先代比50psアップ、「VWゴルフ」のスポーツモデル「GTI」発売

2005.05.17 自動車ニュース

先代比50psアップ、「VWゴルフ」のスポーツモデル「GTI」発売

フォルクスワーゲン・グループ・ジャパンは、「フォルクスワーゲン・ゴルフ」のスポーツモデルとして「ゴルフGTI」を追加設定、2005年6月4日に発売する。価格は、6段マニュアル仕様が325.5万円、2ペダルMT「DSG」搭載モデルは336.0万円。

■カオでヤル気と棲み分けを

「ゴルフV」上陸から1年を経て最新の「GTI」が登場した。近年スポーツモデルと言いながらパッとしなかったゴルフGTIだったが、“スポーツ回帰”という意味か、復活をアピールしたいからか、新型のプレスリリースには「GTI is back.」のキャッチコピーが踊る。

GTI史上初という専用フロントマスクは、そのヤル気のあらわれのひとつ。鉢の巣状の専用グリルを囲う赤いフレーム、グリルとバンパーのエアインテイクを一体化させたかのような意匠が、アグレッシブな面構えを形成する。
さらに車内には、赤白ラインのチェックがあしらわれたファブリックシート、アルミのGTIロゴプレート付きのレザーステアリングホイール、専用メータークラスターなどが配され、スペシャル感を煽る。

しかし一方で、メカニズムは基本的に先行発売された最上級「GTX」(367.5万円)と同じ。GTXはスポーティかつプレミアム、GTIはスポーツというキャラ分けがなされるため、上記フロントデザインなどはその棲み分けをする上でキーとなるわけだ。

2リッター直噴エンジンにターボチャージャーを装着した「T-FSI」ユニットは、先代1.8リッター直4ターボ比で50psもパワーアップし、200ps/5100-6000rpm。28.6kgmの最大トルクは1800から5000rpmの間で発生するという。

トランスミッションは6段MT、あるいはVW自慢の2ペダル6段MT「DSG(Direct Shift Gearbox)」。リッター13km(6MT仕様、DSGは12.6km)の燃費もセリングポイントとされる。

サスペンションは、前マクファーソンストラット、後4リンクをベースに、25mmローダウンされ、専用チューニングが施されたもの。スプリング、ダンパーをハードにし、リアスタビライザーは20%剛性アップが図られた。

17インチの専用アルミホイールを履き、最高速度235km/h(6MT)というパフォーマンスにあわせ、16インチのブレーキシステムを搭載した。

なおDSGのパドルシフト版は、2005年秋以降に導入予定という。

(webCG 有吉)

フォルクスワーゲン・グループ・ジャパン:
http://www.volkswagen.co.jp/

先代比50psアップ、「VWゴルフ」のスポーツモデル「GTI」発売の画像



先代比50psアップ、「VWゴルフ」のスポーツモデル「GTI」発売の画像



先代比50psアップ、「VWゴルフ」のスポーツモデル「GTI」発売の画像

2リッター直噴ターボ「T-FSI」エンジン

2リッター直噴ターボ「T-FSI」エンジン

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ゴルフの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(FF/6MT)【試乗記】 2016.1.19 試乗記 220psのエンジンを搭載する「フォルクスワーゲン・ゴルフ」のスポーツグレード「GTI」に、3ペダルの6段MT仕様が登場。そこに優秀なデュアルクラッチ式AT仕様を避けてまで選ぶほどの“操る喜び”はあるか。箱根のワインディングロードで確かめた。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTIクラブスポーツ ストリートエディション(FF/6AT)【試乗記】 2016.9.8 試乗記 「GTI」シリーズの誕生40周年を祝う限定モデル「フォルクスワーゲン・ゴルフGTIクラブスポーツ」に、第2弾となる「ストリートエディション」が登場。エンジンやドライブトレインなど、各所に施された独自のチューニングが織り成す走りを試した。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフR(4WD/6MT)【試乗記】 2015.10.1 試乗記 280psの高出力エンジンに4WDの駆動方式を組み合わせた「フォルクスワーゲン・ゴルフR」に、6段マニュアルトランスミッション仕様が登場。VWが誇る全天候型ハイパフォーマンスモデルにあえての“人力変速”で乗ることでリポーターが実感したこととは?
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートルRライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.2.14 試乗記 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」のラインナップに、優れた走行性能と環境性能の両立を掲げる1.4リッターモデル「ザ・ビートルRライン」が登場。その走りの印象や乗り心地、燃費の計測結果を報告する。
  • アバルト124スパイダー(FR/6AT)【レビュー】 2017.2.13 試乗記 コアなファンから熱狂的な支持を得ている「アバルト124スパイダー」。でも輸入元は、MTモデルばかりが注目されることに少々悩んでいるらしい。今回は、不遇をかこつ(?)ATモデルに試乗。スポーツカーとしての出来栄えを確かめた。
ホームへ戻る