「ダイハツ・ブーン」に特別仕様車、除菌イオン発生装置付き

2005.05.09 自動車ニュース

「ダイハツ・ブーン」に特別仕様車、除菌イオン発生装置付き

ダイハツ工業は、グループ企業のトヨタ自動車と共同で開発したコンパクトカー「ブーン」に、特別仕様車「セレクション」を設定、2005年5月6日に発売した。

「トヨタ・パッソ」の兄弟にあたる「ブーン」の特別仕様車「1.0CLセレクション」(1リッター)と「1.3CXセレクション」(1.3リッター)は、ダークグレーの専用シート表皮や除菌イオンを発生するというプラズマクラスター、14インチアルミホイールやディスチャージヘッドランプを盛り込んだ内容だ。

価格は、107.1万円から123.9万円まで。

(webCG 有吉)

ダイハツ工業「ブーン」:
http://www.daihatsu.co.jp/showroom/lineup/boon/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ブーンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
  • トヨタ・パッソ モーダ“Gパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2016.6.9 試乗記 軽よりも少し大きな小型車「ダイハツ・ブーン/トヨタ・パッソ」がフルモデルチェンジ。トヨタ版の上級モデルである「パッソ モーダ」を借り出して、“生活の足”としてのクルマのあり方を考えた。
  • ダイハツ・ブーンX“SA II”(FF/CVT)【試乗記】 2016.5.30 試乗記 軽自動車で培われたノウハウをどのように生かしているのか? トヨタとの共同開発をやめ、ダイハツ一社が企画から生産までを担って誕生した3代目「ダイハツ・ブーン」。ベーシックな「X“SA II”」グレードを借り出し、その実力を確かめた。
  • トヨタC-HRプロトタイプ【試乗記】 2016.11.14 試乗記 成長著しいコンパクトSUV市場に、トヨタが満を持して送り出すニューモデル「C-HR」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。“攻め”のスタイリングと入念にチューニングされたシャシー&パワーユニットに、トヨタの意気込みを感じた。
  • レクサスLC500hプロトタイプ(FR/CVT)/LC500プロトタイプ(FR/10AT)【レビュー】NEW 2016.12.9 試乗記 レクサスの新たなラグジュアリークーペ「LC」シリーズにスペインで試乗。新世代のハイブリッドシステムを搭載した「LC500h」と、5リッターV8エンジンを搭載した「LC500」には、それぞれにまったく異なる魅力が宿っていた。
ホームへ戻る