【スペック】全長×全幅×全高=4565×1855×1675mm/ホイールベース=2795mm/車重=1790kg/駆動方式=4WD/3リッター直6 DOHC24バルブ(231ps/5900rpm、30.6kgm/3500rpm)/価格=573万円(テスト車=765万3600円)

BMW X3 3.0i(5AT)【ブリーフテスト】

BMW X3 3.0i(5AT) 2004.07.30 試乗記 ……765万3600円総合評価……★★★★BMWのSUV「X5」の弟分「X3」。3リッター直6を積む上級「3.0i」に試乗した自動車ジャーナリストの生方聡が納得したこととは?
自動車ジャーナリストの生方聡(写真=webCG)

“SUV臭さ”がない

このところ輸入モノのSUVというと、“プレミアムSUV”といわれるラクシャリーモデルが多かった。値段を考えると、「BMW X3」だって十分プレミアムなのだが、室内の雰囲気はスポーティというかカジュアルというか、つまり肩肘張らずに乗れるタイプで、BMWがSAV(スポーツ・アクティビティ・ヴィークル)と呼ぶ気持ちがわかるような気がする。
そんなX3に乗ってまず感じたのが、ボディの小ささ。私の場合、ふだん停める駐車場のアプローチが狭く、ひとまわり大きなSUVを停めるのは苦痛だったが、X3はさほど苦労せずに通過することができ、これなら毎日使ってもいいと思った。
運転していても“SUV臭さ”がないどころか、そのスポーティさはSUVのなかでもトップクラス。まさに街からオフロードまで、どんなシーンでも似合うアクティブなクルマである。



【概要】どんなクルマ?

(シリーズ概要)
1999年のデトロイトショーでデビューした「X5」に次ぐSUV(BMWいわく「SAV(スポーツ・アクティビティ・ヴィークル)」が、X5のコンパクト版たる「X3」。全長×全幅×全高=4565×1855×1675mm、ホイールベース=2795mm。X5比で、100mm短く、15mm幅狭く、65mm背が低く、そして25mmホイールベースがショートである。
エンジンは、ビーエムお得意の直6が2種類。2.5リッターは最高出力192ps/6000rpm、最大トルク25.0kgm/3500rpm、3リッターユニットは、231ps/5900rpm、30.6kgm/3500rpmのアウトプットである。トランスミッションは、どちらも、マニュアルモード「ステップトロニック」が付いた5段オートマチック。
駆動方式は、BMWが「xDrive」と呼ぶ、電子制御式多板クラッチを用いた4WD。リアルタイムでホイールなどの状況を判断し、前後のトルク配分を無段階に調節するシステムである。さらに、前後の重量配分を、BMWが主張する理想値、50:50に近づけ、俊敏性と操縦性を高いレベルで実現したと謳われる。
(グレード概要)
上級「3.0i」は、235/50R18サイズのタイヤ、フロントセンターアームレストを標準で備えること以外、「2.5i」と装備に差はほとんどない。
オプションは豊富。「カスタマイズオーダープログラム」では、レザーシートや2種類のインテリアトリム、メタリックペイントなど、内外装を変更できる。ステアリングの舵角に応じてライト照射角を変える「アダプティブヘッドライト」や、クルマ周囲の障害物を見地する「パークディスタンスコントロール」などが用意される。



BMW X3 3.0i(5AT)【ブリーフテスト】の画像


BMW X3 3.0i(5AT)【ブリーフテスト】の画像
写真をクリックするとシートアレンジが見られます。

写真をクリックするとシートアレンジが見られます。

【車内&荷室空間】乗ってみると?

