【F1 2005】第5戦スペインGP、ライコネン独走で今季初V、ルノー連勝にストップ

2005.05.09 自動車ニュース

【F1 2005】第5戦スペインGP、ライコネン独走で今季初V、ルノー連勝にストップ

F1世界選手権第5戦スペインGP決勝が、2005年5月8日、スペインはバルセロナのサーキット・デ・カタルーニャ(4.627km)を66周して行われた。
凱旋レース、地元の声援を一身に受けたフェルナンド・アロンソ(ルノー)の4連勝を阻んだのは、キミ・ライコネン(マクラーレン・メルセデス)。ポールポジションからスタートし、序盤から独走劇を繰り広げ、今季1勝目、通算3勝目をあげた。

2位は故郷で錦を飾れなかったアロンソ。だが5戦連続のポディウムでチャンピオンシップでは引き続きリーダーの座を守っている。

3位ヤルノ・トゥルーリ、4位ラルフ・シューマッハーと、トヨタ勢が表彰台とダブルポイントを獲得。
5位は、レース終盤にコース上でマーク・ウェバー(ウィリアムズBMW)を抜いたジャンカルロ・フィジケラ(ルノー)、フロントローから一転し苦戦をしいられたウェバーは6位だった。

7位に、怪我が治り2レースぶりにカムバックしたファン・パブロ・モントーヤ(マクラーレン・メルセデス)、8位にはベテラン、デイヴィッド・クルタード(レッドブル・レーシング)が入り、最後の1点を手に入れた。

サンマリノでの勢いはどこへいったか、チャンピオンチーム、フェラーリはスペインでも大敗し、2度のパンクに見舞われたミハエル・シューマッハーはリタイア、精彩欠くルーベンス・バリケロはポイント圏外の9位完走がやっとだった。

なおBARホンダは、2戦出場停止のペナルティにより参加していない。

■イージー・ウィン

2週間前の第4戦サンマリノ、ポールポジションから序盤をリードしながら、ドライブシャフトが壊れ早々に戦列を去ったライコネン&マクラーレン。速さはあるものの信頼性に疑問符が付いていたのだが、次のスペインでは他を圧倒するかたちで雪辱を晴らした。

1番グリッドから飛び出すと、ライコネンはファステストラップを立て続けに記録しながら先行。3番グリッドからスタートで2位にポジションアップしたアロンソを、時として2秒速いタイムで引き離した。最初のピットストップ(25周目)を終えても、まだピットに入っていないアロンソの前に復帰できるほど、両車のギャップは瞬く間に広がっていた。

以降、ライコネンはゴールまで独走劇を続け、タイヤに問題を抱え2位防戦に追われた地元のヒーロー、アロンソを従え、昨2004年ベルギーGP以来となる自身3勝目を手に入れた。

2位に甘んじたアロンソだったが、それでもドライバーズランキング1位の座は変わらず。ポイント44点で、ランキング2位のトゥルーリとの間には18点のギャップがある。ライコネンが17点で3位に上昇、開幕戦ウィナーのフィジケラとラルフ・シューマッハーが14点で並ぶ。

今回予選8位、決勝では2度のパンクに見舞われリタイアした王者シューマッハーは、アロンソのなんと34点後ろ、ランキング7位。前人未到の8度目の栄冠は、ずいぶんと遠い場所にあるのだが……史上最多19戦が予定される2005年、残りはまだ14レースもある。何が起こるかまだわからない。

次戦決勝は5月22日、伝統のモナコGPだ。

(webCG 有吉)

【F1 2005】第5戦スペインGP、ライコネン独走で今季初V、ルノー連勝にストップの画像

第2戦から3連勝、スペイン人初のポイントリーダーとなったアロンソに、地元の視線は釘付け。熱心なファンのみならず、スペインのキング・フアン・カルロスもサーキットに駆けつけた。(写真=ルノー)

第2戦から3連勝、スペイン人初のポイントリーダーとなったアロンソに、地元の視線は釘付け。熱心なファンのみならず、スペインのキング・フアン・カルロスもサーキットに駆けつけた。(写真=ルノー)

そのアロンソだったが、スペインで4連勝はならず。序盤リアタイヤのブリスター(火ぶくれ)に悩まされ、ライコネンに先行を許してしまった。それでも2位入賞&開幕から全戦ポディウムは立派。レース後、多くの観客を前に、「(2位でも)勝った時と同じような気分だ」と語った。(写真=ルノー)

そのアロンソだったが、スペインで4連勝はならず。序盤リアタイヤのブリスター(火ぶくれ)に悩まされ、ライコネンに先行を許してしまった。それでも2位入賞&開幕から全戦ポディウムは立派。レース後、多くの観客を前に、「(2位でも)勝った時と同じような気分だ」と語った。(写真=ルノー)

力強い走りを披露したトヨタ勢。予選ではラルフ・シューマッハー4位、ヤルノ・トゥルーリ5位と好位置につけ、レースでは2台が3位を争い、トゥルーリ(写真)が3度目の表彰台にあがった。
コンストラクターズランキングでは1位ルノー(58点)に次ぐ2位(40点)と、引き続きナンバー2の位置にいるが、復活の狼煙をあげたマクラーレン(37点)が間近に迫っている。(写真=トヨタ自動車)

力強い走りを披露したトヨタ勢。予選ではラルフ・シューマッハー4位、ヤルノ・トゥルーリ5位と好位置につけ、レースでは2台が3位を争い、トゥルーリ(写真)が3度目の表彰台にあがった。コンストラクターズランキングでは1位ルノー(58点)に次ぐ2位(40点)と、引き続きナンバー2の位置にいるが、復活の狼煙をあげたマクラーレン(37点)が間近に迫っている。(写真=トヨタ自動車)

「予想よりタフなレースだった」とコメントするのは、フェラーリを率いるジャン・トッド。燃料重めでスタートした「フェラーリF2005」駆るミハエル・シューマッハー(写真)は、2位に入った前戦サンマリノ同様、予選中盤(8番手)からライバルより長めの第1スティントを走り上位を目指していたのだが、タイヤに足もとをすくわれリタイアした。2度のパンク、しかも両方とも負荷が大きい左側ということもあり、ブリヂストンは調査をするとしている。
エンジン交換で10グリッド降格、1ストップ作戦で臨んだルーベンス・バリケロは、タイヤのブリスター、マシンのバランスに苦戦しながら9位完走を果たした。(写真=フェラーリ)

「予想よりタフなレースだった」とコメントするのは、フェラーリを率いるジャン・トッド。燃料重めでスタートした「フェラーリF2005」駆るミハエル・シューマッハー(写真)は、2位に入った前戦サンマリノ同様、予選中盤(8番手)からライバルより長めの第1スティントを走り上位を目指していたのだが、タイヤに足もとをすくわれリタイアした。2度のパンク、しかも両方とも負荷が大きい左側ということもあり、ブリヂストンは調査をするとしている。エンジン交換で10グリッド降格、1ストップ作戦で臨んだルーベンス・バリケロは、タイヤのブリスター、マシンのバランスに苦戦しながら9位完走を果たした。(写真=フェラーリ)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。