2005ワークスチューニンググループ合同試乗会(無限篇)【試乗記】

2005ワークスチューニンググループ合同試乗会(無限篇) 2005.05.06 試乗記 無限インテグラタイプR(6MT)/無限レジェンドM1+PLUS(5AT)自動車メーカー直系のチューニングメーカー5社による「ワークスチューニングカー合同試乗会」が開催された。今年で8回目となる、この恒例のイベントに『webCG』コンドーと本諏訪が参加した。今回はホンダ系ワークスチューニングを手がける「無限」ブランドのクルマをチェック。

FR好きも惹かれる……無限インテグラタイプR(6MT)

本諏訪(以下「も」):今年から「M-TEC」と会社名が変わりましたが、「無限」ブランドは変わりません。
コンドー(以下「コ」):このインテグラ、見た目がそうとう本気やなぁ。ロールケージにフルバケット&フルハーネス、3連追加メーターか。
も:外装でもエアスクープ付きの軽量ボンネット、リアのGTウイングなどハデになってます。
コ:エンジンには手を入れてあるの?
も:いえ。出力に関係する部分では吸排気系だけです。そもそもインテRのエンジンはチューニングエンジンですし。
コ:ホンダ車はエンジンでのアドバンテージが大きいな。
も:確かに。エンジン音は、他のどのチューニングカーよりすばらしいものでした。
コ:“気持ちよさ”という部分もチューニングカーには大事な要素やしな。排気音もノーマル以上にカッコいい。

も:走りはどんな感じでしょう?
コ:コーナーではグイグイとステアリングが切れ込んでいく感じ。LSDがすごく効いてる。
も:ロールとかほとんど感じませんねぇ。私はこういう方が安心感があっていいです。でも、限界を越えたときのインフォメーションが少ないんでしょうか。
コ:いや、そもそも限界が高いから、一般道ではまあそういうことにはならんやろう。
も:まあ私もそこまで運転はうまくないですけど……。とにかくFR好きの私でも惹かれる回頭性能です。

コ:シフトアップでもダウンでもギアのつながりが秀逸やな。パワーバンドを大きく外さないし。
も:シフトフィールも良好。スコーンと入ってくれます。
コ:ブレーキもカッチリしてるよ。初期の反応が過敏ではなく、踏む量に対してリニアに反応してくれる。
も:逆ベンチ形状を採用したというアクティブゲートブレーキローターのおかげでしょうか。

も:町なかでの乗り心地は?
コ:いや、こういうクルマが好きな人にとっては耐えられるというレベル。決して良くはないよ。
も:まあこんな内装ですしね。普通なわけないでしょう。
コ:乗り降りも車高は低いしバケットシートで大変やし。
も:女性を乗せるのは難しいですね。
コ:そういうヤツはノーマルにしとき!

モータースポーツ好きのお父さんに……無限レジェンドM1+PLUS(5AT)

も:こちらのレジェンドは「M1」というパッケージを装着したクルマだそうです。パーツ単体での販売ではなく、コンプリートでのパッケージ販売を前提としており、バランスのとれたドレスアップが考えられています。
コ:ノーマルとどこが違うの?
も:スポイラー類とフェンダーカバー、マフラーに加えてノーマルより1インチアップのホイール&タイヤあたりがメインです。
コ:なるほど。リアは流行り(?)のディフューザー一体式エキゾーストエンドや。

も:このクルマには、パッケージとは別の、スポーツサスペンション(試作品)が装着されています。
コ:うーん、正直ノーマルとの差は直接比較しないとわからないなぁ。
も:それだけ乗り心地がいいということですね。
コ:ノーマルのレジェンドもけっこう曲がるし。
も:ただ、タイヤ(ダンロップVEURO)は早めから鳴くような気がしました。

コ:しかしやはりこちらもエンジンはいいな。パワーも音も。
も:さすがに上級車だけあって、暴力的ではないですけどね。
コ:「HONDA」+「無限」ブランドはモータースポーツ好きには効くやろなぁ。
も:そんなお父さんがこれ買うんでしょうね。

(文=webCG近藤俊&本諏訪裕幸/写真=荒川正幸/2005年5月)

・2005ワークスチューニンググループ合同試乗会(ニスモ篇)【短評】
http://www.webcg.net/WEBCG/impressions/000016700.html
・2005ワークスチューニンググループ合同試乗会(TRD篇)【短評】
http://www.webcg.net/WEBCG/impressions/000016730.html

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。