“アーバンヨンク”の先駆け「スズキ・エスクード」一新

2005.05.16 自動車ニュース

“アーバンヨンク”の先駆け「スズキ・エスクード」一新

スズキは、街乗りヨンクとして1988年にデビューさせた「エスクード」の3世代目を、2005年5月16日に発表した。2リッターモデルは同日、2.7リッター車は6月13日より販売を始める。

■ラダーからモノコックへ

1970年にデビューした軽初の本格派クロカン4WD「ジムニー」を擁するスズキが、街乗りに軸足を置いたヨンク「エスクード」をリリースしたのは1988年5月のこと。その後「トヨタRAV4」(1994年発売)や「ホンダCR-V」(同1995年)と続くアーバンヨンクの先駆けは、1997年に発売された2代目から、今回3代目へと進化した。

街乗りとはいいつつ、「ラダーフレーム」「パートタイム4WDシステム」と、ジムニーよろしく、正統派クロカンの香りを残していたエスクード。新型では、「ビルトインラダーフレーム構造」と呼ばれるモノコックシャシーやフルタイム4WD、四輪独立懸架サスペンションなど新機軸を盛り込み、一歩コンベンショナルな方向へとシフトした。「エスクードのオリジナリティと本格オフロード性能を継承」(プレスリリース)とはいいつつ、ややキャラは薄まった感がある。世の流れに逆らえず、か……。

エンジンラインナップは2リッター直4、2.7リッターV6と変わらず。2リッターに5段MTと4段AT、2.7リッターには5段ATを組み合わせる。

価格は、2リッターモデルが194万2500円から220万5000円まで、2.7リッターは252万円。年間目標販売台数は1万5000台という。

■パートタイムからフルタイムへ

スズキが「ビルトインラダーフレーム構造」と呼ぶボディは、本格クロカンに用いられるラダーフレームをベースとしたモノコックシャシーで、軽量なモノコック構造(街乗り向け)と、頑丈なラダーフレーム構造(オフロード向け)、両方の長所を取り入れたというのがポイントとか。ボディのねじり剛性は約2倍に向上したと謳われる。

今回から四輪独立懸架となったサスペンション、前はマクファーソンストラットと形式は変わらないが新設計。後ろはリジッドから新開発マルチリンクとし、こちらでもオン・オフ両立を図った。
前50:後50の重量配分もスズキが主張するセリングポイントのひとつである。

4WDシステムは、本格ヨンク向きである、通常はFR(後輪駆動)で走り必要に応じてトランスファー機構で「4HIGH」または「4LOW」に切り替える「パートタイム4WD」から、もっとオンロードに振ったLSD付きセンターデフ式のフルタイム4WDにチェンジした。
その一方で、従来からの副変速機とセンターデフのロック機構は踏襲。悪路走行や通常走行など、状況に応じて選べる4つのモード(「4H=通常走行」「4Hロック=直結4WD高速走行、タイヤがスリップしやすい場合など」「4Lロック=直結4WD低速走行、大きな駆動力が必要な場合など」「N=ニュートラル、牽引時」)は、ダイヤルでセレクトできるようになった。

パワーユニットは、基本的に従来の進化版。2リッター直4「J20A型」は145ps/6000rpm、19.7kgm/4000rpmと、従来比で5ps増。2.7リッターV6「H27A型」は184ps/6000rpm、25.5kgm/4500rpmで、最大トルクの発生回転が1200rpmアップした。
新採用した電子制御スロットルが、燃費とクリーン性能向上に貢献するという。

(webCG 有吉)

スズキ「エスクード」:
http://www.suzuki.co.jp/dom4/lineup/escudo/

“アーバンヨンク”の先駆け「スズキ・エスクード」一新の画像

スズキの津田紘社長。発表会の席上、エスクードは初代、2代目あわせて190万台が販売されたこと、3代目の新型は「スイフト」に次ぐ世界戦略車であることなどを語った。

スズキの津田紘社長。発表会の席上、エスクードは初代、2代目あわせて190万台が販売されたこと、3代目の新型は「スイフト」に次ぐ世界戦略車であることなどを語った。

「ビルトインラダーフレーム構造」。ボディ下がラダー構造となるという。

「ビルトインラダーフレーム構造」。ボディ下がラダー構造となるという。

4WDもパートタイムからフルタイムへ。LSD付きセンターデフにより、タイトなコーナーを曲がる際の「ブレーキング現象」(前後輪の回転半径が違うために曲がりにくくなる現象)を解消できる。

4WDもパートタイムからフルタイムへ。LSD付きセンターデフにより、タイトなコーナーを曲がる際の「ブレーキング現象」(前後輪の回転半径が違うために曲がりにくくなる現象)を解消できる。

インテリアは黒基調。大径3連メーターは自発光式となる。

インテリアは黒基調。大径3連メーターは自発光式となる。

5人乗車時でもスーツケースを3個立てて収納できるというラゲッジスペースは、通常時で398リッター。写真は後席を畳んだ様子。

5人乗車時でもスーツケースを3個立てて収納できるというラゲッジスペースは、通常時で398リッター。写真は後席を畳んだ様子。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

エスクードの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スズキ・エスクード(4WD/6AT)【試乗記】 2015.12.15 試乗記 受け継いだのはエクステリアデザインと車名だけ? 本格クロカンだった従来モデルからすべてが一新された4代目「スズキ・エスクード」に試乗。ヨーロッパで鍛えられた自慢のオンロード性能に触れて、レポーターが感じたこととは?
  • シトロエンC4カクタス(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.28 試乗記 シトロエンの小型クロスオーバーモデル「C4カクタス」に試乗。1.2リッター直3自然吸気エンジンと5段ETGがもたらすのんびりとした走りには、どこか「2CV」に通じる、フランス車の原点的な味わいがあった。
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【試乗記】 2017.1.4 試乗記 「スバルBRZ」のラインナップに新たに設定された走りのグレード「GT」に試乗した。ZF製のザックスダンパーやブレンボのブレーキがおごられて操縦安定性に磨きがかかっただけでなく、フラッグシップグレードにふさわしい洗練をも手にしていた。
  • 「プジョー2008 GTライン」を知る 試す 2016.12.22 特集 成長を続けるコンパクトSUV市場において、高い評価を得ている「プジョー2008」。フランスのメーカーが造るとクロスオーバーはどんなクルマになるか? デザインや走り、ユーティリティーなど、さまざまな切り口からその魅力を紹介する。
ホームへ戻る