新顔の「スバル・フォレスター」にSTIバージョン追加

2005.04.26 自動車ニュース

新顔の「スバル・フォレスター」にSTIバージョン追加

富士重工業は、マイナーチェンジした新しい「スバル・フォレスター」に、2.5リッターターボを搭載する「STIバージョン」を追加設定。2005年5月6日に発売する。価格は311万8500円。




フォレスターのSTIバージョンは、2004年2月に行われた2代目フォレスターのマイナーチェンジと同時に追加されたスポーティモデルである。スバルの国内モデルで唯一2.5リッターターボを搭載し、ラリーワークスのSTIらしく、足まわりやブレーキを強化。ボディ剛性を高めるなどのチューンを施した“走り”のスペシャルバージョンが、2005年1月にマイナーチェンジを受けた新しいフォレスターに追加された。


240km/hスケールの速度計を採用したこともニュース。

基本は従来と変わらない。パワートレインは、ターボチャージャーを備える2.5リッター水平対向4気筒(265ps、38.5kgm)に6段MTの組み合わせ。標準より30mm低いスポーツサスペンションやブレンボ製ブレーキシステム、前後LSDなどに加え、フロントクロスメンバーを強化するなどして、足腰のポテンシャルをアップした。
新型はこれに加え、シフトストロークの最適化や、ステアリングギアボックス取り付け構造の見直しによるコントロール性の向上など、さらなる改良が行われたという。

エクステリアは、低められた車高とともに、専用バンパー&グリル、18インチタイヤなどでスポーティに演出。インテリアも、前席にアルカンターラを使用したバケットシートを装着するが、リアシートは6:4の分割可倒式とするなど、ワゴンとしての実用性もわすれていない。

(webCGオオサワ)

富士重工業「フォレスターSTIバージョン」:
http://www.subaru.co.jp/forester/stiversion/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

フォレスターの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スバル・レガシィアウトバック リミテッド(4WD/CVT)【試乗記】 2015.1.14 試乗記 「ツーリングワゴン」がベースの派生モデルという出自でありながら、今や「レガシィ」シリーズの主軸を担うまでに成長を遂げたクロスオーバーSUV「レガシィアウトバック」。新型の実力を、上級グレードの「リミテッド」で試した。
  • スバル・フォレスター2.0XT EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.1.11 試乗記 安全装備の強化や運動性能の向上、快適性の改善など、スバルのミドルサイズSUV「フォレスター」が大幅な改良を受けた。進化を遂げた現行モデルの実力を、280psを発生する直噴ターボエンジンを搭載した最上級グレード「2.0XT EyeSight」で確かめた。
  • スバル・エクシーガ クロスオーバー7 2.5i EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2015.6.8 試乗記 スバルの多人数乗用モデルである「エクシーガ」が、SUVテイストの仕立てと「クロスオーバー7」の車名を得て“再”登場。ラインナップ戦略に見るその狙いと、実際のプロダクトの仕上がりをチェックする。
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
  • フォルクスワーゲン・ティグアン TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.11 試乗記 8年ぶりにフルモデルチェンジしたフォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン」に試乗。現段階では、1.4リッターのTSIエンジンに前輪駆動のみの品ぞろえ。インフォテインメントシステムの強化も見どころのひとつだ。
ホームへ戻る