【スペック】3ドア:全長×全幅×全高=4230×1775×1450mm/ホイールベース=2625mm/車重=1370kg/駆動方式=FF/2リッター直4DOHC16 バルブターボ・インタークーラー付き(224ps/5500rpm、30.6kgm/3000rpm)/価格=378.0万円(テスト車=同じ)

ルノー・メガーヌRS(6MT)【試乗記】

走りにこだわる人すべてに 2005.05.20 試乗記 ルノー・メガーヌRS(6MT)……378.0万円日本ではスポーティイメージに乏しいが、F1での好調ぶりからも想像されるとおり、モータースポーツと縁が深いルノー。そのレース部門たる「ルノースポール(RENAULT SPORT)」のスペシャルモデルに乗り、自動車ジャーナリストの島下泰久がリニューアルした富士スピードウェイを走った!
メガーヌRSに追加された5ドアモデル。全長、ホイールベースも3ドアとかわらない「メガーヌRS」5ドア。違いは車重だが、たった10kg重いだけだ。
 
メガーヌRSに追加された5ドアモデル。全長、ホイールベースも3ドアとかわらない「メガーヌRS」5ドア。違いは車重だが、たった10kg重いだけだ。
	 
5ドアのインテリア。6MT仕様であることに変わりないが、ご覧の通り右ハンドルである。
 
5ドアのインテリア。6MT仕様であることに変わりないが、ご覧の通り右ハンドルである。
	 

レース部門のスペシャルモデル

ここ数年、順調に台数を伸ばしているルノーが2005年に投入した「メガーヌ RS」。これまでの3ドア左ハンドル仕様に加えて、いよいよ登場した5ドア右ハンドル仕様。そのお披露目も兼ねて、新装なった富士スピードウェイ本コースをメガーヌRSで走るというプレス向けイベントが行なわれた。

ここにきて、いわゆるCセグメントカーには「アウディA3スポーツバック2.0TFSI」「オペル・アストラターボ2.0 Sport」「フォルクスワーゲン・ゴルフGTI」と、ターボエンジンを搭載したモデルが多数投入されている。しかしメガーヌRSがそれらと決定的に異なるのは、それが単にターボエンジンを積んだラインナップのひとつではなく、現在絶好調のF1をも手がけるレース部門「ルノースポール」によって開発、生産されたスペシャルモデルだということだ。よってサーキットは、そのポテンシャルを知るにはまさにうってつけの舞台なのである。


 
ルノー・メガーヌRS(6MT)【試乗記】の画像
広報スタッフによると、欧州ではESPを完全オフにできるオプション「シャシースポール」を設定。スポーツ走行好きのドライバーには気が利いているし、オマケに名前もシャレている。
 
広報スタッフによると、欧州ではESPを完全オフにできるオプション「シャシースポール」を設定。スポーツ走行好きのドライバーには気が利いているし、オマケに名前もシャレている。
	 

姿勢づくりは自由自在

まず足慣らしを兼ねて、先にオープンしていたショートコースを走らせた。タイトでアップダウンが激しく、難度の高いコーナーが連続するこのコースで印象的だったのは、一般道で感じたステアリングフィールの若干の違和感やバネ下の重さといったネガが、まったく気にならないことだ。それどころか攻めるほどにクルマとの一体感が強まるかのよう。つまりルノースポールの手練たちは、こうしたフィールドにこそ狙いを定めて、ぴたりとハマるチューニングを施しているわけである。これは嬉しい驚きだった。

単にフィーリングが良いというだけでなく、走りっぷりも素晴らしかった。速いのはもちろん速いが、それ以上にコントロール性の高さが際立っている。ノーズは操作に対して実にリニアにインを向くし、仮に速度が高過ぎた時は、アクセルをちょっと戻してやればスッとノーズが引き戻され、さらに戻せば欲しいぶんだけリアが出るなど、とにかく姿勢作りは自由自在で、とても懐が深いのである。

