【Movie】米独混血車「300C」の魅力とは?(クライスラー)

2005.04.11 自動車ニュース

【Movie】米独混血車「300C」の魅力とは?(クライスラー)

2005年2月、神奈川県は大磯で、 JAIA(日本自動車輸入組合)が主催する恒例の輸入車試乗会が開催された。『webCG』取材班は動画で突撃インタビューを敢行。
今回はダイムラー・クライスラーのアメリカ側、クライスラーの出番。北米市場で好評が伝えられる、クライスラーとダイムラーが共同で開発したモデル「300C」などについて、広報担当の千葉倫弘氏に語っていただいた。

【グラチェロについては……】


(撮影/編集=カネヨシ)

【関連記事】
2005年 JAIA試乗会 特集:
http://www.webcg.net/WEBCG/webcg_news/
newmodel/2005/2005jaia.html

JAIA:
http://www.jaia-jp.org/

【Movie】米独混血車「300C」の魅力とは?(クライスラー)

【写真上】クライスラー「300C」
【写真下】ダイムラー・クライスラー日本 千葉倫弘氏

【Movie】米独混血車「300C」の魅力とは?(クライスラー)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

300Cの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • クライスラー300Cラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2012.12.18 試乗記 クライスラー300Cラグジュアリー(FR/8AT)
    ……538万円

    モデルチェンジを受けたクライスラーのフラッグシップセダン「300」が上陸した。フィアット傘下でアメリカンフルサイズはどう生まれ変わったのか。
  • フォルクスワーゲン・パサートヴァリアント2.0TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2016.10.22 試乗記 「フォルクスワーゲン・パサート」に、2リッターターボエンジンを搭載した「2.0TSI Rライン」が登場。「ゴルフGTI」ゆずりのエンジンとパワートレイン、そしてRラインならではのシャシー制御システムが織り成す走りを試す。
  • キャデラックCTS-Vセダン スペックB(FR/8AT)【試乗記】 2016.7.23 試乗記 “コルベットの心臓”を持つキャデラックのハイパフォーマンスセダン「CTS-V」。最高出力649ps、最大トルク87.2kgmを発生するV8ユニットに目を奪われがちだが、実際の走りはどうなのか? パワーだけにとどまらない同車の魅力を紹介する。
  • クライスラー300Cラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2013.1.27 試乗記 クライスラー300Cラグジュアリー(FR/8AT)
    ……538万円

    クライスラーのフラッグシップセダン「300」シリーズがモデルチェンジを受け、4年ぶりの新モデルとして日本市場に導入された。内外装ともに洗練された新型はどんな風に進化したのか?
  • クライスラー300 SRT8(FR/5AT)【試乗記】 2013.2.26 試乗記 クライスラー300 SRT8(RWD/5AT)
    ……653万円

    一見「薄味」。しかしフィアットの指揮のもとで進化した「300 SRT8」は、欧州勢に引けを取らない洗練を手にしていた。あらためて、クルマは乗らなきゃわからない。
ホームへ戻る