第208回:「MINIコンバーチブル日記」(その3)“イギリス様式のドイツ車”が世界を制す!?

2005.04.25 小沢コージの勢いまかせ!

第208回:「MINIコンバーチブル日記」(その3)“イギリス様式のドイツ車”が世界を制す!?

「MINIコンバーチブル」
(写真=BMW)
「MINIコンバーチブル」

(写真=BMW)
かつてのMINIと2ショット。
(写真=BMW)
かつてのMINIと2ショット。

(写真=BMW)
最新の「ロールスロイス・ファントム」
(写真=Rolls-Roys Motor Cars)
最新の「ロールスロイス・ファントム」

(写真=Rolls-Roys Motor Cars)

■ドイツ製機械+英国製ファッション=?

あー、絶好調です。我がMINIコンバーチブル君。最近、ナビ付けたし(今度報告します)、走行距離が2000?を超えたし(遅いって!)、エンジンぶん回しまくり。って別に最初っから全然気ィ使ってないですが。

で、改めてここで言いたいんだけど、最近、俺が好んで使ってる「最新ヒット車の法則」ってのがあります。それは「イギリス様式のドイツ車がイイ」ってこと。知ってる人は知ってるはずだけど、BMWが作った「レンジローバー」を始め、同じくBMW製のロールスの最新「ファントム」もそうだし、「ベントレー・コンチネンタルGT」もそうだよね。中身はフォルクスワーゲン「フェートン」で、非常にデキがいい。我らがMINIも当然そうなわけですよ。中身完全に BMWプロデュース。

単純にウケる理由を考えると、MINIのキャラクターはもちろん、品質がいいドイツ車のイギリスファッション版ってことで、選べるバリエーションが増えたからなんだけど、俺はもうちょっと相応しい理由があると思う。それはね、ドイツ車特有の“兵器っぽさ”をイギリス趣味がほどよく打ち消してくれるからなのだ。

ドイツ車ってどんなに良くってもどうにも消しがたい“合理主義”臭さが残る。ベンツしかりポルシェしかりBMWしかりで、カタチはどうにも空力優先だし。なんていうかなぁ、完全に偏見なんだけど、どんなに面白い人でも東大卒、慶応早稲田卒の人が実は硬い感じがするのにも似ている。
タレントの菊川玲が思いっきりお笑いに走っても、どっかオスマシして見えちゃうようなもので、ある意味、その人の限界。ま、学歴社会が生んだ思いこみであり、その例に漏れる人も多いんだけど、実際問題、頭のいい奴ってしゃべり方から服装からスキがないのよ。大抵はね。

1929年の「ロールスロイス・ファントムI BARKER SEDANCA」
(写真=Rolls-Roys Motor Cars)
1929年の「ロールスロイス・ファントムI BARKER SEDANCA」

(写真=Rolls-Roys Motor Cars)
ベントレーの最新モデル「コンチネンタル フライング スパー」
(写真=Bentley Motors)
ベントレーの最新モデル「コンチネンタル フライング スパー」

(写真=Bentley Motors)

■薄まる“兵器臭”

話は飛んじゃったけど、それと同様、つくりのいい、工業製品として優れたドイツ車にはどうにも鼻に付く“エリート臭”みたいのがある。あるいは完成度の高いメカがゆえの“兵器臭”。

だけど、そこにイギリス特有の“伝統”だとか“様式”が加わると、いい具合に懐の広い高級感に変わるんだよね。そこに最新MINIやベントレーやロールスがウケている、根本的な理由があるように思う。イメージとしては、没落貴族と新興金持ちが結婚して教養も見識も実力も得たパターン。
と同時に、ウッドと本革に代表されるイギリス様式の凄さを改めて認識させられますな。別にイギリスに行ったことない人にも、「歴史」と「高貴さ」と同時に「人間臭さ」を感じさせる様式。やっぱ凄いわ。
それはきっと日本が誇る「京都の街並み」が持つパワーと全く同じ。つまり日本の“籠”みたいなクルマもありだったりして!? なーんてちょっと難しすぎるか。
ま、話が取りとめもなくなりましたが、結局、MINIはいいとこ取りなんですよ。

あと最近、知らなかったけどここ数年、BMW製品って初回1000kmでのオイル交換とか1ヵ月後の定期点検を必要としないんだってね。エコロジーの観点もあって、プログラム自体がない。感心してしまいました。
では、また報告いたしますです。
(文=小沢コージ/写真=/2005年4月)

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』

あなたにおすすめの記事
新着記事
  • トヨタ・アクア/アクア クロスオーバー

    トヨタ・アクア/アクア クロスオーバー

    2017.6.23画像・写真
    モデルライフ半ばのマイナーチェンジで、内外装のデザインやパワーユニット、足まわりなどに手が加えられた「トヨタ・アクア」。全5グレードの中から、「アクア クロスオーバー」と「アクアG」の姿を写真で紹介する。
  • CAR LIFE with Dyson

    CAR LIFE with Dyson

    2017.6.23CAR LIFE with Dyson <PR>
    モータージャーナリストの藤島知子さんとwebCG編集部員が愛車を徹底的に掃除する!ダイソンが2017年5月に発売したコードレス・ハンディークリーナー、Dyson V6 Car + Boat Extraの実力やいかに?
  • Dyson V6 Car + Boat Extra vol.4

    Dyson V6 Car + Boat Extra vol.4

    2017.6.23CAR LIFE with Dyson <PR>
    webCG編集部内において、いつの間にやらすっかり少数派となった独身男子。数少ない“生き残り”のひとりである編集ほったが、「Dyson V6 Car + Boat Extra」とともにマイカーである「ダッジ・バイパー」の清掃に臨む。
  • Dyson V6 Car + Boat Extra vol.3

    Dyson V6 Car + Boat Extra vol.3

    2017.6.23CAR LIFE with Dyson <PR>
    「Dyson V6 Car + Boat Extra」の吸引力を確かめるべく、家族5人、2泊3日のキャンプを行った後に掃除を行った。想像以上のコードレス掃除機体験やいかに。webCG編集部きってのキャンプ名人、折戸がリポートする。
  • Dyson V6 Car + Boat Extra vol.2

    Dyson V6 Car + Boat Extra vol.2

    2017.6.23CAR LIFE with Dyson <PR>
    楽しい家族ドライブ。しかしその後には、菓子の食べこぼしに、土、砂、ホコリと、車内の掃除が待っている。「Dyson V6 Car + Boat Extra」があれば車内清掃も楽しくなる? webCG編集部のSAGがリポートする。
  • Dyson V6 Car + Boat Extra vol.1

    Dyson V6 Car + Boat Extra vol.1

    2017.6.23CAR LIFE with Dyson <PR>
    モータージャーナリストの藤島知子さんは、取材で東奔西走する毎日を過ごしている。愛車の「アウディS1」は休む間もなく走り回り、本格的に掃除をする時間がなかなかとれないのが悩みだそうだ。わかりました、それでは今日は「Dyson V6 Car + Boat Extra」で、徹底的にS1をきれいにしてあげてください!