ちょっと“ワル顔”になったニュー「アルファ147」発売

2005.04.01 自動車ニュース

ちょっと“ワル顔”になったニュー「アルファ147」発売

フィアットオートジャパンは、鋭い目つきのフロントマスクを持つ新型「アルファロメオ・アルファ147」3車種を、2005年4月16日に発売する。


「アルファ147 2.0ツインスパーク」

「156」や「166」に続き、ハッチバック「147」も、鋭い目つきのニューモデル3車種が導入される。
いずれも5ドアボディで、1.6リッター(5MT、右ハンドル)「1.6ツインスパーク」が257万2500円、2リッター(5MT、左ハンドル)「2.0ツインスパーク」が298万2000円、2リッターに2ペダル5MT「セレスピード」を組み合わせた「2.0ツインスパーク・セレスピード」(右ハンドル)は、313万9500円だ。

大きく変わったフロントマスクは、コンセプトカー「ブレラ」を彷彿とさせるシャープなデザイン。アルファのトレードマークである盾型グリルを大きく、低く配置し、アグレッシヴなイメージに仕上げたという。
バンパーとフェンダーも新しいデザインを採用、従来に較べて、フロントオーバーハングも延長され、全長は55mm長くなった。

インテリアは、メーターパネルが1枚のフェイスパネルで覆われた新意匠となったほか、シートやトリムにスェードのような新素材「AlfatexR」を採用。高い質感とともに、通気性や耐久性を備えるという。2リッターモデルは、オプションでレザー内装も選択できる。


「アルファ147 1.6ツインスパーク」

また2リッターモデルに、乗り心地重視の「コンフォートサスペンション」が設定されたこともニュース。新型ダンパーやジオメトリーの変更によって、滑らかなハンドリングと、あらゆる状況での安定性、乗り心地のよさを提供すると謳われる。装備面ではほかに、オーディオにMP3プレーヤーが搭載されたことも新しい。

(webCGオオサワ)

アルファロメオ:
http://www.alfaromeo-jp.com/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • アルファ・ロメオ・ミト コンペティツィオーネ(FF/6AT)【試乗記】 2016.9.6 試乗記 アルファ・ロメオのスポーティーコンパクト、「ミト」にあらためて試乗した。デビューから8年を経て、熟成はどこまで進んだのか。箱根のワインディングロードを目指した。
  • アルファ・ロメオ・ジュリエッタ 2016.2.25 画像・写真 伊FCAは2016年2月24日、マイナーチェンジを施した新しい「アルファ・ロメオ・ジュリエッタ」を、ヨーロッパの5都市(ミラノ、トリノ、パリ、マドリード、フランクフルト)で同時に発表した。生まれ変わったジュリエッタを写真で紹介する。
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア(FR/8AT)【海外試乗記】 2016.6.7 試乗記 アルファ・ロメオのFRセダンが懐かしい名前とともに帰ってきた。510psを誇る「ジュリア クアドリフォリオ」を頂点に据えた新しい「ジュリア」ファミリー。その仕上がり具合を、故郷イタリアのテストコースと公道で試した。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートル R-Line (FF/7AT)【レビュー】 2016.11.9 試乗記 フォルクスワーゲンのブランドアイコンモデル「ザ・ビートル」に新グレードの「ザ・ビートル R-Line」が追加された。限定車以外では始めて、ブルーモーションテクノロジーを採用した1.4リッターTSIエンジンを搭載し、燃費も上々。では、一番“おいしい”ポイントは? 他グレードとの比較を試みた。
ホームへ戻る