両足だけで運転できる「ホンダ・フィット」

2005.04.15 自動車ニュース

両足だけで運転できる「ホンダ・フィット」

本田技研工業は、両上肢障害者のために両足で運転ができるようにした装置「ホンダ・フランツシステム」を、コンパクトカー「フィット」に装着可能とし、2005年4月14日に発売した。

「フランツシステム」とは、1965年ドイツで両上肢を事故で失った電気技師エーベルハルト・フランツ氏が開発したもの。同氏から直接技術指導を受けたホンダが独自の技術を加え、さらに使いやすくしたのが「ホンダ・フランツシステム」なのだという。

足の前後回転運動でステアリングを操作するこのシステムは、1982年に「シビック」に装着してリリースされ、以後69台が納車されたという。現行ラインナップでは「シビック・フェリオ」に次いで「フィット」が2車種目となる。

装置装着のみならず、運転者にフィットするようオーダーメイドで設計。免許取得から運転指導まで一貫してサポートするのがホンダの特徴だ。

価格は、車両本体価格に、それぞれのニーズに合わせた機能部品取り付け費を加えて決まる。なお同車でマニュアルトランスミッションは選べない。

(webCG 有吉)

本田技研工業「ホンダ・フランツシステム」:
http://www.honda.co.jp/welfare/function/franz/

両足だけで運転できる「ホンダ・フィット」の画像

ステアリング操作は、左足にあるスリッパのようなペダルで行う。ドライブ、バックなどのシフトは右足で、パーキングブレーキは左ひざでコントロール。もちろんドアの開け閉め、シートベルト装着(自動)、各種スイッチ操作も足だけでできる。

ステアリング操作は、左足にあるスリッパのようなペダルで行う。ドライブ、バックなどのシフトは右足で、パーキングブレーキは左ひざでコントロール。もちろんドアの開け閉め、シートベルト装着(自動)、各種スイッチ操作も足だけでできる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

フィットの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ホンダ・フィットRS(FF/MT)【試乗記】 2013.11.13 試乗記 登場以来、好調な売れ行きが伝えられるホンダの人気コンパクトカー「フィット」。そのスポーティーモデル「RS」の走りをじっくりと検証した。
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
  • 三菱デリカD:5 Dプレミアム(4WD/6AT)【レビュー】 2017.1.9 試乗記 今年でデビュー10周年! 三菱のロングセラーミニバン「デリカD:5」で、冬の白根山系をドライブ。「SUVとミニバンのクロスオーバー」という、ユニークなコンセプトを掲げて登場した同車の出来栄えを、雪山で試した。
  • 設計一新 スズキが新型「スイフト」を発表 2016.12.27 自動車ニュース スズキが新世代プラットフォーム「ハーテクト」を採用した新型「スイフト」を発表。従来モデルから大幅な軽量化を実現したほか、直噴ターボ車やマイルドハイブリッドを設定するなど、パワーユニットの拡充も図られている。
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
ホームへ戻る