ロール感はそれなりにあるが、ロールスピードはよく制御されており、また内輪がすっと伸びて接地感を失わないため、まったく怖くない。オフにしても50km/h以上で強制的に復帰するESPにしても、ブレーキペダルから足を離しても制動力が残ってしまうのが気になるとはいえ、それとて乗り手の意思を邪魔するほどのものではなく、逆に安全にポテンシャルを引き出す一助となってくれる。タイヤもブレーキもノーマルなのに、何周走ってもへこたれる気配はないし、本当に余計なことを考えず、走ることに没頭できるのだ。

【スペック】
5ドア:全長×全幅×全高=4230×1775×1450mm/ホイールベース=2625mm/車重=1380kg/駆動方式=FF/2リッター直4DOHC16 バルブターボ・インタークーラー付き(224ps/5500rpm、30.6kgm/3000rpm)/価格=378.0万円
 

攻め甲斐のある新富士

こうしてメガーヌRSの真の実力を垣間見たところで、いよいよ本コースへ。こちらは先導車付きではあったのだが、それでもさらに、その美点を見つけることができた。

個人的には、以前レースに参戦していた時には何度も走った富士。レイアウトを見る限り「ずいぶん変わってしまったな」と思っていたが、実際にコースを走ってみると、以前の面影は想像以上に残っている。加えてチャレンジングな要素も増えていて、結構気に入ってしまった。奥へ行くほど曲り込んだ難所の中速コーナー「100R」、ココは従来“怖い”コーナーでもあったが、新コースでは見るからに安全性を増しつつ“攻め甲斐”を失っていなかった。コース図では退屈そうに見えた、急な上り勾配となる最終セクションも、実際はとてもテクニカルで頭を使う。

富士スピードウェイ、本コースのパドックに並ぶメガーヌRS。
 

水を得た魚

乗り手の本気に応えてくれる絶品の走りっぷりを、洒落っ気抜群のエクステリアで包んだメガーヌRS。その真の実力を推し測れるサーキットでの試乗を経て、ますます感心してしまった。思ったのは、旧型「ホンダ・インテグラ タイプR」、それも4ドアに乗っていて、「次に買い替えるべきクルマがない……」と嘆いている人には、最高にオススメなんじゃないかということ。方向性こそ違えど走りの醍醐味は同様に高いし、なによりオトナが胸を張って乗ることができる姿カタチであるのは大きい。もちろん走りにこだわる人すべてに、このメガーヌRS、是非一度試してみてほしい1台である。

(文=島下泰久/写真=峰昌宏/2005年5月)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

メガーヌR.S.の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
  • シトロエンC4カクタス(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.28 試乗記 シトロエンの小型クロスオーバーモデル「C4カクタス」に試乗。1.2リッター直3自然吸気エンジンと5段ETGがもたらすのんびりとした走りには、どこか「2CV」に通じる、フランス車の原点的な味わいがあった。
  • 日産ノートe-POWER メダリスト(FF)【試乗記】 2017.1.11 試乗記 日産が、満を持して投入したシリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」。コンパクトカー「ノート」の好調を支える新しいパワープラントの実力を、最上級グレード「e-POWER メダリスト」の試乗を通して確かめた。
  • 「ルノー・トゥインゴ」に新グレード「ゼン」が登場 2017.1.6 自動車ニュース 「ルノー・トゥインゴ」に新グレード「ゼン」が登場。装備を簡素化して価格を抑えたエントリーグレードで、パワープラントには0.9リッターターボ+6段EDCに加え、1リッター自然吸気+5段MTの組み合わせも用意される。
  • スズキ、「スペーシア カスタムZ」を発売 2016.12.26 自動車ニュース スズキは2016年12月26日、軽乗用車「スペーシア」シリーズに新モデル「カスタムZ」を追加し、販売を開始した。併せて既存のスペーシアシリーズにも一部仕様変更を実施し、同日販売を開始した。
ホームへ戻る