第63回:枯れゆくブナの山、檜洞丸(その12)(矢貫隆)

2005.04.24 エッセイ

第63回:枯れゆくブナの山、檜洞丸(その12)(矢貫隆)

丹沢のブナを枯らしているのは酸性霧やオゾンだという。しかし、それら原因物質の元を辿れば、我々が日々享受している、自動車物流を中心とした便利さに行き着くのだ。

■物流システムの大胆な転換

神奈川県が出した『丹沢大山自然環境総合調査報告書』は、被害が出ている南東斜面では常に北東斜面よりもpH値の低い霧が出ていたとして、それが檜洞丸南東斜面のブナに影響を与えた可能性を否定していない。

けれど、それよりも同報告書が強い調子で可能性、つまり、ブナの枯死の原因を指摘するのは、オゾンによる影響だった。
オゾンはきわめて強力な酸化作用をもっているのだけれど、環境基準を大幅に超える高濃度のオゾンが南東斜面に発現する頻度は、北東斜面のそれよりも高いと報告している。

そして、その結論部分では次のように書いていた。
「檜洞丸山頂付近でのブナ衰退にオゾンが影響を及ぼしている可能性は十分考えられる」
オゾンもまた、酸性霧と同様、元を辿れば、その多くが窒素酸化物に行き着く。

「窒素酸化物の排出量は増え続けていて、その半分が自動車排ガスによるものなんですよね。どうしましょう?」
どうしましょうって俺に言われてもねぇ。
特に東京都はディーゼル車に厳しい対応を打ち出しているし、石油業者もそれなりの対策を出し始めている。自動車業界も。だけど、それでは間に合わないくらいの勢いで状況は悪くなっている。

そう考えると、これは僕が何度か『CG』誌で書いてきたことだけれど、物流システムの大胆な転換が必要なんじゃないだろうか。

物流の大部分がトラック輸送に依存している現状が問題なのだと思う。東京のコンビニで荷物を出したら、翌日には大阪に着いてる。そんな便利な世の中にはなったけれど、それはひとえに物流の大部分がトラック輸送になったからであるというのは間違いのない事実。

日本人は、この便利さを捨てることは、たぶんできないだろう。だとすれば、便利さを残しつつ、かつトラック輸送に負けない新たな物流システムを考えていくしか道はない。たとえば新幹線貨物を実現させるとか。

「そんなこと、できますかね!?」
難しいよね。旧国鉄がJRになったとき、貨物駅だった土地の多くを売却してしまったから。でも、それでも何か抜本的な対策を見つけ出さないと、ディーゼル車規制くらいでは問題は解決しないと思う。

被害は植物にだけ出ているわけではない。スギ花粉症しかり、気管支喘息しかり、だし。要するに、事態は「クルマで登山」している場合じゃないくらい深刻なのだ。(この回おわり)

(文=矢貫隆/2005年4月)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

矢貫 隆

矢貫 隆

1951年生まれ。長距離トラック運転手、タクシードライバーなど、 多数の職業を経て、ノンフィクションライターに。 自動車専門誌「NAVI」(二玄社)に「交通事件シリーズ」(終了)、 同「CAR GRAPHIC」(二玄社)に「自動車の罪」「ノンフィクションファイル」などを手がける。 「自殺-生き残りの証言」(文春文庫)、「通信簿はオール1」(洋泉社)など、著書多数。