力を確かめた。
ホームへ戻る