三菱、次のニューモデルは「アウトランダー」&「アイ」

2005.05.24 自動車ニュース

三菱、次のニューモデルは「アウトランダー」&「アイ」

三菱自動車は、2005年秋に発売予定の新型SUVの名前を「OUTLANDER(アウトランダー)」、翌年デビューを控える新型軽を「i(アイ)」とすることを、2005年5月23日に発表した。

「アウトランダー」は北米仕様「エアトレック」のネーミングと同じ。「遠く未知なる地へ向かう冒険者」という思いを込めて、世界統一名称として使用していくという。

新開発2.4リッターアルミブロックエンジンを、衝突安全性を高めた新開発プラットフォームに載せ、さらに「ランサーエボリューション」で培った技術を注ぎ込んだボディや足まわりを盛り込んだ内容という(なおこのプラットフォームは、今後三菱のCセグメント車に順次採用していくことになる)。

アウトランダー専用のウェブサイトは、2005年6月にオープンする予定という。

一方、新しい軽「アイ」は、「このクルマで“自分”や“個性”を表現する」という意味での“I(myself)”と、「新時代に向けた革新的なクルマである」という“innovation(革新)”の頭文字からつけられた。

2003年9月のフランクフルトショーでお披露目されたコンセプトカーの市販版は、同社初というエンジンのリアミッドシップレイアウトにより、軽自動車という枠の中で安全性、居住性を最大限に両立させたクルマと謳われる。

(webCG 有吉)

三菱自動車:
http://www.mitsubishi-motors.co.jp/

三菱、次のニューモデルは「アウトランダー」&「アイ」の画像

「 i (アイ)」

「 i (アイ)」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

アウトランダーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 三菱デリカD:5 Dプレミアム(4WD/6AT)【レビュー】 2017.1.9 試乗記 今年でデビュー10周年! 三菱のロングセラーミニバン「デリカD:5」で、冬の白根山系をドライブ。「SUVとミニバンのクロスオーバー」という、ユニークなコンセプトを掲げて登場した同車の出来栄えを、雪山で試した。
  • 設計一新 スズキが新型「スイフト」を発表 2016.12.27 自動車ニュース スズキが新世代プラットフォーム「ハーテクト」を採用した新型「スイフト」を発表。従来モデルから大幅な軽量化を実現したほか、直噴ターボ車やマイルドハイブリッドを設定するなど、パワーユニットの拡充も図られている。
  • シトロエンC4カクタス(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.28 試乗記 シトロエンの小型クロスオーバーモデル「C4カクタス」に試乗。1.2リッター直3自然吸気エンジンと5段ETGがもたらすのんびりとした走りには、どこか「2CV」に通じる、フランス車の原点的な味わいがあった。
  • 三菱アウトランダーPHEVという選択 2016.12.8 特集 デビュー以来着実に改良を重ねてきた、充電可能な三菱のSUV「アウトランダーPHEV」に試乗。国内外でプラグインハイブリッドモデルに注目が集まりつつあるいま、あらためてその実力を確かめた。
  • フォルクスワーゲン、新型「ティグアン」を発売 2017.1.17 自動車ニュース フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2017年1月17日、新型「ティグアン」を発表し、同日発売した。「TSIコンフォートライン」「TSIハイライン」「TSI Rライン」の全3グレード構成で、車両価格は360万円から。
ホームへ戻る