【スペック】全長×全幅×全高=4525×1815×1440mm/ホイールベース=2760mm/車重=1570kg/駆動方式=FR/3リッター直6DOHC24バルブ(258ps/6600rpm、30.6kgm/2500-4000rpm)/価格=625.0万円(テスト車=776万2750円)

BMW330i(6AT)【試乗記】

エンジンだけじゃ選べない 2005.05.13 試乗記 BMW330i(6AT)……776万2750円7年ぶりにフルモデルチェンジされた、BMWの主力モデル「3シリーズ・セダン」。3リッターモデルの「330i」に、自動車ジャーナリストの生方聡が試乗した。

病みつきになるエンジン

いきなり本題にはいるが、この6気筒エンジン、病みつきになるほど気持ちがいい。BMW330iに搭載されるのは、その名のとおり、3リッター、正確には2996ccの排気量を有するストレート6。BMW伝統の心臓部は、新3シリーズへの搭載にあたって、マグネシウム−アルミニウム合金を採用したクランクケースをはじめ、カムシャフト、エグゾーストマニフォルド、シリンダーヘッドカバーといったパーツの軽量化を図るとともに、バルブトロニックやダブルVANOS、3ステージ式共鳴過給吸気システム(DISA)などを採用。最高出力258ps/6600rpm、最大トルク30.6kgm/2500−4000rpmを発生する新世代エンジンに生まれ変わったのである。

その存在を忘れられては困るとばかりにアイドリングからキャビンに侵入してくるエグゾーストノートは、BMW330iがヤル気満々のスポーツサルーンであることを主張しているかのようだ。

さっそくシフトレバーをDレンジに導き、スロットルペダルに載せた右足をわずかに踏み込むと、1550kgのボディは軽くスーっと前に押し出された。大排気量のエンジンらしく、2000rpm前後の低回転ですら力強い印象で、涼しい顔で街乗りするには格好の性格だが、もちろん、このエンジンの見せ場はもっと上の領域にある。

右足にさらに力をこめると、2500rpmを超えたあたりから勢いづいたエンジンはみるみる逞しさを増し、ピークトルクを発生する4000rpmを超えてもなお体感上は衰えを見せず、4500rpmを過ぎて“咆哮”と呼ぶにふさわしい勇ましいサウンドを響かせながら、レブリミットの7200rpmまで一気に吹け上がる。それでいて荒々しさが微塵もないのがBMWのストレート6なのだ。

この官能的なエンジンフィーリングを体験してしまうと、もうスロットルペダルを踏まずにはいられない!

すんなり受け入れられたエクステリア

そんな“武器”をノーズ下に収めているとは思えないほど端正なエクステリアが、個人的には好印象。ことデザインに関しては好き嫌いの問題なので、押しつけがましいことはいえないが、現行の7シリーズに始まった新しいBMWのスタイルに、私はどうしても馴染めなかった。

しかし、新しい3シリーズのエクステリアはBMWらしい表情を保ちながらも、“えぐさ”を抜いた比較的コンサバなスタイルになった。“目立たない”という意見もあるが、ふだんの生活のなかで乗るには、このくらいがちょうどいいのかもしれない。

ただ、1815mmという全幅は素直に受け入れられなかった。確かに後輪駆動、縦置きエンジンというレイアウトを活かして、最小回転半径は5.3mに抑えてはいるが、狭い道を通る際や、狭い駐車スペースにクルマを停めておく場合など、「ちょっといやだなぁ……」と感じる場面は確実に増えると思う。

テスト車のオプション:
Hi-Lineパッケージ=27万8250円/アクティブ・ステアリング=18万9000円/スポーツ・ステアリングホイール=1万2600円/コンフォート・アクセス=8万4000円/クライメート・コンフォート・ウィンド・スクリーン2万3100円/電動ガラス・サンルーフ=13万3500円/リア・サイド・ウィンド・ブラインド(手動)=2万5200円/ラゲージ・コンパートメント・パッケージ=4万950円/自動防眩ドアミラー=4万4100円/スポーツシート=8万4000円/電動ランバーサポート=4万2000円/ストレージ・パッケージ=2万3850万/ヘッドライトウォッシャー=3万6750円/PDC=9万8700円/アタブティブ・ヘッドライト=5万7750円/アクティブ・クルーズ・コントロール=25万2000円/Hi-Fiシステム Logic7=8万4000円

