第211回:「BMW 3シリーズ」&「VWゴルフGTI」試乗で思う…“いいクルマ”ってなんだろう?

2005.05.16 エッセイ

第211回:「BMW 3シリーズ」&「VWゴルフGTI」試乗で思う…“いいクルマ”ってなんだろう?

「E90型」となった新型「320i」
第211回:「BMW 3シリーズ」&「VWゴルフGTI」試乗で思う…“いいクルマ”ってなんだろう?
初代3シリーズと。
第211回:「BMW 3シリーズ」&「VWゴルフGTI」試乗で思う…“いいクルマ”ってなんだろう?
愛想や色気に乏しいが、インテリアの質感は確実に高められた。
第211回:「BMW 3シリーズ」&「VWゴルフGTI」試乗で思う…“いいクルマ”ってなんだろう?

■すごくイイけど……素朴な疑問

行ってきましたBMWのニュー「3シリーズ」&「フォルクスワーゲン・ゴルフGTI」試乗会。って実は、「シトロエンC4」と同じ日だったんですけど。
つくづくいいクルマだと思ったなぁ。特に3シリーズ。普通のクルマ好きなら、たいていはコレで大満足なんじゃないでしょうか。ちょっと刺激的だけど「5シリーズ」より無難なスタイリング、高くなったインテリアの質感と清潔感、広くなったリアシート、そしてますます良くなったスポーツカー顔負けの走り。
全体的に3シリーズならではの味が研ぎ澄まされてて、それでいて320iに限れば値段は安くなってる。今さらBMWに過度でうざいミーハーイメージを感じる人は少ないだろうし、まさにボディがデカくなった以外はほぼ文句なし。きっと売れちゃうんでしょう。

でもね。矛盾するようだけども、ふと、「みんなコレになんの疑問も抱かず400万円払うのかなぁ」「これならトヨタ・マークXで十分、って思う人いないのかぁ」などと素朴な疑問も湧いてきてしまいました。というのもゴージャスさとか、クイックさとか、そういうわかりやすいハデさって、相変わらず皆無なんだもん。なんつーか、一本2万円以上するブランドワイン飲んでて、ふと「美味いんだけどコレ、一杯5000円かぁ」と考え込んでしまった瞬間に似てます。


第211回:「BMW 3シリーズ」&「VWゴルフGTI」試乗で思う…“いいクルマ”ってなんだろう?
フロントマスクが特徴的な「ゴルフGTI」
第211回:「BMW 3シリーズ」&「VWゴルフGTI」試乗で思う…“いいクルマ”ってなんだろう?

■けっこうフツー

ってなわけで冷静に見てみましょう。スタイリングは、今回こそエッジの効いた肉感的な“クリス・バングル路線”になったけど、基本は無難で端正なスポーティセダンフォルム。「超カッコいい〜!」ってほどでもない。キドニーグリルにしても特別凝った造形ではなく、ジミっちゃジミです。インテリアもクオリティは高いが決して豪華ではない。特にドア内張りなんて、その辺のテーブルクロスとどう違う? って言われても「燃えにくいんじゃない」ぐらいしか俺には言葉がありませんな。

走りだって普通にゆっくり走ったら、そう刺激的でもない。ステアリングは重過ぎるくらいに重く、クイックでは全然ありません。逆に過剰にシッカリしてるとも言えるけど。
エンジンにしても音は刺激的だけど、破格によく回るとか、パワフルなわけでもない。これならホンダのスポーツユニットのほうがよっぽどわかりやすいでしょう。

2ペダルマニュアルトランスミッション「DSG」と、MTモデルをラインナップする。ちなみに、いずれもギアは6段。DSG仕様に搭載可能な「ステアリングパドル」はまだなく、秋頃導入されるという。
第211回:「BMW 3シリーズ」&「VWゴルフGTI」試乗で思う…“いいクルマ”ってなんだろう?
初代GTIを彷彿とさせる、チェック柄のシート生地が使われる。オプションでレザーシートも用意。
第211回:「BMW 3シリーズ」&「VWゴルフGTI」試乗で思う…“いいクルマ”ってなんだろう?

第211回:「BMW 3シリーズ」&「VWゴルフGTI」試乗で思う…“いいクルマ”ってなんだろう?

■いいクルマ、ブランド、わかりやすさ……

上記のように、冷静に分析すればするほど「真剣に走るとキモチいいんです!」ぐらいしか言えないのだ、3シリーズ。っていうか実はコレ、TBSラジオで3シリーズについて語ったときのセリフなんだけどね。つまり、まさにキャッチフレーズ通りの「駆けぬける歓び」。BMWの良さとは、飛ばしたときの良さに尽きるのよ。ロールスロイスのような様式とか豪華さとか、ポルシェのような個性とか、ベンツのようなわかりやすいブランドイメージはない。突き詰めれば突き詰めるほどマニアックであり、真のブランドといえましょう。

逆に「フォルクスワーゲン・ゴルフGTI」は、フツーのクルマのスペシャルモデルということもあって、結構わかりやすい。フロントグリルはガバっと大きな口を開けた獣のようだし、シートは見た目にもホールドの良さそうなバケットタイプ。エンジンはBMWのバルブトロニック4気筒より確実に軽く吹け、ターボチャージャーも手伝ってわかりやすくパワフル。ステアリングフィールは確実に3シリーズの方がリニアだけど、GTIのノーズの軽さもなかなかのもの。つまり、スポーティで実用性のあるクルマという商品の訴求力は、「ゴルフGTIのほうが強そう」ってことです。

でもね、3シリーズは売れるでしょう。今回も年間通してたぶん1万台は突破するだろうし、ヘタすると記録的なセールスになるかもしれない。
だからつくづくクルマとか食べ物って“信頼”と“味”なんだよね。いつも変わらず、安心できるうまい味に関しては、多少高かろうがお金を出す。「継続は力なり」とはよく言われることだけど、まさしくそれがブランドであり、とらやの羊羹とか、ルイ・ヴィトンの製品が売れ続ける理由とまったく同じ。
それと併せて、日本人もクルマの走り味に対するクチが肥えてきたのかなぁなんて。多少わかりにくくても、本当に美味しいものとはなにかがわかってきたというか。自分のような若輩者がいうのもなんですけど……。
そこんところは、いつか読者の方々と話し合ってみたいものです。
ってなわけでどっちもいいクルマなんで、よろしくお願いいたします。

(文と写真=小沢コージ/2005年5月)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』