ダイハツ、「アトレーワゴン」をフルモデルチェンジ

2005.05.10 自動車ニュース

ダイハツ、「アトレーワゴン」をフルモデルチェンジ

ダイハツ工業は、軽乗用車「アトレーワゴン」をフルモデルチェンジし、2005年5月9日に発売した。




■ターボ+ATオンリー

先代は、1999年1月発売の新規格軽商用車「アトレー」をベースに、乗用車版としたセミキャブオーバー型のワゴンで、同年6月デビュー。商用譲りの積載性をレジャーなどに振った軽で、デザインはジウジアーロが手がけていた。

新型のコンセプトは、「家族みんなで楽しく使えるプレジャーサポーター」。先代同様、4人が乗れる広々車内とラゲッジルーム、使い勝手のよさなどをセリングポイントとする一方、バリエーションを減らしターボ+ATに絞った。




ボクシーなボディは、全長×全幅×全高=3395×1475×1875mm、ホイールベース=2450mm。その内側は、室内長2015mm、同幅1310mm、同高さ1350mmで、荷室は、4人乗車時でもキャンプ道具など4人分が積めるという。容量は最大で1116リッターだ。
180mmスライドする後席はヘッドレスト付きで格納可能、いわゆるフルフラットなどへのアレンジもできる。

リアは両側スライドドアで、半ドアの位置まで閉めるとあとは自動的に閉めてくれる「スライドドアイージークローザー(左)」がメーカーオプション設定される。




エンジンは、ノンターボがカタログから落ち、ターボチャージャー付きの0.66リッター直3DOHCユニット(64ps、10.5kgm)のみとなった。エンジンをキャビン下に縦置きする「フロントミドシップレイアウト」は踏襲された。
トランスミッションも、4段オートマチックだけ。後輪駆動に加え、フルタイム4WDも用意される。

グレード構成は、2WD、4WDそれぞれに「カスタムターボR」と「カスタムターボRS」の2グレードを置く。価格は、133万3500円から155万4000円まで。

(webCG 有吉)

ダイハツ工業「アトレーワゴン」:
http://www.daihatsu.co.jp/showroom/lineup/atrai/

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ダイハツ・ミラ イースG“SA III”/ミラ イースL“SA III”【試乗記】 2017.6.12 試乗記 低価格・低燃費という、軽自動車の本質を徹底的に追求した「ダイハツ・ミラ イース」がフルモデルチェンジ。従来モデルやライバル車との比較をまじえつつ、「+αの魅力を追求した」という新型の実力を検証した。
  • アウディA5スポーツバック2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.6.13 試乗記 美しいルーフラインを持つ4ドアクーペ「アウディA5スポーツバック」がフルモデルチェンジ。新たなデザイン、そして先進装備を数多く搭載した“2代目”の実力を検証する。
  • 第45回:スターの幸福感 2017.6.13 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第45回は「スターの幸福感」。“巨乳”の「フェラーリ458イタリア」を手放し、“ステキなCカップ”「フェラーリ328GTS」を手に入れた筆者。新入りの赤いフェラーリがもたらしたヨロコビとは? 
  • 日産エクストレイル 2017.6.8 画像・写真 日産のミドルサイズSUV「エクストレイル」がマイナーチェンジ。運転支援システム「プロパイロット」をはじめとした装備の大幅な強化に加え、フロントマスクを中心にデザインにも手が加えられた。より“タフギア”となったその姿を紹介する。
  • 第44回:巨乳にも限度がある 2017.6.6 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第44回は「巨乳にも限度がある」。「一生乗る!」との決意とともに2580万円で購入した「フェラーリ458イタリア」、筆者がその“お宝”を手放したワケとは? 進化しすぎたスーパーカーにモノ申す。
ホームへ戻る