「アルミホイールの寿命と点検方法は?」

2005.05.07 クルマ生活Q&A タイヤ・ホイール

「アルミホイールの寿命と点検方法は?」

タイヤの点検方法とか寿命についてはよく聞くのですが、アルミホイールの寿命、点検はどうすればよいのでしょうか? 5年、10年ともつものなのでしょうか? 単にきれいに掃除しているだけでいいものか、わかりません。ご教授お願いします。(神奈川県・TNさん)

お答えします。経験上、「JWL(乗用車軽合金製ディスクホイール基準)」の認証を受けたものであれば、10年ぐらいは問題ないでしょう。もっともスポーツ走行などを行わない、普通に使用している場合に限りますが。

スチール製でも同じことがいえますが、アルミホイールの大敵といえば腐食、要するにサビです。
スチールの場合は錆びると赤くなり、アルミは白い粉状のモノが出てきます。さらに放ったらかしにしておくと、拭いても艶が出てこなくなり、アルミいろしていたのが黒ずんできます。

アルミホイールは「鍛造製」より「鋳造製」の方が強度は弱く、腐食しやすいといえます(「鍛造ホイール、鋳造ホイールって?」参照)。
例えばブレーキの鉄粉などがホイールに刺さると、そこから腐食が始まります。そうなると徐々に内部に腐食が進行し、黒くなります。腐食したホイールは強度が落ちるので、絶対に使用してはいけません。

またヒビが入ったホイールも危険です。ホイールナットの部分はクラック(ヒビ)などが入ることもありますから、力まかせに締めず、規定トルクを守るように心掛けてください。

メンテナンスとしては、鉄粉を取り除くなど、汚れたらすみやかに掃除することです。また、ホイールを洗いながら、注意してヒビなどをチェックすることが大切です。

クルマ生活Q&Aトップへ