ブルーオーバルのコンパクトスポーツ「フォード・フィエスタST」発売、252万円也

2005.05.12 自動車ニュース

ブルーオーバルのコンパクトスポーツ「フォード・フィエスタST」発売、252万円也

フォード・ジャパン・リミテッドは、小型ハッチバック「フォード・フィエスタ」に、スポーツシリーズ「ST」の名を冠した「フィエスタST」を追加設定、2005年5月12日に発売した。販売台数は50台限定。

■生まれが違う「フィエスタST」

「フォーカスST170」(2003年5月発売)、「モンデオST220」(同2005年3月)に次ぐ、欧州フォード「ST」シリーズの末っ子「フィエスタST」が日本に上陸した。

フィエスタSTは、フォードの特殊車両開発部門「SVE(Special Vehicle Engineering)」と、競技用車両の開発を行っていた「フォード・レーシング」が統合し、新たに結成された「フォード・チームRS」が手がけたSTであり、SVE主導でつくられた兄貴分2台とは生まれた環境がやや異なる。


150ps、19.4kgmの2リッター「デュラテック」ユニットが、1130kgのボディを引っ張る。(写真=峰昌宏)

その新組織が、ノーマル・フィエスタのエンジン、サスペンション、ブレーキなど各所をチューニングし、「スポーティで躍動感に満ちた3ドアモデル」(プレスリリース)としたのが車両概要である。

日本版は100psの1.6リッターのみだったが、STの心臓は2リッター直4 DOHC16バルブ「デュラテック」ユニット。可変吸気システム、背圧を抑えたエグゾーストマニフォルド&スポーツ触媒などを採用し、150ps/6000rpmの最高出力を得た。最大トルクは19.4kgm/4500rpm、2200rpmから6150rpmの範囲でその90%以上を生み出すと謳われる。

各ギアレシオをクロースとした5段マニュアルトランスミッションを操れば、0-100km/h加速=8.4秒、最高速度=205km/hというパフォーマンスを発揮するという。

サスペンションは剛性強化が図られ、またジオメトリーも見直された。前のブレーキは、フォーカス用のものが大型化され、アンチスピンデバイス「ESP」が標準装備される。タイヤは、「ピレリP Zero Nero」(195/45R16)を履く。


スポーツシートは、ファブリックとレザーの組み合わせ。(写真=峰昌宏)

前後バンパー、丸型フォグランプ、リアのルーフエンドに備わるスポイラーなどでスポーティ感を演出。車内には専用ハーフレザー・スポーツシートやSTロゴ付き革巻きステアリングホイール、メタリックなペダルカバーなどを配した。

価格は、フィエスタSTが252万円で、「フィエスタ1600GHIA」の56万1750円高。ストライプのデカールや1インチアップされたタイヤ&ホイールを奢った、よりスポーティ・ルックな「フィエスタSTコンペティション」は、294万円となる。

(webCG 有吉)

フォード・ジャパン・リミテッド「フィエスタ」:
http://www.ford.co.jp/fiesta/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

フィエスタの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
  • スズキ・スイフト ハイブリッドRS(FF/CVT)/スイフトRSt(FF/6AT)【レビュー】 2017.1.30 試乗記 スズキの世界戦略を担うBセグメントのコンパクトカー「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州仕込みの足まわりを持つ「RS」系の2グレードには、今このクラスに求められるクルマの要素がそろっていた。
  • フォード・フォーカス スポーツ+ エコブースト(FF/6AT)【試乗記】 2015.11.24 試乗記 ビッグマイナーチェンジを受けた「フォード・フォーカス」に試乗。より精悍(せいかん)な顔つきと、高効率な1.5リッターターボエンジンを得た最新型、その実力やいかに?
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)【試乗記】 2017.2.2 試乗記 電動式のリトラクタブルハードトップと、専用デザインのリアセクションを持つ「マツダ・ロードスターRF」のスポーティーグレード「RS」に試乗。ソフトトップモデルとは一味違う、走りの魅力をリポートする。
  • トヨタC-HR【試乗記】 2017.1.27 試乗記 “新しいクルマづくり”こと「TNGA」が採り入れられた、新世代商品の第2弾モデルとなる「トヨタC-HR」。世界的に成長を続けるコンパクトSUV市場での巻き返しを図って投入された、ニューモデルの実力を測る。
ホームへ戻る