両足だけで運転できる「ホンダ・フィット」

2005.04.15 自動車ニュース

両足だけで運転できる「ホンダ・フィット」

本田技研工業は、両上肢障害者のために両足で運転ができるようにした装置「ホンダ・フランツシステム」を、コンパクトカー「フィット」に装着可能とし、2005年4月14日に発売した。

「フランツシステム」とは、1965年ドイツで両上肢を事故で失った電気技師エーベルハルト・フランツ氏が開発したもの。同氏から直接技術指導を受けたホンダが独自の技術を加え、さらに使いやすくしたのが「ホンダ・フランツシステム」なのだという。

足の前後回転運動でステアリングを操作するこのシステムは、1982年に「シビック」に装着してリリースされ、以後69台が納車されたという。現行ラインナップでは「シビック・フェリオ」に次いで「フィット」が2車種目となる。

装置装着のみならず、運転者にフィットするようオーダーメイドで設計。免許取得から運転指導まで一貫してサポートするのがホンダの特徴だ。

価格は、車両本体価格に、それぞれのニーズに合わせた機能部品取り付け費を加えて決まる。なお同車でマニュアルトランスミッションは選べない。

(webCG 有吉)

本田技研工業「ホンダ・フランツシステム」:
http://www.honda.co.jp/welfare/function/franz/

両足だけで運転できる「ホンダ・フィット」の画像

ステアリング操作は、左足にあるスリッパのようなペダルで行う。ドライブ、バックなどのシフトは右足で、パーキングブレーキは左ひざでコントロール。もちろんドアの開け閉め、シートベルト装着(自動)、各種スイッチ操作も足だけでできる。

ステアリング操作は、左足にあるスリッパのようなペダルで行う。ドライブ、バックなどのシフトは右足で、パーキングブレーキは左ひざでコントロール。もちろんドアの開け閉め、シートベルト装着(自動)、各種スイッチ操作も足だけでできる。
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・フィット ハイブリッドS(FF/7AT)/ハイブリッドL(FF/7AT)/RS(FF/6MT)【試乗記】 2017.7.22 試乗記 デビューから約4年を経て、3代目「ホンダ・フィット」がマイナーチェンジ。声高にうたわれるのはデザインの変更と先進安全装備の充実だが、試乗して感じたのは、クラスのレベルに収まりきらない、クルマとしての基本性能の向上だった。
  • ホンダ・フィット ハイブリッドS Honda SENSING 2017.6.29 画像・写真 ホンダのコンパクトモデル「フィット」がマイナーチェンジ。大幅なデザイン変更が施された改良モデルのなかから、スポーティーな意匠を特徴とするハイブリッドの上級グレード「ハイブリッドS Honda SENSING」の姿を写真で紹介する。
  • スバル・レヴォーグ/WRX S4/WRX STI【試乗記】 2017.7.21 試乗記 商品力を高めるべく、大幅改良が施された「スバル・レヴォーグ」「WRX S4」「WRX STI」。シンメトリカルAWDとターボエンジンが組み合わされた走り自慢の3モデルだが、実際に触れてみると、走り以外にも随所に“スバルらしさ”が見受けられた。
  • トヨタ・アクアG“ソフトレザーセレクション”(FF/CVT)【試乗記】 2017.8.4 試乗記 トヨタの売れ筋ハイブリッドカー「アクア」がマイナーチェンジ。デザインの手直しに加えてボディー剛性の強化や燃費の向上などさまざまなテコ入れが施された、最新型の走りを報告する。
  • ホンダ・シビックセダン 2017.7.27 画像・写真 新型「ホンダ・シビック」シリーズの中でも最もフォーマルな装いのセダン。オプションの「レザーパッケージ」が装着されたモデルと、ベーシックなファブリックシートのモデルの2台のディテールを、写真で紹介する。
ホームへ戻る