2005ワークスチューニンググループ合同試乗会(ニスモ篇)【試乗記】

2005ワークスチューニンググループ合同試乗会(ニスモ篇) 2005.05.14 試乗記 ニスモ R34GT-R Z-tune(6MT)/ムラーノS-tune(CVT)自動車メーカー直系のチューニングメーカー5社による「ワークスチューニングカー合同試乗会」に、『webCG』コンドーと本諏訪が参加した。今回は、日産車のチューニングを手がける「ニスモ」のクルマ2台を試乗。

“コンプリート”コンプリートカー……ニスモ R34GT-R Z-tune(6MT)

本諏訪(以下「も」):ベースは旧型のスカイラインですが、良質な中古車を選び、ハンドメイドで仕立てられたのがこのGT-Rです。
コンドー(以下「コ」):「Z-tune」っちゅうことは、ニスモで一番ハードなヤツやな。
も:“超”が付くほど見た目はハデじゃないですね。
コ:そやな。山道走ってても、たぶんモノスゴイGT-Rやと気づかれへんかったんと違う?
も:近づくと、ボンネットのダクトとか、フロント部のブリスターフェンダーがすごいですけど。
コ:インテリアは黒と赤で統一。ロッソ・エ・ネロっちゅうヤツや。アルカンターラとレザーの2トーンシートも気に入った。
も:レザーに滑りづらいものを使うなんてのは、気が利いてます。
コ:お、このマルチファンクションディスプレイはノーマルより多機能やんか。Gのかかり方を表示したり、PCへのデータ取り込みもできるらしい。
も:ごめんなさい。運転中には、そんなところ見る余裕がなかったです……。

も:エンジンはRB26DETTをボア&ストロークアップして2.8リッターへ。ターボチャージャーも大型化されています。最高出力は500ps以上。
コ:バラバラ、バラバラ、思い切りチューニングカーらしいエンジン音やな。アッチコッチがガチャガチャいってる。足元からも。ほんま賑やかや。
も:直線はちょっと踏むと、一気にパワーが盛り上がります。さらに4000rpmを越えたぐらいから、モーレツにパワーが立ち上がります。
コ:ゼロヨン加速が10.06秒(公表値)というのは、フェラーリF50より速いらしい。やってみた?
も:一般道では不用意に踏むと危険です。
コ:そんなパワーやし、ブレーキはさすがにでかいなぁ。フロントには対向6ポッドキャリパーか。
も:ブレンボといえばゴールドやレッドのキャリパーがメジャーですが、シルバーっていうところがカッコイイですね。
コ:かっちりしていて、ものすごい効くなぁ。
も:さらに、ものすごい鳴きます。交差点で停まるときは注目の的でした。

コ:外から見てても、サスペンションはかなりハードそうやね。走るとどう?
も:普通の山道ではコーナーをちょっとがんばるぐらいでも、無ロール。さらに4WDということもあって、安心感があります。
コ:これだけパワーがあると、上りも関係なさそうやな。
も:まあ使い切れないですよね。サーキットとか行かないとパワーをもてあましちゃいます。なによりスピード出過ぎちゃうので、怖くて踏めません。
コ:普段も使えそう?
も:町なかではさすがに厳しいです。舗装路でもちょっとした継ぎ目を越えるだけで、「ガシッ」と強烈な揺れです。乗り心地はズバリ悪いです(笑)。
コ:そりゃそうか。レースカーに近いわけやし。
も:さらに、クラッチペダルはすごい重い。久しぶりにこんなに重いクルマに乗りました。
コ:とはいえ、重くても繋ぎづらいとかは全くなかったな。駐車場でちょこちょこ動かすのも苦にならへん。

も:価格はコンプリートで1774.5万円。車両持ち込みのキットで1312.5万円となってます。
コ:高いは高いけど、ライバルをポルシェ911やフェラーリF50とするならば……。
も:価格を裏切らない性能ですよ。このチューニングのバランスは、まさに“コンプリート”!

追加されたスポーティグレードか……ニスモ・ムラーノS-tune(CVT)

も:お次はムラーノです。こちらはストリート走行をターゲットにした「S-tune」です。
コ:ノーマルとどこが違うの?
も:エアロキットに専用ホイール、ステンレスマフラーとサスペンション交換がメインです。
コ:車高が30mm下がってんのか。これだけでかなりスポーティに見える。
も:リアビューも、ステンレスマフラーが決まってます。

コ:乗ってどうやった?
も:正直言って、あまりノーマルと変わらない感じでした。乗り心地はちょっと硬くなったかなという感じがしましたけど、舵の利き方はほとんどかわらないような……。
コ:ステアリングもスローやしね。
も:個人的にはブレーキが強化されているとよかったのですが。大型SUVの弱点ですし。
コ:マフラーが交換されてるけど、排気音は別にうるさないな。
も:ムラーノはもともとワイルドなイメージじゃないですからね。
コ:チューニングの方向性もハードな感じやないんやな。
も:インテリアも全く手が加えられていないので、助手席に乗った人もチューニングしたことはわからないかもしれません。
コ:まあそういう意味でもチューニングというより、スポーティグレードという扱いがわかりやすいのかもしれへんね。
も:そうですね。ラインナップには、エンジンと駆動方式の違いしかないですから。「ちょっとスポーティに」という人にいいでしょう。

(文=webCG近藤俊&本諏訪裕幸/写真=荒川正幸/2005年5月)

・2005ワークスチューニンググループ合同試乗会(無限篇)【短評】
http://www.webcg.net/WEBCG/impressions/000016668.html
・2005ワークスチューニンググループ合同試乗会(TRD篇)【短評】
http://www.webcg.net/WEBCG/impressions/000016730.html

エンジンは「Z-tune concept ENGINE Spec.2」と呼ばれる。2.8リッターに拡大されたエンジンは最高出力500ps/6800rpm、最大トルク55.0kgm/5200rpmを越えるという。

エンジンは「Z-tune concept ENGINE Spec.2」と呼ばれる。2.8リッターに拡大されたエンジンは最高出力500ps/6800rpm、最大トルク55.0kgm/5200rpmを越えるという。
赤と黒で統一されたインテリア。3点式シートベルトや、リアシートは残される。

赤と黒で統一されたインテリア。3点式シートベルトや、リアシートは残される。


2005ワークスチューニンググループ合同試乗会(ニスモ篇)【試乗記】の画像


2005ワークスチューニンググループ合同試乗会(ニスモ篇)【試乗記】の画像


2005ワークスチューニンググループ合同試乗会(ニスモ篇)【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。