ジャガーに3つの特別限定車「XKR“C、D、Eパック”」発売

2005.03.29 自動車ニュース

ジャガーに3つの特別限定車「XKR“C、D、Eパック”」発売

ジャガージャパンは、スーパーチャージャー付き4.2リッターV8を積む、「ジャガーXKR」に、テーマ別に3つの特別装備を施した限定車「Cパック」(クラシック・コンフォート)、「Dパック」(ダイナミック・ドライビング)、「Eパック」(エモーショナル・エレガンス)を設定。それぞれ、2005年4月5日に発売する。それぞれ、10台の限定車だ。


写真はEパック

今回の特別仕様車は、3つのテーマに見合う、エクステリアカラーとインテリアトリム、装備品を設定したもの。アルファベットは、ジャガーにゆかりのある3文字からとったという。C、Dパックはクーペだが、Eパックのみコンバーチブル仕様となる。

クラシック・コンフォートがテーマの「Cパック」は、「ブリティッシュレーシンググリーン」、または「オニキスホワイト」のボディカラーに、「カシミア」の内装をコーディネート。特別装備として、19インチアルミホイールや3連メーターゲージ、320Wアンプと9スピーカーが備わるプレミアムサウンドシステムなどを装着する。
価格は、1329万3000円。

「Dタイプ」は、ダイナミック・ドライビングをテーマにしたスポーティ仕様。ボディ色は「ストレート」または「クォーツ」、インテリアカラーは「チャコール」カラーのスポーツタイプに、「アルミニウムインテリアパック」を装着する。装備品として、大径20インチアルミホイールや、レッドペイントされたブレーキキャリパー、さらに、アクティブダンパー「CATS」と、ハード仕様のスプリング&スタビライザーなどをセットにした「クーペハンドリングパック」を採用。見た目も中身もスポーティに仕上げた。
価格は1354万5000円となる。

唯一コンバーチブルの「Eパック」は、エモーショナル・エレガンスがテーマ。エクステリアは、ボディカラー/ソフトトップの組み合わせは、「ラディアンスレッド/ライトベージュ」、または「パシフィック/ブルー」の2種類。インテリアはアイボリーという、かなりシャレた仕様である。レカロ製スポーツシートや20インチアルミホイールなど、装備品はけっこうスポーティだ。
価格は、1577万6000円。

(webCGオオサワ)

ジャガー:
http://www.jaguar.com/

関連キーワード:
XKクーペジャガー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジャガーFタイプR-DYNAMICクーペ(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.9.11 試乗記 ジャガーの2ドアクーペ/コンバーチブル「Fタイプ」に、2リッター直4ターボエンジンを搭載した新モデルが登場。ジャガー・ランドローバーの未来を担う新エンジンの出来栄えと、新しい心臓を得たFタイプの走りを、ノルウェーから報告する。
  • ホンダ・シビックハッチバック(FF/6MT)【試乗記】 2018.1.16 試乗記 6年ぶりに日本市場に復活した「ホンダ・シビック」。発売後約1カ月間の受注比率で35%を占めたという「ハッチバック」の6段MT仕様は、あるいは今回の復活劇の、陰の主役と言えるかもしれない。高速道路を一路西へ、箱根のワインディングロードを目指した。
  • ジャガーFタイプ S クーペ(FR/6MT)【試乗記】 2016.1.7 試乗記 ジャガーの2シータースポーツカー「Fタイプ」に、6段マニュアルトランスミッション搭載車が追加された。変速機の違いは、その走りをどのように変えるのだろうか?
  • レクサスLS500“エグゼクティブ”(4WD/10AT)/LS500“Fスポーツ”(FR/10AT)【試乗記】 2018.2.9 試乗記 新開発の3.5リッターV6エンジンを搭載した「LS500」を一般道で初試乗。11年ぶりに生まれ変わったレクサスのフラッグシップの出来栄えは? ハイブリッドモデルとの比較とともにリポートする。
  • 前編:新型「メガーヌGT」で駆ける 2018.1.31 最新ルノー・スポールを愉しむ<PR> ルノーのスポーツモデルには、同社のモータースポーツ活動を担うルノー・スポールの知見と技術が生かされている。その醍醐味(だいごみ)を、まずは新型「メガーヌGT」の走りを通して堪能した。
ホームへ戻る