「日産ティアナ」など9車種に特別仕様車、インテリアがポイント

2005.04.28 自動車ニュース

「日産ティアナ」など9車種に特別仕様車、インテリアがポイント

日産自動車は、2005年4月27日、9車種に特別仕様車を設定し発売した。
「ティアナ」「ブルーバードシルフィ」「ティーダ」「ティーダラティオ」「マーチ」「ラフェスタ」には「プレミアムインテリア」、「スカイラインセダン」「ステージア」には「リミテッドレザー」、そして「ノート」には「サルサグリーン」という、インテリアに特徴を持たせた各車だ。

「プレミアムインテリア」は、「ティアナ」発売以降「モダンリビング」を謳う日産が、さらに「高級感」「こだわり感」「くつろぎ感」を高めようと、スエード調シート生地や木目パネルを採用した仕様だ。

「リミテッドレザー」では、タン(茶)色の本革シートを採用。「サルサグリーン」には、鮮やかなグリーンで統一された内装を与えた。

(webCG 有吉)


日産自動車:
http://www.nissan.co.jp/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ティアナの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産ティアナXV(FF/CVT)【試乗記】 2014.3.5 試乗記 日産の世界戦略車のひとつである「ティアナ」が3代目にバトンタッチ。初代から続く、上質感や快適性はどのように継承されたのかをチェックした。
  • 日産ティアナ(後編) 2014.1.20 画像・写真 3代目となる新型「日産ティアナ」の詳細な姿を、写真で紹介する。
  • 日産ティアナ(前編) 2014.1.20 画像・写真 3代目となる新型「日産ティアナ」の詳細な姿を、写真で紹介する。
  • 日産シルフィ G(FF/CVT)【試乗記】 2013.3.6 試乗記 日産シルフィ G(FF/CVT)
    ……238万9800円

    日本におけるコアターゲットは「60代の、妻とふたり暮らしの男性」。長年セダンを乗り継いできた熱心なオーナーへ向け、日産がささげる「アガリの一台」は、どのようなクルマに仕上がっているのか。
  • ジュネーブショー2017の会場から(その14) 2017.3.10 画像・写真 富士重工は第87回ジュネーブ国際モーターショー(開催期間:2017年3月7日~19日)で、新型「スバルXV」(欧州仕様)を世界初公開した。その姿を画像で紹介する。併せて、スズキとマツダのブースの様子を紹介する。
ホームへ戻る