全長6mのMINI!ストレッチリムジン「MINI XXL」、日本で公開

2005.03.30 自動車ニュース
 

全長6mのMINI!ストレッチリムジン「MINI XXL」、日本で公開

BMWジャパンは、「MINI」を全長6m(!)にまでストレッチしたスペシャル・リムジン「MINI XXL」を、2005年4月2日と3日の2日間、神奈川県は横浜で公開する。


オーディオやDVDなど装備も充実、後ろにはジャグジーまで備わる。MINIブランドのマーケティング活動のため、特別に制作された1台で、市販予定はなし。ちょっと残念?
 

「MINI XXL」は、米ロサンジェルスのコーチビルダーが、2004年のアテネオリンピックにあわせて作成したもの(関連記事)。オリンピック開催期間には、アテネでVIPを運ぶリムジンとして使用され、今はマーケティング活動として世界中をまわっている。

日本では一般公開されるとともに、ファッションブランド「THEATRE PRODUCTS」とコラボレーション。同ブランドが行う、東京コレクションのファッションショー(4月6日)にも登場するという。

展示詳細は、以下のとおり。

展示場所:クイーンズスクエア横浜内1階「クイーンズサークル」
(神奈川県横浜市西区みなとみらい2-3)

 

(webCGオオサワ)

MINI:
http://www.mini.jp/

関連キーワード:
MINI 3ドアMINIコンバーチブルMINIイベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • MINIクーパーS(FF/6MT)【試乗記】 2014.6.30 試乗記 より大きく、力強く、かつ効率的に生まれ変わった「MINI」。持ち前のゴーカートフィーリングは健在だが、この新型では“何か”が、旧型とは根本的に違っていた。その何かとは……。高性能仕様「クーパーS」で箱根を目指した。
  • ボルボXC40 T5 AWD R-DESIGN ファーストエディション(4WD/8AT)【試乗記】 2018.4.13 試乗記 ボルボが初めて手がけたプレミアムコンパクトSUV「XC40」とは、どんなクルマなのか。装備満載の限定車「XC40 T5 AWD R-DESIGN ファーストエディション」に試乗して、その仕上がりを確かめた。
  • MINIクーパーD 5ドア(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.15 試乗記 2016年春に導入されたMINIの最新ディーゼル商品群の中から、今回は5ドアの1.5リッターモデル「MINIクーパーD 5ドア」をチョイス。3気筒ユニットの出来栄えや、独特のドライブフィールを持つMINIというクルマとのマッチングを確かめた。
  • BMW & MINIディーゼルモデル試乗会【試乗記】 2016.6.29 試乗記 この春、BMWグループが小型モデルのディーゼルラインナップを一気に充実させた。注目の1.5リッター直列3気筒ディーゼルエンジンを搭載する「MINIクーパーD」や、「BMW 1シリーズ」初のディーゼル「118d」など、計4モデルに試乗する。
  • 第3回:ディーゼル車「V40 D4」で駆ける 2018.4.17 ボルボV40 解体新書 クリーンディーゼルエンジンを搭載する、ボルボのコンパクトハッチバック「V40 D4」。2015年夏の発売以来、国内で人気を集めてきたのはなぜか。装備充実のグレード「インスクリプション」に試乗してその理由を探った。
ホームへ戻る