星空のために幌を開けよう! (前口上) - 02


月刊webCGセレクション6月号

星空のために幌を開けよう!















夏だってオープンを楽しめる!

さらに、ソフトトップのモデルも最近はどれもよくできていて、静粛性は高いし室内にいて圧迫感のようなものを感じることもない。おまけにソフトトップの場合、その外観には布と鉄という異素材の組み合わせだけがもたらすエレガンスという要素も加わるのだから、むしろ開けてばかりいたらもったいないというものだ。

では逆に、特にこれからの夏、オープンを楽しめるのはどんな場面か。お勧めは、夜である。夜ならば、ギラギラと照りつける陽光に肌がヒリヒリ痛くなったり、汗だくになったりということはない。湿気はそれなりにあるものの、風を受けて走れば、心地よい気分に包まれるはずだ。さらに、明るいうちにオープンにしているとイヤでも集まる視線が、夜ならほとんど気にならないというのもメリット。存分に自分の世界に浸ることができる。そして肝心の爽快感だって、昼間に負けていない。視野を占めるのはきらめく星か、あるいは都会のネオンか。個人的に好きなのは、夜の都心の高層ビル街をオープンで走ること。昼間の渋滞のなかとは、街がまったく違った世界に見えるのである。

長々と講釈を垂れてきたが、言いたいのは要するに、古いルールから解放されれば、これからの季節もオープンカー、思い切り楽しめるぞということだ。
今回紹介するのは、いずれも開けても閉めてもスタイリッシュで快適で、さらには車種ごとに違ったオープンだというだけでない際立つ個性と歓びを備えている4台。オープンカー経験者も、これからオープンカーを手に入れたいという人も、十分納得のチョイスのはずだ。もし心に突き刺さる1台があったなら、ぜひとも手を伸ばしてみてほしい。

(文=島下泰久/写真=高橋信宏/2005年6月)

【Movie】4台の幌開閉時間を比較する! 一番早いのは?


(動画撮影・編集=カネヨシ)




戻る

次へ



トップへ戻る
| TOP | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 |


  • mixi
  • linkedin
  • rss
注目の記事
Editor's Pick Up
メールマガジン「webCG通信」配信中!