しっくりしない足まわり

そしてもうひとつ気になったのが、330iの足まわりだ。試乗車はオプションのスポーツサスペンションや、18インチタイヤなどが装着されないノーマルの状態。しなやかな動きのサスペンションには好感が持てるのだが、225/45R17サイズのランフラットタイヤが、路面の荒れをキャビンに伝えるとともに、試乗コースの西湘バイパスではハーシュネスの遮断も不十分だった。

そのまま箱根ターンパイクに進むと、今度はエンジンパワーとタイヤのグリップに対して、足まわりが負けている印象で、コーナーではロールスピードやロールの大きさが目立ってしまう。素直なハンドリングは認められるものの、期待していたほどシャキッとした感じはない。

残念ながらオプションのスポーツサスペンションを試すことはできなかったが、少なくともこのノーマルサスペンションはしっくりしなかった。





いまは熟成待ちか

その点、直列4気筒を搭載する320iはバランスがいい。ありあまるトルクこそないものの、エンジンは十分なパワーを発揮するし、205/55R16タイヤを装着した足まわりは快適さを手に入れている。

330iに搭載されるエンジンの魅力には後ろ髪を引かれるけれど、ノーマルの足まわりのまま乗るのであれば、私ならもう少し熟成を待ちたいところだ。エンジンの魅力よりも、新しい3シリーズの魅力を満喫したいのであれば、320iという選択の方がいいと思う。

(文=生方聡/写真=峰昌宏/2005年5月)

関連記事
  • BMW 540i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.4.4 試乗記 長年の歴史を誇るBMWの基幹モデル「5シリーズ」がフルモデルチェンジ。新開発のプラットフォームが用いられた7代目の実力はどれほどのものか、上級グレード「540i」の試乗を通し、ライバル車との比較を交えながら確かめた。
  • 特別な仕立ての「BMW 318i」200台限定で発売 2017.5.11 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月11日、洗練されたスタイリングとモダン&クラッシックなインテリアでスタイリッシュ感を高めたという特別仕様車「BMW 318iクラシック」を、200台限定で発売した。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――BMW 540i Mスポーツ(後編) 2017.3.30 mobileCG レーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 前回に引き続き、今回も「BMW 540i」に試乗する。新しい直列6気筒エンジンを搭載する「5シリーズ」の真打ちは、どんなドライバーにお薦めか。谷口視点で分析する!
  • BMW 523dラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.2 試乗記 全方位的進化を遂げた新型「BMW 5シリーズ」。部分自動運転を可能とし、燃費も大幅に改善するなど話題に事欠かないが、実際に運転してひしひしと伝わってきたのは車体の“軽さ”だった。「523dラグジュアリー」に試乗した。
  • BMW 523i(FR/8AT)【試乗記】 2012.3.19 試乗記 BMW 523i(FR/8AT)
    ……708万7000円

    仕様変更により、エンジンが2.5リッター直6から2リッター直4ターボに載せ換えられた「523i」。セダンモデルでその走りと燃費性能を試した。
  • BMW、「M3」と「M4」をマイナーチェンジ 2017.5.9 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月9日、「M3」と「M4」のマイナーチェンジモデルを発表し、同日発売した。また今回の一部改良に合わせて、走行性能を高めた仕様「M3コンペティション」と「M4コンペティション」を追加設定した。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICスポーツ(本革仕様)(4WD/9AT)【試乗記】 2017.5.9 試乗記 「Cクラス」ベースのSUV「GLC」に2.2リッターのディーゼルターボ仕様が登場。“気は優しくて力持ち”という試乗前の筆者の予想は、東京~軽井沢の往復約400kmでどう変化したのか? スポーツサスペンションを装着した四駆モデルの走りをリポート。
ホームへ戻る