第206回:スクープ最終章!? マネーの虎その後 「さすがにここまでは“想定外”ですよ」

2005.04.15 エッセイ

第206回:スクープ最終章!? マネーの虎その後 「さすがにここまでは“想定外”ですよ」

今日は緊急を要するために駅前の某カフェでインタビュー。ハプニングは突然に! って当たり前か!?
第206回:スクープ最終章!? マネーの虎その後 「さすがにここまでは“想定外”ですよ」

2回に渡ってお伝えしてきた“マネーの虎”ことオートトレーディングルフトジャパン社長、南原竜樹さんの“今後”。要するにMGローバーほか、一連のマイナー系イギリス車の正規輸入元だ。果たして4月になっても南原さんは社長でいられるのか? が争点だったのが、ここに来て、それ以上の超ビッグプロブレム勃発!! そう、一部ニュースで報道された通り、本家本元イギリスMGローバー本社が4月初頭に経営危機! というのだ。ぐわがががーん。ホリエモン vs. フジテレビ対決より、ある意味劇的かも?

■いきなりハシゴを外された

小沢:いやー南原さん、一体どーなってるんですか。まさかここまで波乱万丈とは……。
南原:それは僕の方が聞きたいくらいだよ。数年前の山一證券倒産と同じで、僕らも新聞報道ぐらいしか情報がないんだから。でもここまでくるとさすがのボクも怒りたくなるよね。なんじゃコリャーって! せっかくトラブルをなんとか修正して、これからってときにいきなりハシゴを外された感じ。さすがにここまでは“想定外”ですよ(笑)。
小沢:そのわりに落ち着いてるのがナンバラさんらしいですけど、実際、最近はどうなってたんですか。イギリス本社が潰れたらどうなるんですか。
南原:つい先日までは、筆頭株主に某社が入って後はいままで通りという話になってました。でも、本社倒産だったら、ウチは10億円の損害だね。いままでつぎ込んで投資したお金が全部パー。それだけは間違いない。


第206回:スクープ最終章!? マネーの虎その後 「さすがにここまでは“想定外”ですよ」

■自動車メーカーは残る

小沢:全然、戻ってこないんですか。保険に入ってるとか?
南原:“本社倒産保険”なんてあるわけないじゃない。回収できませんよ。
小沢:そっか。まったくもって正規輸入代理店ってリスクの塊ですね。
南原:そんなことはないよ。三菱自動車を見ればわかる通り、最近では国を代表する自動車メーカーが完全に潰れたことなんて一度もないんだから。これはあくまでも “想定外”。フィアットにしても潰れる潰れるっていわれてて潰れないし、輸入車メーカーにしてもブランドだけは大抵残るでしょ。
小沢:たしかに、ベントレーにしろマセラティにしろランボルギーニにしろ、大手に吸収されただけだし、ブガッティみたいに後で復活するブランドもある。いすゞにしたって乗用車部門から撤退しただけですからね。
南原:そういう意味ではローバーだって、なんだかんだいってもイギリスではかなりの台数が走ってるし、完全に潰れはしないけどね。イギリス政府も「パーツ屋さんは支援する」って言ってるし。
小沢:本当にそうなった場合、日本ではどうなるんですか。
南原:部品やサービスは提供できると思うよ。イギリスに確実に市場が残るし。


第206回:スクープ最終章!? マネーの虎その後 「さすがにここまでは“想定外”ですよ」

■オートトレーディングは……?

小沢:聞きにくいんですけど、オートトレーディングは潰れないんですか。
南原:あはは。その可能性は皆無に近いね。ウチは純資産が10億円以上あるし、実は無借金経営に近いんだから。
小沢:じゃ、逆に大リスクが減ってスッキリ! とは行かないんですか。
南原:そうもいきませんね。やっぱりこれまで2年やってきて、「もうそろそろ信用できたし、買うよ」と言っていたお客様が、今度のことで消えてしまった。損害は大きいし、大幅な方向修正を覚悟しなければならない。
小沢:でもここからロータス、TVRと手堅く売って、さらに並行輸入を復活させるとか。あるいはメルセデスとかBMWとか確実に売れるクルマの正規販売店をやるって話は。
南原:それはあんまり考えてないね。とにかくシミュレーションし直すから見ててよ。
小沢:ところで実際、MGローバーはどうなりますかね。
南原:それは今後静観するしかないけど、僕は大手が買えばいいのに、と思っていた時期があるんだ。たとえばトヨタとか。
小沢:えっ、トヨタ?
南原:というのも、クルマの販売はシェア50%を超えると破綻するという説がある。要するにどんなに良くできたクルマでも、一定以上の人は他と同じクルマに乗らないということだよ。つまり他のブランドが欲しくなる。だからトヨタがローバーを買うって話も悪くなかったはずなんだ。ドイツのフォルクスワーゲンだってアウディ、セアト、シュコダを買ったわけだし、アメリカのゼネラルモーターズだって、実は複数ブランドの集合体でしょ。
小沢:たしかに。
南原:そうすればイギリス政府に恩は売れるし、ほぼ自動車発祥の地という栄光の歴史も手に入る。
小沢:(会社の)値段もめちゃくちゃ安いですしね。でも、トヨタはきっと新しいブランドを「自分で作る」と決めたんですよね。レクサスとか。
南原:そうなんだろうね。
小沢:じゃ、どうなりますか。
南原:神のみぞ知るだよ(笑)。

相変わらずヒョウヒョウとした南原さん。実はこのスクープ、まだまだ続いたりして!?

(文と写真=小沢コージ/2005年4月)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』