「ST」と同時発売、「フォード・フィエスタ」“初”特別仕様車は50台限定

2005.05.13 自動車ニュース

「ST」と同時発売、「フォード・フィエスタ」“初”特別仕様車は50台限定

フォード・ジャパン・リミテッドは、コンパクトハッチ「フィエスタ」に、同車としては初の特別仕様車となる「sportizm(スポーティズム)」を追加設定、2005年5月12日に発売した。販売台数は50台限定。


通常はブラックのセンターパネルが色付きに。

スポーツモデル「フィエスタST」(詳報はこちら)と同じ日にリリースされた特別仕様車「フィエスタsportizm」は、上級「1600GHIA」(1.6リッター)を、専用のボディキット、ルーフスポイラー、専用エンブレムで飾った内容となる。

加えて車内には、カラードセンターパネル(通常はブラック)、ボディカラー「コロラドレッド」と同じ色に塗られたルームミラーカバー、ロゴ入りフロアマットが配された。

価格は、ベース車の12万750円高、207万9000円。

(文=webCG 有吉/写真=峰昌宏)


ルーフスポイラーがスポーティ感を演出する。

フォード・ジャパン・リミテッド「フィエスタ」:
http://www.ford.co.jp/fiesta/

関連キーワード:
フィエスタフォード自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォード・フォーカス スポーツ+ エコブースト(FF/6AT)【試乗記】 2015.10.23 試乗記 大規模なマイナーチェンジを受けた「フォード・フォーカス」に試乗。1.5リッターのエコブーストエンジンや、よりしなやかなサスペンションなどによってフィジカルを高めた最新型は、ライバルから“ハンドリング王”のタイトルを奪回できるのか?
  • フォード・フィエスタ 1.0 EcoBoost(FF/6AT)【試乗記】 2014.2.28 試乗記 欧州フォードのベストセラーモデルである「フィエスタ」が、いよいよ日本に上陸。注目の「1リッターEcoBoost」エンジンを搭載する新型は、どんな走りを見せるのか? 
  • 第8回:フィエスタってどんなクルマ?
    日常劇場番外編~弟分にちょい乗りしてみた
    2016.1.29 フォード・フォーカス日常劇場<PR> そのクルマを深く知りたければ、あえてちょっと離れてみるのも手であろう。というわけで、今回はいきなりの番外編。弟分の「フィエスタ」に乗ってみた。実はフォーカスに乗るようになってから、ずっとこのクルマのことが気になっていたのだ。
  • プジョーからお値段199万円の「208」が再登場 2018.1.5 自動車ニュース プジョーが、2017年に240台限定で販売した「208ファーストセレクション」の再販を開始。「208スタイル」(6AT)をベースにバックソナー、レザーステアリング、スーパーティンテッドガラスを簡素化したもので、199万円という戦略的な価格を実現している。
  • ルノー・メガーヌ スポーツツアラーGT(FF/7AT)【レビュー】 2017.12.2 試乗記 40mm長いホイールベースを持つ新型「ルノー・メガーヌ」のワゴンモデル「メガーヌ スポーツツアラー」。ロングドライブの機会が多いモデルだからこそ浴することのできる、4輪操舵の恩恵とは? ハッチバックとは一味違う、その走りをリポートする。
ホームへ戻る