【スペック】全長×全幅×全高=4755×1810×1450mm/ホイールベース=2755mm/車重=1510kg/駆動方式=FF/3リッターV6DOHC24バルブ(226ps/6150rpm、28.6kgm/4900rpm)/価格=430.5万円(テスト車=同じ)

フォード・モンデオST220(6MT)【試乗記】

涼しい顔したすごいヤツ 2005.04.21 試乗記 フォード・モンデオST220(6MT) ……430.5万円 ヨーロッパ・フォードの旗艦「モンデオ」に高性能シリーズ「ST」が追加された。ハイパフォーマンスセダン「モンデオST220」に、自動車ジャーナリストの森口将之が試乗した。

「ST」はシブイ

ヨーロッパフォードのスポーツモデル、STシリーズで気に入っているのは、たたずまいの渋さだ。
たとえばこのモンデオST220。シックなブルーをまとったボディは、ベースモデルそのままの端正な3ボックス4ドアセダンだ。ホイールが18インチと大径なので、ハイパフォーマンス・バージョンだとわかるけれど、巨大なエアダムやリアウイングでこれ見よがしにアピールすることはない。

ネーミングも渋い。GTなどのありふれた称号ではなく、スポーツ・テクノロジーズの頭文字をとってST。組み合わせる数字は排気量ではなく、最高出力を示す。わかる人にはわかるというこの名づけかたが、カッコいい。

インテリアは、スポーツセダンとして見ると地味な感じもするけれど、この控えめな演出がいいという人は少なくないはず。それでいてシルバーのメーターやパネルが、クールな雰囲気をほのかにプラスしている。おとなっぽい。
レカロ製のフロントシートは、ひとことでいえばヨーロッパサイズ。身長170cmの典型的日本人にとっては、クッションは前後に長くてひざの裏に圧迫感があるし、腰はしっかりホールドしてくれるのだが、上半身はルーズフィットだったりする。ほかのレカロと同じように、足長で肩幅の広い人を基準にしているようだ。

自動車ジャーナリストの森口将之

自動車ジャーナリストの森口将之
    
    拡大


フォード・モンデオST220(6MT)【試乗記】の画像 拡大


フォード・モンデオST220(6MT)【試乗記】の画像 拡大

リズムの合った加速感

3リッターV6エンジンは、いまとなっては懐かし系ともいえる、低くしっとりした鼓動を響かせアイドリングを始めた。足応えはあるが、つながりがわかりやすいクラッチペダルを踏み、確実なタッチの6速MTのシフトレバーをローにセレクトして走り出す。ここでも低周波の落ち着いたサウンドはそのまま。吹け上がりはなめらかだが、その中にV6ならではのビートがほのかにブレンドされていて、それが心地よく響いてくる。

約1.5トンのボディに3リッターだから、低回転のトルクは十分。それを生かして、高めのギアをホールドしたまま、アクセルペダルだけでスピードをコントロールするのも、わけはない。けれども、そのまま回していくと、4000rpmを越えたあたりで吹け上がりが鋭くなり、音もピッチがそろってくる。
だから気分が乗っているときは、このあたりを使って走りたくなる。そこで右足を深く踏み込めば、鋭すぎず鈍すぎずのレスポンスのあとに、力強いダッシュが手に入る。

ひとつひとつの反応があまりにも自然なので、最初はわからないけれど、気がつくと乗り手の気持ちは確実に高揚している。鋭いレスポンスやカン高いサウンドといった、わかりやすい演出はないけれど、人間のリズムに合った加速感だから、素直に心地よいと感じることができるのだろう。

文句なく楽しい

油圧式のパワーステアリングは、速度や舵角で重さや鋭さが変わったりせず、ホッとするような素直な手応えを返してきてくれる。そのステアリングを操って、ワインディングロードに挑むと、ノーズに重いV6を積んでいるとは思えないほど、切ったとおりに曲がっていくのに驚かされる。そして立ち上がりで は、フロントタイヤを暴れさせることなく、226psを前2輪できっちり路面に伝え、きれいに加速していく。

3リッターV6の前輪駆動という、運動性能からいえばきびしい状況にあるクルマとは思えないほど、ST220は涼しい顔をして、当たり前のようにコーナーをこなしていった。しかも乗り心地だって悪くない。硬めだがストロークの長い足が、あらゆるショックをしっとり受け止めてくれる。自分はもしかして、すごいクルマに乗っているのではないか。そんな気持ちが、しだいに盛り上がっていった。

ひとつだけ気になったのはブレーキで、もう少しカチッとしたタッチが欲しいと思った。でもこの感触にさえ慣れれば、絶対的な制動力はあるので、安心してペースを上げることができた。

プレミアムブランドのおもてなしはないし、デザインやサウンドでときめかせてくれるわけでもない。でもモンデオST220は、文句なく楽しい。エンジンもシャシーも、あらゆる部分が自然に動き、高次元の仕事をやってのける。しかも電子制御に頼りすぎず、基本のメカニズムを磨き上げて高性能をものにしている。そんな、いまでは少数派になりつつある正統派のクルマ作りが、ストレートな感動となって押し寄せてくる。

だだっ広い野原で大の字になったときの心地よさ。近海モノの魚を刺身でいただくときのうれしさ。おとなびたたたずまいの内側は、そんな飾り気のないドライビングプレジャーであふれていた。こういうクルマを1台でも多く、少しでも長く残してほしいと、心から願った。

(文=森口将之/写真=峰昌宏/2005年4月)

関連キーワード:
モンデオセダンフォード試乗記

あなたにおすすめの記事