【スペック】全長×全幅×全高=4505×1775×1505mm/ホイールベース=2685mm/車重=1430kg/駆動方式=FF/2リッター直4DOHC 16バルブ(133ps/5500rpm、19.5kgm/3750rpm)/価格=325万5000円(テスト車=同じ)

ルノー・メガーヌツーリングワゴン 2.0グラスルーフ プレミアム(4AT)【試乗記】

いい意味で気軽 2005.05.07 試乗記 ルノー・メガーヌツーリングワゴン 2.0グラスルーフ プレミアム(4AT)……325万5000円“退屈へのレジスタンス”を標榜するルノーが、メガーヌツーリングワゴンにグラスルーフ搭載モデルを追加。上級「プレミアム」に乗った自動車ジャーナリストの島下泰久は風に吹かれて……。
ボディ色は同じだが、こちらは標準グレード。プレミアムより1インチダウンの16インチアルミホイールを装着するほか、シートはクロス+レザーのコンビになるなど、装備が若干異なる。価格は299万2500円。
 
ボディ色は同じだが、こちらは標準グレード。プレミアムより1インチダウンの16インチアルミホイールを装着するほか、シートはクロス+レザーのコンビになるなど、装備が若干異なる。価格は299万2500円。
	 
自動車ジャーナリストの島下泰久
(写真=高橋信宏)
 
自動車ジャーナリストの島下泰久
	(写真=高橋信宏)
	 

 
ルノー・メガーヌツーリングワゴン 2.0グラスルーフ プレミアム(4AT)【試乗記】の画像

ドライバーにも“空”がある

ここに来てようやく、販売状況が実力に見合ったものとなりつつあるルノー。稼ぎ頭である好調「メガーヌ」に新たに設定されたのは、ツーリングワゴンのグラスルーフ仕様である。
メガーヌのグラスルーフと言えば、2005年1月には「グラスルーフカブリオレ」も登場したが、このツーリングワゴングラスルーフも、ガラスにはそれと同じサンゴバン社の「ビーナス40」を用いている。これは赤外線を78%、紫外線を95%カットするだけでなく、強度が非常に高く、それゆえ薄く軽量にできるのが特徴である。

まるでルーフ一面がガラスとなったような外観から想像できる通り、前後2分割されたグラスルーフの面積は相当に大きく、室内はとても開放的な雰囲気だ。嬉しいのは、後席からはもちろん運転席に居ても、その恩恵を十分に得られること。最近では日本車でもガラス製ルーフを装備したモデルが増えているが、そのほとんどが前席の頭の真上あたりからガラス部分が始まるため、走行中には空を意識することができない。しかしメガーヌの場合は、もっとルーフの前端寄りからガラスとなるため、運転しながらでも視界の隅に空を意識することができるのだ。一方、陽射しが強いときのために、巻き取り式のサンシェードもしっかり用意されている。

さらに、やはり日本車のガラス製サンルーフに多い固定式ではなく、前側部分のチルト機構がついているのも美点と言える。せっかく手の届きそうなところに空があれば、ときには風も導き入れたくなるというもの。開けて走ればますます爽快だ。


 
ルノー・メガーヌツーリングワゴン 2.0グラスルーフ プレミアム(4AT)【試乗記】の画像
リアシートは、6:4の分割可倒式。
写真をクリックするとシートアレンジが見られます。
 
リアシートは、6:4の分割可倒式。
	写真をクリックするとシートアレンジが見られます。
	 

開放感と引き換えに……

ただし、この圧倒的な開放感と引き換えに、ボディの剛性感は若干落ちている感がある。剛性というより剛性感というレベルのものだが、ちょっと大きな段差を越えるなど、大入力時のボディの受けとめ方や、走行中の諸々の騒音や振動のレベルが、クローズドルーフのツーリングワゴンに較べて、ちょっと安っぽいかなぁという気がするのだ。とは言いつつ、オープンカーなどでもそうであるように、無類の開放感に浸っていると、そんなのは些細なことに思えるのも事実なのだが。

それを除けば、走りっぷりはクローズドルーフのモデルとほとんど変わらない。ハッチバックよりホイールベースが60mm伸ばされたツーリングワゴンは、直進安定性はより高く、ピッチング方向の落ち着きもさらに増して、なるほど“ツーリング”ワゴンと名乗るだけの乗り味を得ている。それでいてステアリングのキレの良さや、当たりが柔らかな乗り心地はそのままだ。実用域のトルクがしっかり確保された2リッターエンジンと、フランス車らしい歯切れ良さを失わない範囲でシフトショックを低減させた4段ATの組み合わせも、とても扱いやすい。


 

 

驚異的なラゲッジスペース

近頃流行りのプレミアム感だとか質の高さといった評価軸で見たら大したことはないかもしれないが、いい意味で気軽に、気持ち良く使うことができるのは、日常生活の伴侶としてはとても好ましいことだ。せっかく通常時520リッター、最大で1600リッターという驚異的な容量のラゲッジスペースもあることだし、仕事にレジャーにガンガン使って、どんどん開放感を満喫するというのが、ふさわしい使い方だと言えるだろう。

ちなみにハッチバックに較べると一見地味と思えるリアまわりのスタイリングも、実はその面構成はとても凝っていて、見れば見るほど魅力的だ。もし興味を持って、実車を見てみようという気になった方は、ぜひその辺りにも注目してみていただければと思う。

(文=島下泰久/写真=峰昌宏、高橋信宏/2005年5月)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

メガーヌエステートの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ルノー・メガーヌ エステートGTライン(FF/6AT)【試乗記】 2014.12.16 試乗記 「ルノー・メガーヌ」のワゴンモデルに、高効率をうたう1.2リッターターボエンジン搭載車が登場。小さなパワーユニットがもたらす走り、燃費、そして乗り心地などを報告する。
  • シトロエンC4カクタス(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.28 試乗記 シトロエンの小型クロスオーバーモデル「C4カクタス」に試乗。1.2リッター直3自然吸気エンジンと5段ETGがもたらすのんびりとした走りには、どこか「2CV」に通じる、フランス車の原点的な味わいがあった。
  • 「プジョー2008 GTライン」を知る 試す 2016.12.22 特集 成長を続けるコンパクトSUV市場において、高い評価を得ている「プジョー2008」。フランスのメーカーが造るとクロスオーバーはどんなクルマになるか? デザインや走り、ユーティリティーなど、さまざまな切り口からその魅力を紹介する。
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
ホームへ戻る