日産自動車、5車種にスポーティな特別仕様車

2005.05.06 自動車ニュース

日産自動車、5車種にスポーティな特別仕様車

日産自動車は、ミニバン「エルグランド」「プレサージュ」に、スポーティな装いの特別仕様車「エアロ」を設定。オーテックジャパンからは、先の2車種に加え、「ラフェスタ」「Xトレイル」「ウイングロード」の5車種に「ライダーアルファ」を設定し、2005年4月28日に発売(Xトレイル ライダーアルファは5月23日から)した。


【写真上】「エルグランド エアロ」
【写真下】「ラフェスタ ライダーアルファ」

特別仕様車の「エアロ」、オーテックジャパンの「ライダーアルファ」シリーズとも、スポーティなエアロパーツなどを装着し、スポーティに演出したモデル。幅広い層のユーザーに応えるため、各車の個性をより際だたせたという。

「エルグランド エアロ」(TOP写真)は、「ハイウェイスター」が装着するローダウンサスペンションやエアロパーツに加え、曲がる方向をライトで照らす「アクティブAFS」や6スピーカーを採用する。2.5リッターモデル「V」に、ハイウェイスターの外観を組合わせるのは、エアロが初めてだ。
「プレサージュエアロ」は2.5リッターの「V」グレードをベースに、メッキグリルをはじめとする内外装を与えたもの。

オーテックジャパンは内外装を飾った「ライダー」グレードに、さらに装備を追加した「ライダーアルファ」を5車種に設定。「ライダー」が持つ専用エクステリアに加え、アルミペダルやスポーティフロアカーペットなどを採用し、インテリアをよりスポーティに演出した。
クルマによってイモビライザーやスーパーサウンドシステムなどが与えられるなど、追加装備が異なる。写真の「ラフェスタ ライダーアルファ」は、専用チューンドサスペンション&マフラーなどをセットにしたスポーティパッケージや、キセノンヘッドランプなどを装着する。各車の装備詳細はオフィシャルサイト参照のこと。

価格は、「エルグランドエアロ」が301万3500円(2.5リッター/FF)から、「プレサージュエアロが242万5000円(2.5リッター/FF)からとなる。
「ラフェスタ ライダーアルファ」は、パノラミックルーフ付きが240万4500円、レス仕様は233万1000円などとなっている。

(webCGオオサワ)

日産自動車・エルグランド エアロ:
http://www2.nissan.co.jp/ELGRAND/E51/0504/AERO/
プレサージュ エアロ:
http://www2.nissan.co.jp/PRESAGE/U31/0504/AERO/

オーテックジャパン:
http://www.autech.jp/

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産小型商用車(LCV)取材会【試乗記】 2016.4.5 試乗記 日産の小型商用車(LCV)がずらりとそろうオールラインナップ試乗会に参加。北米専用のフルサイズピックアップトラックの「タイタンXD」からEVの「e-NV200」まで、今の日産を代表する商用車のステアリングを握った。
  • ダイハツ・ミラ イースG“SA III”/ミラ イースL“SA III”【試乗記】 2017.6.12 試乗記 低価格・低燃費という、軽自動車の本質を徹底的に追求した「ダイハツ・ミラ イース」がフルモデルチェンジ。従来モデルやライバル車との比較をまじえつつ、「+αの魅力を追求した」という新型の実力を検証した。
  • 第44回:巨乳にも限度がある 2017.6.6 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第44回は「巨乳にも限度がある」。「一生乗る!」との決意とともに2580万円で購入した「フェラーリ458イタリア」、筆者がその“お宝”を手放したワケとは? 進化しすぎたスーパーカーにモノ申す。
  • MINIクーパーS EクロスオーバーALL4(4WD/6AT)【海外試乗記】 2017.6.6 試乗記 2代目となる新型「MINIクロスオーバー」に、プラグインハイブリッド車(PHV)の「クーパーS E ALL4」が登場。1.5リッター直3ターボエンジンと電動モーターが織り成す走りを、スペイン・バルセロナで試した。
  • メルセデス・ベンツが新型「Eクラス クーペ」を発売 2017.5.31 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2017年5月31日、フルモデルチェンジした「Eクラス クーペ」を発表し、同日、販売を開始した。価格は「E200クーペ」の682万円から。
ホームへ戻る