日産自動車、5車種にスポーティな特別仕様車

2005.05.06 自動車ニュース

日産自動車、5車種にスポーティな特別仕様車

日産自動車は、ミニバン「エルグランド」「プレサージュ」に、スポーティな装いの特別仕様車「エアロ」を設定。オーテックジャパンからは、先の2車種に加え、「ラフェスタ」「Xトレイル」「ウイングロード」の5車種に「ライダーアルファ」を設定し、2005年4月28日に発売(Xトレイル ライダーアルファは5月23日から)した。


【写真上】「エルグランド エアロ」
【写真下】「ラフェスタ ライダーアルファ」

特別仕様車の「エアロ」、オーテックジャパンの「ライダーアルファ」シリーズとも、スポーティなエアロパーツなどを装着し、スポーティに演出したモデル。幅広い層のユーザーに応えるため、各車の個性をより際だたせたという。

「エルグランド エアロ」(TOP写真)は、「ハイウェイスター」が装着するローダウンサスペンションやエアロパーツに加え、曲がる方向をライトで照らす「アクティブAFS」や6スピーカーを採用する。2.5リッターモデル「V」に、ハイウェイスターの外観を組合わせるのは、エアロが初めてだ。
「プレサージュエアロ」は2.5リッターの「V」グレードをベースに、メッキグリルをはじめとする内外装を与えたもの。

オーテックジャパンは内外装を飾った「ライダー」グレードに、さらに装備を追加した「ライダーアルファ」を5車種に設定。「ライダー」が持つ専用エクステリアに加え、アルミペダルやスポーティフロアカーペットなどを採用し、インテリアをよりスポーティに演出した。
クルマによってイモビライザーやスーパーサウンドシステムなどが与えられるなど、追加装備が異なる。写真の「ラフェスタ ライダーアルファ」は、専用チューンドサスペンション&マフラーなどをセットにしたスポーティパッケージや、キセノンヘッドランプなどを装着する。各車の装備詳細はオフィシャルサイト参照のこと。

価格は、「エルグランドエアロ」が301万3500円(2.5リッター/FF)から、「プレサージュエアロが242万5000円(2.5リッター/FF)からとなる。
「ラフェスタ ライダーアルファ」は、パノラミックルーフ付きが240万4500円、レス仕様は233万1000円などとなっている。

(webCGオオサワ)

日産自動車・エルグランド エアロ:
http://www2.nissan.co.jp/ELGRAND/E51/0504/AERO/
プレサージュ エアロ:
http://www2.nissan.co.jp/PRESAGE/U31/0504/AERO/

オーテックジャパン:
http://www.autech.jp/

関連キーワード:
エルグランドプレサージュラフェスタ日産エクストレイルウイングロード自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「ジャパンキャンピングカーショー2017」の会場から 2017.2.3 画像・写真 ユニークなキャンピングカーが一堂に集結。「ジャパンキャンピングカーショー2017」が、千葉県の幕張メッセで開幕した。会場の様子を、各メーカーが出展したキャンピングカーとともに写真でリポートする。
  • 日産小型商用車(LCV)取材会【試乗記】 2016.4.5 試乗記 日産の小型商用車(LCV)がずらりとそろうオールラインナップ試乗会に参加。北米専用のフルサイズピックアップトラックの「タイタンXD」からEVの「e-NV200」まで、今の日産を代表する商用車のステアリングを握った。
  • 第425回:「壊れない日本車」はこうして生まれる
    「日産NV350キャラバン」の開発現場を取材
    2017.7.13 エディターから一言 ビジネスユースはもちろん、レジャーや趣味のお供としても高い支持を集める日産のワンボックスカー「NV350キャラバン」。同車の開発を担う日産車体への取材を通し、世界中で支持される「壊れない日本車」の秘密を知った。
  • 日産NV400(FF/6MT)【試乗記】 2014.12.24 試乗記 クルマとはその国の生活と文化を運ぶもの。“グローバル化”が進んでいるとはいえ、その形は同じではない。スペインで生産され、欧州を中心に販売されている大型の商用ワゴン「日産NV400」が持つ世界を、300kmあまりの試乗を通じて味わった。
  • 日産プレサージュ 3.5X 4WD/2.5V FF(CVT/4AT)【試乗記】 2003.7.24 試乗記 日産プレサージュ 3.5X 4WD/2.5V FF(CVT/4AT)
    ……364.3/268.0万円

    腰高で、しかも室内が上下に狭かった「日産プレサージュ」。厳しい消費者からの反応を汲んで、新型はどう変わったのか? 月販5000台を目指す意欲作に、『webCG』記者が北海道で試乗した。


ホームへ戻る