日産自動車、5車種にスポーティな特別仕様車

2005.05.06 自動車ニュース

日産自動車、5車種にスポーティな特別仕様車

日産自動車は、ミニバン「エルグランド」「プレサージュ」に、スポーティな装いの特別仕様車「エアロ」を設定。オーテックジャパンからは、先の2車種に加え、「ラフェスタ」「Xトレイル」「ウイングロード」の5車種に「ライダーアルファ」を設定し、2005年4月28日に発売(Xトレイル ライダーアルファは5月23日から)した。


【写真上】「エルグランド エアロ」
【写真下】「ラフェスタ ライダーアルファ」

特別仕様車の「エアロ」、オーテックジャパンの「ライダーアルファ」シリーズとも、スポーティなエアロパーツなどを装着し、スポーティに演出したモデル。幅広い層のユーザーに応えるため、各車の個性をより際だたせたという。

「エルグランド エアロ」(TOP写真)は、「ハイウェイスター」が装着するローダウンサスペンションやエアロパーツに加え、曲がる方向をライトで照らす「アクティブAFS」や6スピーカーを採用する。2.5リッターモデル「V」に、ハイウェイスターの外観を組合わせるのは、エアロが初めてだ。
「プレサージュエアロ」は2.5リッターの「V」グレードをベースに、メッキグリルをはじめとする内外装を与えたもの。

オーテックジャパンは内外装を飾った「ライダー」グレードに、さらに装備を追加した「ライダーアルファ」を5車種に設定。「ライダー」が持つ専用エクステリアに加え、アルミペダルやスポーティフロアカーペットなどを採用し、インテリアをよりスポーティに演出した。
クルマによってイモビライザーやスーパーサウンドシステムなどが与えられるなど、追加装備が異なる。写真の「ラフェスタ ライダーアルファ」は、専用チューンドサスペンション&マフラーなどをセットにしたスポーティパッケージや、キセノンヘッドランプなどを装着する。各車の装備詳細はオフィシャルサイト参照のこと。

価格は、「エルグランドエアロ」が301万3500円(2.5リッター/FF)から、「プレサージュエアロが242万5000円(2.5リッター/FF)からとなる。
「ラフェスタ ライダーアルファ」は、パノラミックルーフ付きが240万4500円、レス仕様は233万1000円などとなっている。

(webCGオオサワ)

日産自動車・エルグランド エアロ:
http://www2.nissan.co.jp/ELGRAND/E51/0504/AERO/
プレサージュ エアロ:
http://www2.nissan.co.jp/PRESAGE/U31/0504/AERO/

オーテックジャパン:
http://www.autech.jp/

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産小型商用車(LCV)取材会【試乗記】 2016.4.5 試乗記 日産の小型商用車(LCV)がずらりとそろうオールラインナップ試乗会に参加。北米専用のフルサイズピックアップトラックの「タイタンXD」からEVの「e-NV200」まで、今の日産を代表する商用車のステアリングを握った。
  • 第54回:光り輝く激安BMW 2017.8.15 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第54回は「光り輝く激安BMW」。次なる“牛丼車”として「BMW 320d」を選んだ筆者。だが、唯一気がかりなことが……。中古車買うならココを見ろ! 46台クルマを買ってきたカーマニアの勘がさえる。
  • 第431回:「NV350キャラバン」の荷室には夢が一杯!
    メディア対抗カート大会にwebCGチームが参戦
    2017.8.11 エディターから一言 「日産NV350キャラバン」のマイナーチェンジを記念して(?)開催されたメディア対抗カート大会に、webCGチームが参戦。レインコンディションで行われた、熱いバトルの様子をリポートする。
  • ダイハツ・ミラ イースG“SA III”/スズキ・アルトX(前編)【試乗記】 2017.8.8 試乗記 ニッポンの乗用車のボトムレンジを担う「ダイハツ・ミラ イース」と「スズキ・アルト」。両モデルの比較を通してそれぞれの実力を検証するとともに、軽自動車開発のトレンド、そしてスズキとダイハツのクルマ造りの違いを浮き彫りにする。
  • トヨタ・アクアG“ソフトレザーセレクション”(FF/CVT)【試乗記】 2017.8.4 試乗記 トヨタの売れ筋ハイブリッドカー「アクア」がマイナーチェンジ。デザインの手直しに加えてボディー剛性の強化や燃費の向上などさまざまなテコ入れが施された、最新型の走りを報告する。
ホームへ戻る