(インパネ+装備)……★★★★
インストゥルメントパネルのデザインはシンプルの一言。やや小振りの速度計と回転計、整然とスイッチが並んだセンターパネルなど素っ気なく思えるくらいだが、その潔さにかえって好感が持てる。
感心したのはナビゲーションシステムとETC。最近の輸入車はナビを後付けするのが難しく、どうしても純正ナビに頼ることになるが、このX3にオプション設定されるDVDナビは秀逸だった。見た目がスマートなばかりか、3メディアVICS対応やETCとの連動など、ひととおり必要な機能が備わっており、さらに、ETC車載機がルームミラーに内蔵されるなど、日本仕様としての完成度も高い。このあたり、日本の高級車には“あって当たり前”だが、輸入車では日本の事情に追いつかないことが多く、それが不満につながることもある。X3にそんな心配はいらないようだ。
(前席)……★★★★
試乗車にはオプションで用意される電動レザーシートが装着されていた。前後スライドの微調整ができるのは電動シートならではで、チルト&テレスコピック調整機能の付いたステアリングとあわせて、最適なポジションを得るにはうってつけ。レザーシートそのものも適度に張りがあり、サイズもゆったりしていて座り心地がいい。
ただ、シートバックにあるレザーの重なった部分が硬く、背中に当たるのが気になった。
(後席)……★★
4565mmという全長だけ見ると、さほど大きなクルマではないが、リアシートの広さはお見事! 足元は広いし、ヘッドスペースも十分確保されている。
しかし、走り出すと、サスペンションの硬さが災いして、乗り心地はいまひとつ。中央席は収納式のアームレストがあるため、シートバックが硬く、ここに長時間座らせられるのはちょっとツライ。★評価は厳しめになりました。
(荷室)……★★★★★
リアシートを起こした状態でも、1m弱の奥行きが確保され、さらにトノカバーを閉めても50cmほどの高さがある荷室は、ワゴンとして十二分に広いスペースを提供している。6:4分割可倒式のリアシートを倒せば、さらに広いスペースが手に入るのも期待どおり。フロアにレールがあって、好きな場所にロープ固定用のリングを設置できるのもうれしい機能だ。
しかし、一番の特長は、地上高が高い(はず)のSUVでありながら、荷室のフロアが約65cmと低い位置にあることだ。これは下手なツーリングワゴンよりも低い数値。積み下ろしのしやすさという点では抜群である。

BMWらしく、フロントミドにマウントされたエンジン。前後重量配分は、前:後=940kg:880kgである。

BMWらしく、フロントミドにマウントされたエンジン。前後重量配分は、前:後=940kg:880kgである。


BMW X3 3.0i(5AT)【ブリーフテスト】の画像

【ドライブフィール】運転すると?

(エンジン+トランスミッション)……★★★★
X3 3.0iに搭載される直列6気筒エンジンは、231ps/5900rpm、30.6kgm/3500rpmのスペックから期待されるとおり、車両重量1790kgのボディをものともせず、余裕の加速力を発揮する。低回転から余裕のあるトルクを発生するおかげで、発進や街なかを流すような状況にあっても、適度にスリップするトルクコンバーターも手伝い、スムーズかつ力強い加速を見せるのだ。もちろんスロットルペダルを大きく踏み込んでやれば、BMW自慢のストレートシックスは気持ちよくトップエンドまでまわり、スポーティな加速を存分に味わえる。
(乗り心地+ハンドリング)……★★★★
エンジンのフィールや外観から想像できるように、X3の身のこなしはスポーティだ。たとえばワインディングロードでは、「3シリーズ」のセダンやクーペと同じとはいかないまでも、ロールはよく抑えられ、常に安定した姿勢で狙ったラインをトレースできる。ついつい背の高いSUVであることを忘れてしまうほどだ。
一方、乗り心地はやや硬めで、ハーシュネスの遮断もいまひとつ。それさえ割り切れれば、このクルマを買っても後悔しないと思う。

(写真=峰昌宏)

