「マツダ・デミオ」マイナーチェンジ、エコ性能向上

2005.04.14 自動車ニュース

「マツダ・デミオ」マイナーチェンジ、エコ性能向上

マツダは、コンパクトハッチ「デミオ」のマイナーチェンジを実施し、2005年4月13日に発売した。

2002年8月に発売された2代目となる現行型「デミオ」。今回のマイナーチェンジでは、燃費を含むエコ性能の改善がメインという。

電気式ヨンク「e-4WD」車を含む全モデルが「平成22年度燃費基準+5%」をクリア。排ガス性能では、全車が従来から「平成17年基準排出ガス75%低減レベル(SU-LEV)」認定を取得しているため、これで全車が「最高水準のグリーン税制に適合」(プレスリリース)、つまり自動車税および自動車取得税を合わせて3万2000円の軽減措置の対象となった。

一方、デザインや装備も変更。エクステリアについては、ヘッドランプのサイズ拡大やエアロパーツの意匠を変えるなどした。
また携帯するだけでドアの開錠、施錠、エンジン始動、停止ができる「アドバンストキーレスエントリー&スタートシステム」や、車外の明るさをセンサーで感知して点灯する「オートライトシステム」などを新たに用意した。

グレード構成は3本立て。ベーシックな「Casual」(1.3&1.5リッター)、スポーティな「SPORT」(1.5リッター)に、1.3リッターモデルのスポーティ版「Casual Aeroactive」が追加された。また従来の「Cozy」はCasualのパッケージオプションとなった。

価格は、112万8750円から161万1750円まで。

(webCG 有吉)

マツダ「デミオ」:
http://www.demio.mazda.co.jp/

「マツダ・デミオ」マイナーチェンジ、エコ性能向上の画像

燃費は、10・15モードで約9%改善したという(1.3リッター+AT車の場合)。

燃費は、10・15モードで約9%改善したという(1.3リッター+AT車の場合)。

こちらは、グレード車からパッケージオプションに変更された「Cozyパッケージ」の「くるみベージュインテリア」

こちらは、グレード車からパッケージオプションに変更された「Cozyパッケージ」の「くるみベージュインテリア」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

デミオの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • マツダ・デミオXDツーリング Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.12.12 試乗記 理想とするドライブフィールの実現に、並々ならぬ執念を見せるマツダ。今回の「デミオ」の一部改良でも、前後のサスペンションにはマニアックな変更が加えられていた。公道での試乗インプレッションとともに、変更のポイントをつぶさに紹介する。
  • 日産ノートe-POWER X モード・プレミア(FF)【試乗記】 2017.2.4 試乗記 シリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」を搭載する、「日産ノート」のカスタマイズモデル「ノートe-POWER X モード・プレミア」に試乗。高級感を演出した見た目にとどまらない、個性的な走りの質を報告する。
  • マツダ・アクセラスポーツ/アテンザワゴン/デミオ【試乗記】 2017.1.26 試乗記 マツダの現行ラインナップに北海道・剣淵のテストコースで試乗。彼らが独自のシャシー制御技術とマン・マシン・インターフェイスに対する“こだわり”によって追及しているものとは何か? 雪上でのドライビングを通して確かめた。
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】NEW 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU/ヴィッツ ハイブリッド ジュエラ【試乗記】 2017.2.16 試乗記 マイナーチェンジを機にハイブリッドモデルの国内販売がスタートした、トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」。既存の小型ハイブリッド車「アクア」とは、どんな違いがあるのだろうか。かつてアクアを所有した清水草一が、その走りや乗り心地をチェックした。
ホームへ戻る