ポルシェAG、HPで新型「911カレラ4&カレラ4S」を発表

2005.05.13 自動車ニュース

ポルシェAG、HPで新型「911カレラ4&カレラ4S」を発表

独ポルシェAGはドイツ向けのホームページhttp://www3.porsche.de/で、997型「911」の4WDバージョン「911カレラ4」と同「カレラ4S」を発表した。


「911カレラ4」。リアフェンダーがRRモデルより44mm拡大され、リアタイヤはカレラ4が295/35ZR18 、カレラ4Sは305/30ZR19とかなり太い。

新型カレラ4シリーズは、3.6リッター(325ps)エンジンを積む「カレラ4」と、3.8リッター(355ps)を搭載する「カレラ4S」の2種類。0-100km/h加速は、カレラ4が5.1秒、カレラ4Sは4.8秒、最高速度はそれぞれ280km/hと288km/hに達するという。4WDシステムは、センターデフにビスカスカプリングを使用したもの。




ニューカレラ4シリーズの新機軸として、車両安定性を高める「PSM」(ポルシェスタビリティマネージメント)に、2つの機能が加わった。ひとつは、フルブレーキング時に制動距離を短くするための仕組み。もうひとつは、ブレーキペダルを踏み込む時間が短い場合、踏力が十分でなくてもABSが作動する領域まで制動力を拡大するというもの。いわゆる緊急ブレーキアシストである。


「カレラ4S」

997から採用されたアクティブダンパー「PASM」はオプションで設定。装着した場合、20mmローダウンのスポーツサスペンションとなるほか、リアに機械式デフロック機構が備わる。

詳しくは、ホームページhttp://www3.porsche.de/を参照のこと。

(webCGオオサワ)

ポルシェ(日本):
http://www.porsche.co.jp/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

911の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る