【Movie】米独混血車「300C」の魅力とは?(クライスラー)

2005.04.11 自動車ニュース

【Movie】米独混血車「300C」の魅力とは?(クライスラー)

2005年2月、神奈川県は大磯で、 JAIA(日本自動車輸入組合)が主催する恒例の輸入車試乗会が開催された。『webCG』取材班は動画で突撃インタビューを敢行。
今回はダイムラー・クライスラーのアメリカ側、クライスラーの出番。北米市場で好評が伝えられる、クライスラーとダイムラーが共同で開発したモデル「300C」などについて、広報担当の千葉倫弘氏に語っていただいた。

【グラチェロについては……】


(撮影/編集=カネヨシ)

【関連記事】
2005年 JAIA試乗会 特集:
http://www.webcg.net/WEBCG/webcg_news/
newmodel/2005/2005jaia.html

JAIA:
http://www.jaia-jp.org/

【Movie】米独混血車「300C」の魅力とは?(クライスラー)の画像

【写真上】クライスラー「300C」
【写真下】ダイムラー・クライスラー日本 千葉倫弘氏

【写真上】クライスラー「300C」【写真下】ダイムラー・クライスラー日本 千葉倫弘氏
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • クライスラー 300C 5.7 HEMI(5AT)【試乗記】 2005.10.7 試乗記 クライスラー 300C 5.7 HEMI(5AT)
    ……598万5000円

    クライスラーが誇る5.7リッターV8OHVエンジン「HEMI」を搭載するサルーン「300C 5.7 HEMI」。なにもがデカく、誇らしげなアメリカンサルーンは、旧来のアメ車とはひと味違うらしい。


  • クライスラー300C SRT8(FR/5AT)【試乗記】 2006.7.26 試乗記 クライスラー300C SRT8(FR/5AT)
    ……726万6000円

    ゴツさが人気の「クライスラー300C」にハイパフォーマンスモデルが登場。ただでさえ大きな5.7リッターOHVのHEMIユニットを6.1リッターまで拡大した心臓に、併せてチューニングされた足まわりを持つ。ゴツいだけじゃない、このクルマの真骨頂とは?


  • プジョー3008GTライン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.20 試乗記 クルマの実用性能には一家言を持っているプジョー。彼らが本腰を入れて作ったSUVとなれば、期待はおのずと高まるというものだ。新型「プジョー3008」の限定モデル「GTライン デビューエディション」に試乗し、その“実用車力”を探った。
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(7AT/4WD)【試乗記】 2017.5.24 試乗記 流麗なスタイルが自慢の「アウディA5クーペ」が、9年ぶりにフルモデルチェンジ。新型はどんなクルマに仕上がったのか、2リッターの4WDモデル「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗して確かめた。
  • マクラーレン540Cクーペ(MR/7AT)【試乗記】 2016.9.5 試乗記 マクラーレンの最新モデルにして、そのラインナップにおけるエントリーモデルの役割を担う「540C」。フェラーリともランボルギーニとも、ポルシェとも一味ちがう、英国のスポーツカーならではのドライブフィールに触れた。
ホームへ戻る