ブルーオーバルのコンパクトスポーツ「フォード・フィエスタST」発売、252万円也

2005.05.12 自動車ニュース

ブルーオーバルのコンパクトスポーツ「フォード・フィエスタST」発売、252万円也

フォード・ジャパン・リミテッドは、小型ハッチバック「フォード・フィエスタ」に、スポーツシリーズ「ST」の名を冠した「フィエスタST」を追加設定、2005年5月12日に発売した。販売台数は50台限定。

■生まれが違う「フィエスタST」

「フォーカスST170」(2003年5月発売)、「モンデオST220」(同2005年3月)に次ぐ、欧州フォード「ST」シリーズの末っ子「フィエスタST」が日本に上陸した。

フィエスタSTは、フォードの特殊車両開発部門「SVE(Special Vehicle Engineering)」と、競技用車両の開発を行っていた「フォード・レーシング」が統合し、新たに結成された「フォード・チームRS」が手がけたSTであり、SVE主導でつくられた兄貴分2台とは生まれた環境がやや異なる。


150ps、19.4kgmの2リッター「デュラテック」ユニットが、1130kgのボディを引っ張る。(写真=峰昌宏)

その新組織が、ノーマル・フィエスタのエンジン、サスペンション、ブレーキなど各所をチューニングし、「スポーティで躍動感に満ちた3ドアモデル」(プレスリリース)としたのが車両概要である。

日本版は100psの1.6リッターのみだったが、STの心臓は2リッター直4 DOHC16バルブ「デュラテック」ユニット。可変吸気システム、背圧を抑えたエグゾーストマニフォルド&スポーツ触媒などを採用し、150ps/6000rpmの最高出力を得た。最大トルクは19.4kgm/4500rpm、2200rpmから6150rpmの範囲でその90%以上を生み出すと謳われる。

各ギアレシオをクロースとした5段マニュアルトランスミッションを操れば、0-100km/h加速=8.4秒、最高速度=205km/hというパフォーマンスを発揮するという。

サスペンションは剛性強化が図られ、またジオメトリーも見直された。前のブレーキは、フォーカス用のものが大型化され、アンチスピンデバイス「ESP」が標準装備される。タイヤは、「ピレリP Zero Nero」(195/45R16)を履く。


スポーツシートは、ファブリックとレザーの組み合わせ。(写真=峰昌宏)

前後バンパー、丸型フォグランプ、リアのルーフエンドに備わるスポイラーなどでスポーティ感を演出。車内には専用ハーフレザー・スポーツシートやSTロゴ付き革巻きステアリングホイール、メタリックなペダルカバーなどを配した。

価格は、フィエスタSTが252万円で、「フィエスタ1600GHIA」の56万1750円高。ストライプのデカールや1インチアップされたタイヤ&ホイールを奢った、よりスポーティ・ルックな「フィエスタSTコンペティション」は、294万円となる。

(webCG 有吉)

フォード・ジャパン・リミテッド「フィエスタ」:
http://www.ford.co.jp/fiesta/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

フィエスタの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
  • シトロエンC4カクタス(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.28 試乗記 シトロエンの小型クロスオーバーモデル「C4カクタス」に試乗。1.2リッター直3自然吸気エンジンと5段ETGがもたらすのんびりとした走りには、どこか「2CV」に通じる、フランス車の原点的な味わいがあった。
  • フォード・フォーカス スポーツ+ エコブースト(FF/6AT)【試乗記】 2015.11.24 試乗記 ビッグマイナーチェンジを受けた「フォード・フォーカス」に試乗。より精悍(せいかん)な顔つきと、高効率な1.5リッターターボエンジンを得た最新型、その実力やいかに?
  • フォード・フォーカス スポーツ+ エコブースト(FF/6AT)【試乗記】 2015.10.23 試乗記 大規模なマイナーチェンジを受けた「フォード・フォーカス」に試乗。1.5リッターのエコブーストエンジンや、よりしなやかなサスペンションなどによってフィジカルを高めた最新型は、ライバルから“ハンドリング王”のタイトルを奪回できるのか?
  • 日産ノートe-POWER メダリスト(FF)【試乗記】 2017.1.11 試乗記 日産が、満を持して投入したシリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」。コンパクトカー「ノート」の好調を支える新しいパワープラントの実力を、最上級グレード「e-POWER メダリスト」の試乗を通して確かめた。
ホームへ戻る