トヨタ、アメリカでハイブリッド車を生産

2005.05.19 自動車ニュース

トヨタ、アメリカでハイブリッド車を生産

トヨタ自動車は、北米で初となるハイブリッドカーの生産を、2006年後半から始めると、2005年5月18日に発表した。

ハイブリッド技術で世界をリードするトヨタは、北米市場におけるハイブリッドカーの需要の高まりを受けて現地生産を始める。生産工場は、「TMMK」ことToyota Motor Manufacturing, Kentucky Inc.。現在同工場で生産されている主力モデル「カムリ」のハイブリッドバージョンを、月4000台程度生産する予定という。

トヨタは、日本で1997年に発売した世界初の量産ハイブリッド「プリウス」を、2000年から北米でも販売。2005年3月末まで、彼の地での累計販売台数は約14万7000台を数えるという。

さらに、レクサス・ブランドから「RX400h」(ハリアーハイブリッド)を2005年4月にリリース。6月には「ハイランダーハイブリッド」(クルーガーハイブリッド)を投入予定。そして2006年には「レクサスGS450h」と、世界最大の自動車市場に続々とハイブリッドカーを送り出すという。

(webCG 有吉)

トヨタ自動車:
http://www.toyota.co.jp/

トヨタ、アメリカでハイブリッド車を生産の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。