【FN2005】ライアン、王者の貫禄で開幕戦もてぎを制す!

2005.04.04 自動車ニュース

【FN2005】ライアン、王者の貫禄で開幕戦もてぎを制す!

2005年4月3日、全日本選手権フォーミュラ・ニッポンの開幕戦が、栃木県・ツインリンクもてぎで開催された。62周で行われたレースでは、予選5位スタートのリチャード・ライアンが優勝。ポールポジションの井出有治は、レース中盤までトップをキープしていたが、ピットストップ作業でタイムロス、2位に甘んじた。3位には、ライアンのチームメイトである服部尚貴が入った。

■予選のもてぎに吹いたインパル旋風

予選1回目は、本山哲と井出のふたりがトップタイムの行方を巡り、しのぎを削りあった。残り5分で本山がトップに立つも、その直後に井出が0.021秒の僅差で逆転。暫定ポールポジション(PP)につけた。

午後からの予選2回目は日が陰り、肌寒くなる。各車セットアップを進めて、ニュータイヤでのアタックに入る中、まずブノワ・トレルイエが自己ベストタイムを更新。だが井出の暫定トップタイムには届かない。

その井出や2番手本山もアタックを行ったが、ともに予選1回目のタイムを上回ることはできず、タイムアップ。結果、井出がPPを獲得。本山、トレルイエが続き、今季から3台体制となったインパルが上位3台を占領した。

■トレルイエがロケットスタート!だが……

今シーズンから決勝の走行距離が延び、2回のピットストップを視野に入れたレース展開が予測されたが、上位入賞者の中で2回ピットストップを行ったのは、結局トレルイエのみだった。

トレルイエは、少なめの燃料でマシン重量を軽くしてロケットスタートを決めたが、勢いあまってスピン。渋滞の中に飲み込まれた。

井出、本山の後ろにはライアン。ハイペースのライアンは早々に本山を料理し、2番手に浮上。ここからトップ井出との駆け引きが始まった。

■レース折り返しでトップ2台が動く

レースは、井出、ライアン、本山がトップ3を形成したまま中盤を迎えた。3人のうちでまず本山がピットイン。追い上げが期待されたが、後半は本山のペースが思うように上がらず、逆に後続車との攻防戦を強いられた。

これでますます井出とライアンとのガチンコ勝負がヒートアップ。テール・トゥ・ノーズの緊迫した闘いの行方は、チームの総合力が問われるピットストップへと委ねられた。

32周を終え、ライアンがピットイン。18.5秒で給油とタイヤ交換を済ませ、コースへ復帰した。その翌周には井出。だが、右フロントタイヤ交換に手間取り、タイムロス。事実上のトップでコースインしたものの、ひと足先にタイヤを温め終えたライアンが、1コーナー進入で難なく井出を抜き去った。

■井出の粘り実らず、ライアンが逃げ切り

逆転直後、トップ2台の差は1秒に満たないものだったが、残り10周ともなると2秒以上へと広がった。
タイヤにやさしい走りをすると定評がある井出だが、猛追モードの状況となれば話は別。息切れした井出を突き放したライアンが、ディフェンディングチャンピオンとしての貫禄を見せ、初戦を制した。

■ルーキーがファステストラップをマーク

開幕戦には、スポット参戦を含む4人のルーキーが参戦。予選では、山本左近がルーキートップの9位を獲得した。だが、その山本はスタートでエンジンストール。後方に沈んだ。

一方、11位からスタートを切った平中克幸は、ユーロF3で身に着けた勝負強さを披露。先輩たちとの一騎打ちに怯まず挑み、ルーキー最高位の8位でゴール。併せてファステストラップをマークする活躍を見せた。

第2戦・鈴鹿はわずか2週間後。オフシーズン中、鈴鹿で行われた2日間のテストでは1日が雨となり、大半のチームがデータ不足を指摘。今回の闘いで得た情報をもとに、どのような戦略を立ててくるのか、注目したい。

(文=島村元子/写真=KLM Photographics J)

【FN2005】ライアン、王者の貫禄で開幕戦もてぎを制す!の画像

名門インパル、予選トップ3を独占。各ドライバー、指を立てポジションを示す――井出有治1位、本山哲2位、そしてブノア・トレルイエ3位。

名門インパル、予選トップ3を独占。各ドライバー、指を立てポジションを示す――井出有治1位、本山哲2位、そしてブノア・トレルイエ3位。

表彰台には、頂点にライアン、2位井出、3位ベテラン服部尚貴という面々がのぼった。

表彰台には、頂点にライアン、2位井出、3位ベテラン服部尚貴という面々がのぼった。

決勝日のピット・ウォーク時に、アトラクションとして星野一義、中嶋悟、藤田直廣、関谷正徳、木下正治、森本晃生、近藤真彦ら往年の名ドライバーたちが、「Mote-La」というミニマシンでデモンストレーションレース。グリッドは年齢順でポールポジションは星野一義。ハンドルを握ると全員が本気モードで真剣勝負が繰り広けられた。

決勝日のピット・ウォーク時に、アトラクションとして星野一義、中嶋悟、藤田直廣、関谷正徳、木下正治、森本晃生、近藤真彦ら往年の名ドライバーたちが、「Mote-La」というミニマシンでデモンストレーションレース。グリッドは年齢順でポールポジションは星野一義。ハンドルを握ると全員が本気モードで真剣勝負が繰り広けられた。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。