トヨタの最上級ミニバン「アルファード」シリーズ、マイナーチェンジ

2005.04.20 自動車ニュース
 

トヨタの最上級ミニバン「アルファード」シリーズ、マイナーチェンジ

トヨタ自動車は、同社の最上級ミニバンである「アルファード」シリーズをマイナーチェンジし、2005年4月19日に発売した。

 

今回の改良の眼目は、内外装および装備のリフレッシュ、そして3リッター車に組み合わせる5段ATの採用だ。

「アルファードG」と「アルファードV」(両車の違いは販売チャネル)においては、フロントのグリル、バンパー、ヘッドランプ、リアのコンビネーションランプ、ガーニッシュのデザインを変更。「アルファードハイブリッド」は、フロントのグリル、ヘッドランプの意匠を変えるなどした。

インテリアでは、インストルメントパネルやシート表皮のデザイン変更、新タイプのオプティトロンメーターの採用などがポイント。
装備面では、先頃発表された情報ネットワークサービス「G-BOOK」のバージョンアップ版「G-BOOK ALPHA」が初搭載された。

GとVの3リッターV6モデルは、1段増えて5段オートマチック仕様に。さらに、2.4リッター直4エンジン搭載車は、排ガスクリーン化で国土交通省の低排出ガス車認定制度「平成17年基準排出ガス75%低減レベル」「平成22年度燃費基準+5%」をクリアし、グリーン税制による減税措置対象車となった。

その他、夜間のワインディングロード走行時の視認性を高めるという「インテリジェントAFS(アダプティブ・フロントライティング・システム)」、車両左側の確認を補助し、左折時の内輪差による障害物との接触回避をサポートするという「サイドモニター」なども取り入れられた。

価格は、アルファードG/Vが283.5万円から432.6万円、アルファードハイブリッドは384.3万円から453.0万円まで。
なお福祉車両「ウェルキャブ」にも同様の改良を施した。

(webCG 有吉)

 


トヨタ自動車「アルファードG」:
http://toyota.jp/alphardg/
同「アルファードハイブリッド」:
http://toyota.jp/alphardhybrid/

関連キーワード:
アルファードトヨタ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・アルファード ハイブリッド/ヴェルファイア【試乗記】 2018.2.6 試乗記 マイナーチェンジが施された、トヨタの高級ミニバン「アルファード」「ヴェルファイア」に試乗。デザインのみならず、エンジンやシャシーにまで手が加えられたその仕上がりは、圧倒的な商品力のさらなる強化を実感させるものだった。
  • BMW M5(4WD/8AT)【試乗記】 2018.4.19 試乗記 初代のデビューから30年以上の歴史を持つ、BMWのハイパフォーマンスセダン「M5」に試乗。6代目にして初めて4輪駆動システム「M xDrive」を採用した、その走りとは? 最高出力600psオーバーを誇るライバル車との比較を交えつつリポートする。
  • ホンダ・レジェンド ハイブリッドEX(4WD/7AT)【試乗記】 2018.3.29 試乗記 モデルライフ半ばのマイナーチェンジが施された、ホンダのフラッグシップセダン「レジェンド」に試乗。ボディー剛性の強化や4WDシステムの制御変更により追求された、“意のままになる走り”を確かめた。
  • トヨタ・ヴェルファイアZG(FF/8AT)【試乗記】 2018.3.9 試乗記 トヨタのフラッグシップミニバンとして、根強い人気を誇る「アルファード/ヴェルファイア」。極東の自動車大国・ニッポンで、コワモテの四角い高級車がここまで支持を集める理由とは何か? その文化的背景と、高級ミニバンの歩むべき道について考えてみた。
  • ホンダ・シビックハッチバック(FF/6MT)【試乗記】 2018.1.16 試乗記 6年ぶりに日本市場に復活した「ホンダ・シビック」。発売後約1カ月間の受注比率で35%を占めたという「ハッチバック」の6段MT仕様は、あるいは今回の復活劇の、陰の主役と言えるかもしれない。高速道路を一路西へ、箱根のワインディングロードを目指した。
ホームへ戻る