トスカーナのぶどう畑から〜新型ジープ・グランドチェロキー試乗会日記 その1

2005.04.14 From Our Staff

トスカーナのぶどう畑から〜新型ジープ・グランドチェロキー試乗会日記 その1

新型「ジープ・グランドチェロキー」取材のため、2005年4月11日にイタリアの古都フィレンツェへと向かった『NAVI』鈴木真人。先日のスペイン・マラガ取材ではハプニング続きだったが、今回の旅は大丈夫? 現地からの試乗会日記。

またまたトラブル発生!?

先月スペインのマラガで行われた試乗会に行った時は、パリのシャルル・ド・ゴール空港で5時間以上待たされて荷物も届かないという苦い経験をしました。

今回は、ドイツのフランクフルトで飛行機を乗り継ぎ、フィレンツェへと向かいます。これまでの経験では、フランクフルト空港ではあまりトラブルが発生しません。すっかり安心していたのですが、残念ながら今回も定刻には飛行機は飛びませんでした。

僕は見ていなかったのですが、我々が待っていた搭乗口を目指して、飛行機がものすごい勢いで近づいてきたらしいのです。見ていた人によると、「まるでジムカーナのようだった」とのこと。どうもブレーキが壊れていたらしく、その修理のためか2時間ほど遅れてしまいました。でも、今回は荷物がなくなることもなかったわけで、まあ上出来です。

4月のトスカーナ

フィレンツェのホテルで一泊し、2日目は試乗会の基地であるシエナに移動します。朝起きてみると、木枯らしのような風が吹き荒れていて寒いのなんの。
4月のトスカーナは気候がいいと思い込んでいたものですから、試乗会参加者はみんな軽装です。これでは凍えてしまうということで、フィレンツェの街に防寒具を買いに出かけました。

シエナ郊外のホテルまでは、バスで1時間ほど。古い建物を改装してオープンしたばかりだそうで、外観は石造りなのに中はとても近代的な部屋になっています。

まわりには緩やかな丘陵が広がっていて、畑に植えられているのはぶどうとオリーブばかりです。旅番組で紹介される典型的なトスカーナという感じの風景なのでした。

明日新しいグランド・チェロキーに乗る前に、比較のために現行のグラチェロに乗ることにしました。1999年にデビューしたこのモデルは、昔からのジープファンからは「洗練されすぎ」と文句が出るほどだったそうです。

でも、6年の月日を経ると、やはり古典的な味わいを感じてしまいました。昨今の自動車の進歩というものは、本当に目を見張るものがあります。明日の試乗が楽しみになってきました。(つづく)

(NAVI鈴木真人)

トスカーナのぶどう畑から〜新型ジープ・グランドチェロキー試乗会日記 その1
ポンテ・ヴェッキオには金細工の店が並んでいます。スリのメッカでもあります。
トスカーナのぶどう畑から〜新型ジープ・グランドチェロキー試乗会日記 その1
ウフツィ広場にて。石像かと思ったら人間でした。下の箱にお金を入れると動き出します。
トスカーナのぶどう畑から〜新型ジープ・グランドチェロキー試乗会日記 その1
試乗会の基地に並べられた歴代グランドチェロキー。いちばん左が今回試乗するニューモデルです。
トスカーナのぶどう畑から〜新型ジープ・グランドチェロキー試乗会日記 その1
夜のプレスディナーでは、余興で似顔絵師が登場しました。描いてもらいましたが、似ているかどうかは自分ではよくわかりません。
トスカーナのぶどう畑から〜新型ジープ・グランドチェロキー試乗会日記 その1

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。