【テストデータ】

報告者:生方聡
テスト日:2004年7月9日
テスト車の形態:広報車
テスト車の年式:2004年(初年度登録)
テスト車の走行距離:4419km
タイヤ:(前)235/50ZR18 97H(後)同じ(いずれもブリヂストン TURANZA)
オプション装備:ステアリングホイールヒーター=2万6250円/マルチファンクション・ステアリングホイール+クルーズコントロール=6万3000円/リア・サイドエアバッグ=5万2500円/18インチアロイホイール=7万8750円/アラームシステム=6万3000円/クライメート・コンフォート・ウィンドスクリーン=2万3100円/パノラマ電動ガラスルーフ=18万9000円/ラゲッジネット1万5750円/ウッドトリム“シカモア”、ダーク=2万1000円/ETC=4万7520円/電動調整フロントシート=15万7500円/スキーバッグ=2万1000円/ストレージ・コンパートメント・パッケージ=3万1500円/ヘッドライトウォッシャー=3万6750円/PDC=10万5000円/レインセンサー+オートマチックライト=1万5750円/キセノンヘッドライト=8万4000円/アダプティブヘッドライト=5万2500円/プロフェッショナルHiFiスピーカーシステム=13万6500円/レザーアンビエンテ+フロントシートヒーター=31万5000円/メタリックペイント=7万3500円/ナビゲーションパッケージ=31万5000円
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(3):高速道路(4):山岳路(3)
テスト距離:719.6km
使用燃料:98.4リッター
参考燃費:7.3km/リッター

関連記事
  • BMW X5 xDrive35d xLine(4WD/8AT)【試乗記】 2014.3.11 試乗記 直6ディーゼルターボを搭載した「BMW X5」に試乗。モダンなパフォーマンスとクラシックなフィーリングを併せ持つ、その魅力に触れた。
  • BMWが「X3」「X4」の装備を充実 2016.6.28 自動車ニュース BMWジャパンは、「レーンチェンジウォーニング」や「ネバダレザーシート」などが標準装備となった「BMW X3」および「BMW X4」を、2016年6月28日に発売した。
  • BMW X3 2014.6.18 画像・写真 フロントまわりが新たなデザインに。最新型の「BMW X3」を写真で紹介する。
  • BMW X5 xDrive35d Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2014.1.8 試乗記 プレミアムSUVのパイオニア「BMW X5」が、通算で3代目となる新型に移行した。外観からは「キープコンセプト」に見える今回のモデルチェンジは「攻め」か「守り」か? 3リッターディーゼルエンジンを搭載する「X5 xDrive35d Mスポーツ」で箱根のワインディングロードを目指した。
  • BMW X3 xDrive20dブルーパフォーマンス(4WD/8AT)【試乗記】 2013.1.22 試乗記 BMW X3 xDrive20dブルーパフォーマンス(4WD/8AT)
    ……674万7000円

    急速なラインナップ強化により、日本のディーゼル市場におけるプレミアムブランドの主役となりつつあるBMW。その実力を、ミドルサイズSUVの「X3」で試した。
  • 「BMW X1」に上質感を高めた限定車登場 2017.4.28 自動車ニュース BMWジャパンは2017年4月27日、コンパクトSUV「BMW X1」にスタイリッシュさと上質感の向上が図られた特別仕様車「X1 sDrive18iファッショニスタ」を設定し、270台の台数限定で発売した。価格は467万円。
  • メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICスポーツ(本革仕様)(4WD/9AT)【試乗記】 2017.5.9 試乗記 「Cクラス」ベースのSUV「GLC」に2.2リッターのディーゼルターボ仕様が登場。“気は優しくて力持ち”という試乗前の筆者の予想は、東京~軽井沢の往復約400kmでどう変化したのか? スポーツサスペンションを装着した四駆モデルの走りをリポート。
  • 最高出力460psの限定車「BMW M4 CS」発売 2017.5.10 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月10日、上海モーターショーでデビューした高性能モデル「BMW M4 CS」の日本導入を発表。同日、60台限定で受注を開始した。納車時期は、同年の秋以降になる見込み。
  • 第39回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    おデブなMINIってアリなのか?
    2017.5.2 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第39回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! おデブなMINIはアリなのか?」。サイズもお値段もマッチョなMINIクーパーSD クロスオーバーALL4をクルマ変態的視点で斬る!
  • アウディQ2 2017.4.26 画像・写真 アウディが新型の小型SUV「Q2」の日本導入を発表。機械式駐車場にも入るボディーサイズが特徴で、1リッターと1.4リッターの2種類のターボエンジンが用意されている。アウディSUV製品群の末っ子にあたる、ニューモデルの姿を写真で紹介する。
ホームへ戻る