1台で5種類のボディ形状「シトロエン C3プルリエル」発売

2005.04.05 自動車ニュース

1台で5種類のボディ形状「シトロエン C3プルリエル」発売

シトロエン・ジャポンは、1台で様々なボディ形状を実現したコンパクトハッチ「C3プルリエル」を、2005年3月31日に発表した。販売開始は4月8日から。1.6リッターモデルの2ペダル5MT「センソドライブ」仕様のみの設定で、価格は279万円。


ボディカラーは全10色(うち6色は特別発注)。インテリアはシートカラーが「アプキュラ/トラモンタン」、トリムが「トラモンタン/グレー」の組み合わせ。オプションのレザーシート(12万6000円)は「ブラウン/トラモンタン」、トリムカラーは上下ともトラモンタンとなる。

■「ソフトトップ」と「サイドアーチ」

フランス語で“複数”を意味する名前をもつ「C3プルリエル」は、その名の通り、1台で様々なボディ形状を実現したコンパクトハッチ。2002年のパリサロンで発表され、03年のジュネーブモーターショーでは、「カブリオレ・オブ・ザ・イヤー」を獲得したモデルだ。

5つのボディ形状を実現するのは、電動式ソフトトップと、取り外し式のルーフライン「サイドアーチ」の組み合わせ。電動式ソフトトップがクローズド状態で「サルーン」、途中まで開ければ「パノラミックルーフ」、完全オープンにすると「カブリオレ」になる。

ここまでなら、普通のクルマでも似たようなモデルはあるが、プルリエルはここからがユニークだ。フロントスクリーン上端から後ろのサイドアーチを取り外すと、完全オープンの「スパイダー」に変身。さらに、後席をフォールディングして荷室と繋げれば、1008リッターの荷室容量をもつ「スパイダーピックアップ」となる。サイドアーチはアルミ製で、片方が約12kg。クルマに積載することはできないため、雨の心配が多い日本では使う場面も限られるとはいえ、楽しい魅力に溢れた1台といえそうだ。




■一回り大きい

名称にC3を持つプルリエルのボディサイズは、C3より一回り大きく、全長×全幅×全高=3935(+85)×1710(+40)×1560(+20)mm(カッコ内はC3との比較)。ホイールベースは変わらず、車重がC3の1.6リッターモデルと較べて120kg重い。丸いルーフラインにC3の面影を残すが、ドア枚数は2枚となり、ヘッドライトやリアコンビネーションランプなどは専用品を用いている。インテリアはシート&シート表皮、ドアトリムがオリジナルで、プルリエル独自のデザインとした。


パワートレインは「C3」の1.6リッターモデルと同じ、1.6リッター直4(110ps)に、2ペダル5MT「センソドライブ」が組み合わされる。

モノグレードのためか、装備品は充実。オートエアコン、6スピーカー&CDプレーヤー付きオーディオ、オートワイパーやフォグランプなど、快適装備はほとんど揃う。安全装備は、フロント&サイドエアバッグ、プリテンショナー&フォースリミッター付きシートベルトなどを装備する。

ボディカラーは10色を用意。ルージュアルダン(赤)やベールレンツ(ライトグリーン)など明るい色が多いのはフランス車らしいところ。
価格は279万円と、C3(1.6エクスクルーシブ)より59万円高い。

(webCGオオサワ)

シトロエン:
http://www.citroen.co.jp/

関連記事
  • シトロエンC3 プルリエル(20) 2006.2.20 画像・写真 2005年4月、日本に上陸したシトロエン「C3プルリエル」。1台で様々なボディ形状を実現したコンパクトハッチだ。その2006年モデルを写真で紹介する。
  • 【Movie】変幻自在の「シトロエンC3プルリエル」、変身の模様を動画で見る 2005.4.29 自動車ニュース フランス語で“複数”を意味する言葉を名前につかった「シトロエンC3プルリエル」。1台で5種類のボディ形態になる、というユニークなキャラの持ち主だが、その変幻自在ぶりは文字で伝えきれない……ということで、動画で。
  • シトロエン C3プルリエル(2ペダル5MT)【試乗速報】 2005.4.26 試乗記 シトロエン C3プルリエル(2ペダル5MT)
    ……291万6000円

    1台で5種類のボディに変身するシトロエンのコンパクトハッチ「C3 プルリエル」が日本に導入された。あいにく大雨の試乗となった『webCG』は、まだ見ぬオープンドライブに……。


  • プジョーRCZ R(FF/6MT)【試乗記】 2014.4.17 試乗記 プジョースポールが手がけたハイスペックな「RCZ」に試乗。270psを生み出す1.6リッターターボユニットを搭載する「RCZ R」は、ドライバーに何を語りかけてくるのか? 箱根のワインディングロードを行く。
  • プジョー206CC S16(5MT)【試乗記】 2002.6.29 試乗記 プジョー206CC S16(5MT)
    ……290.0万円

    電動トップをもつプジョー206CCに、2リッター直4モデルが登場! オートマ天国ニッポンにおいて、(あくまで相対的に)硬派な5スピードマニュアルのみの設定である。しかし、「CC S16」のステアリングホイールを握ったwebCG記者のココロは、いまひとつ晴れないのであった……。


  • シトロエン「C3プルリエル」がカブリオレの頂点に 2003.3.24 自動車ニュース シトロエンジャポンは、2002年の「パリサロン」で初公開された小型オープンモデル「C3プルリエル」が、2003年度の「カブリオレ・オブ・ザ・イヤー」に輝いたことを、2003年3月20日に発表した。
  • 【Movie】「C3プルリエル」と「C4」、いつ発売?(シトロエン) 2005.2.9 自動車ニュース 2005年2月、神奈川県は大磯で、 JAIA(日本自動車輸入組合)が主催する恒例の輸入車試乗会が開催された。『webCG』取材班は動画で突撃インタビューを敢行。シトロエン・ジャポンの宮之原博之氏に、日本におけるシトロエンの販売状況、そして今年導入予定の新車種について語っていただいた。上陸が待たれる「C3プルリエル」と「C4」にはいつ乗れるのか……?※シトロエン・ジャポンから読者プレゼントがあります。詳しい応募方法はこのページの下の方をご覧ください。
  • トヨタ・ラクティスG“Lパノラマパッケージ”(FF/CVT)【ブリーフテスト】 2005.11.1 試乗記 ……226万9050円
    総合評価……★★★

    “カーゴ”風味を捨ててスポーティに生まれ変わった、ファンカーゴの後継たる「ラクティス」。パノラマルーフを搭載するトップグレード「G“Lパノラマパッケージ”」に乗った。


  • ランチア・テージス 3.2V6(FF/5AT)【試乗記】 2006.11.23 試乗記 ランチア・テージス 3.2V6(FF/5AT)
    ……750万7500円

    デザイナー曰く“五感で知覚する上質”を目指したという「ランチア・テージス」は、販売不振ゆえに2007年の生産中止がささやかれる。発売から4年を経たランチアの最上級セダンは、今も魅力を持っているのか? 3.2リッターV6モデルに試乗した。
  • 「三菱コルト ラリーアート バージョンRスペシャル」復活 2010.1.14 自動車ニュース 三菱自動車は、特別なコルト「コルト ラリーアート バージョンR スペシャル」を、2010年2月18日に発売すると発表した。
ホームへ戻る