新顔の「スバル・フォレスター」にSTIバージョン追加

2005.04.26 自動車ニュース

新顔の「スバル・フォレスター」にSTIバージョン追加

富士重工業は、マイナーチェンジした新しい「スバル・フォレスター」に、2.5リッターターボを搭載する「STIバージョン」を追加設定。2005年5月6日に発売する。価格は311万8500円。




フォレスターのSTIバージョンは、2004年2月に行われた2代目フォレスターのマイナーチェンジと同時に追加されたスポーティモデルである。スバルの国内モデルで唯一2.5リッターターボを搭載し、ラリーワークスのSTIらしく、足まわりやブレーキを強化。ボディ剛性を高めるなどのチューンを施した“走り”のスペシャルバージョンが、2005年1月にマイナーチェンジを受けた新しいフォレスターに追加された。


240km/hスケールの速度計を採用したこともニュース。

基本は従来と変わらない。パワートレインは、ターボチャージャーを備える2.5リッター水平対向4気筒(265ps、38.5kgm)に6段MTの組み合わせ。標準より30mm低いスポーツサスペンションやブレンボ製ブレーキシステム、前後LSDなどに加え、フロントクロスメンバーを強化するなどして、足腰のポテンシャルをアップした。
新型はこれに加え、シフトストロークの最適化や、ステアリングギアボックス取り付け構造の見直しによるコントロール性の向上など、さらなる改良が行われたという。

エクステリアは、低められた車高とともに、専用バンパー&グリル、18インチタイヤなどでスポーティに演出。インテリアも、前席にアルカンターラを使用したバケットシートを装着するが、リアシートは6:4の分割可倒式とするなど、ワゴンとしての実用性もわすれていない。

(webCGオオサワ)

富士重工業「フォレスターSTIバージョン」:
http://www.subaru.co.jp/forester/stiversion/

関連キーワード:
フォレスタースバル自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】
    2017.7.17 試乗記 新型へとフルモデルチェンジした「スバルXV」。新開発の2リッターエンジンを搭載した最上級グレード「2.0i-S EyeSight」に試乗し、スバルの人気クロスオーバーの実力と、従来モデルからの進化のほどを確かめた。
  • 第73回:伊達軍曹、スバリストになる!? 2018.1.16 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第73回は「伊達軍曹、スバリストになる!?」。筆者が率いるカーマニア集団「MJ戦略参謀本部」、そこに属する個性派メンバー達のこだわりとは? 共にスバリストを自認する守旧派VS改革派(!?)が激突する!
  • フォルクスワーゲン・オールラインナップ試乗会【試乗記】 2017.12.20 試乗記 フォルクスワーゲンが最新モデル24台を集めたオールラインナップ試乗会を開催。新たなフラッグシップの「アルテオン」と、「ゴルフ」のホットバージョン2台を連れ出し、その出来栄えを確かめた。
  • スバル・レガシィ アウトバック リミテッド(4WD/CVT)【レビュー】 2018.1.19 試乗記 30年を超える歴史を持つ“筋金入り”のクロスオーバーSUV「スバル・レガシィ アウトバック」が、マイナーチェンジで商品力をアップ。スバルのこだわりが詰まったフラッグシップモデルの実力を、スキーシーズンを迎えた冬の霧ヶ峰で確かめた。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア スーパー(FR/8AT)【試乗記】 2018.1.15 試乗記 イタリア車の長所を伸ばし、短所をうまく補った……。「アルファ・ロメオ・ジュリア」は、ドライブした者にそんな印象をもたらすニューモデルだ。仮想敵(?)と目されるクルマを自家用車とする清水草一が、愛車との比較も交えた試乗リポートをお届けする。
ホームへ戻る