【カーナビ/オーディオ】純正オーディオでも好みのアンプとつなげられる信号変換器

2005.05.09 自動車ニュース

【カーナビ/オーディオ】純正オーディオでも好みのアンプとつなげられる信号変換器

純正オーディオのスピーカー出力を、出力値の低いライン出力信号に変換して外付けアンプを接続するためのHi-Loレベルコンバーター「BE-505」がBA labo(ビーエー・ラボ)から登場した。価格は5万8000円。

■純正オーディオを替えないで、もっといい音にしたいという人に

──こりゃまたマニアックなものを見つけてきましたね。
石田:いや、そうでもないですよ。最近のクルマって、純正ヘッドユニットを替えにくくなっていますよね。純正オーディオが従来の1DINとか2DINといった大きさではなく、専用のデザインでインパネに組み込まれていたりするのが大きな原因です。
それに、クルマがハイテク化されて、エアコンなどの電装系とオーディオがパッケージ化されていたり、あらゆる部分にセンサーが張り巡らされていて、純正オーディオを外すとクルマが動かなくなったりするものもあったりします。そんな理由で、音質にはけっして満足していないけど、仕方なく純正オーディオのままで音楽を聴いている人も多いと思うんです。

──たしかにそうだと思いますけど、この製品はそれと何か関係あるんですか?
石田:この「BE-505」は、そんな人の味方になるアイテムなんです。ヘッドユニットは純正のままでも、「BE-505」を介してパワーアンプを外付けして、スピーカーをグレードアップすれば、カーオーディオの音を大幅にクオリティアップできるんです。マニアなら、大改造してもいくらお金がかかっても、ヘッドユニットからすべて市販の高級機に交換するでしょうけど、そうまでしてカーオーディオに凝るようなことはしたくない、でももう少し音が欲しいな、という人にうってつけです。

──ほう、『webCG』の読者には朗報ですね。で、中身はどうなっているんですか?
石田:ちょっとマニアックな話になりますが、いいですか?「BE-505」はアイソレート・トランスという方式を採用しています。スピーカー出力を直接接続できるハイレベルインプット対応アンプというのもありますが、それらの多くは抵抗分圧方式。抵抗を組み合わせて、電圧を下げる方式です。
それに比べてトランス方式は、まず信号の伝送ロスが少ない、そして超低インピーダンスで信号を送り出すから、伝送過程での高域特性の減衰やノイズの混入など、外部からの影響を受けにくいというメリットがあります。

それから、不要なノイズ成分をカットして音楽に必要な信号成分をふるい分けるフィルター効果があるので、広いダイナミックレンジが得られるなどの効果があります。そのため、聴感上のSN比に優れ、音の粒立ちが良く、真空管アンプにも似た三次元的な空間の広がりが感じられるそうです。また、良くも悪くも、倍音成分が付加されるため、原音から失われた成分も再現されるようです。

──接続はどうするんですか?
石田:本機にはLR(左右)の入力端子とLRの出力端子だけが付くという、いたってシンプルな構造です。純正スピーカーにつながっているLRのケーブルを途中でカットして、それぞれ入力端子につなぎます。そしてLRの出力端子はピンプラグの形状になっていますから、一般的なラインケーブルで外付けのパワーアンプなどにつなぐだけです。
マルチアンプ・システムにしたいなら、出力のあとにチャンネルデバイダーとかアナログ入力付きのデジタルプロセッサーなどを入れて、帯域を分割した後にアンプに信号を送ればいいですね。

──ところでBA laboとは聞いたことがないメーカーですね。
石田:ホーム用の高級アンプを作っているメーカーで、ホームオーディオが好きな人ならご存知だと思います。元ラックスマンの大橋さんという技術者が興したメーカーで、「橋」の一文字をとってブリッジ・オーディオ・ラボ=BA laboというわけです。
カー用のアイテムはこれまで、パワーアンプ用とヘッドユニット用のキャパシタを出していて、このHi-Loレベルコンバーターが3番目の製品です。「良いものは自らで作る」シリーズの製品だそうです。これまでのキャパシタも、非常に優れたものでほんとうに「良いもの」でしたから、このHi-Loレベルコンバーターも良いものに違いない。

純正ヘッドユニットは替えたくない、もしくは替えられないけど、もっといい音で音楽を聴きたいという人は、「BE-505」を使って外付けアンプ&スピーカーに交換することをおすすめします。

(文=石田功)

【カーナビ/オーディオ】純正オーディオでも好みのアンプとつなげられる信号変換器の画像

純正オーディオのアンプで増幅されたスピーカー用信号をそのままここに接続する。

純正オーディオのアンプで増幅されたスピーカー用信号をそのままここに接続する。

アイソレートトランスで微少レベルに抑えられた信号はこの端子から出力。内蔵アンプを持たないCDプレーヤーなどの信号と同レベルと思えばいい。中央のツマミなどで細かいレベル調整もできる。

アイソレートトランスで微少レベルに抑えられた信号はこの端子から出力。内蔵アンプを持たないCDプレーヤーなどの信号と同レベルと思えばいい。中央のツマミなどで細かいレベル調整もできる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。