ジャガーに3つの特別限定車「XKR“C、D、Eパック”」発売

2005.03.29 自動車ニュース

ジャガーに3つの特別限定車「XKR“C、D、Eパック”」発売

ジャガージャパンは、スーパーチャージャー付き4.2リッターV8を積む、「ジャガーXKR」に、テーマ別に3つの特別装備を施した限定車「Cパック」(クラシック・コンフォート)、「Dパック」(ダイナミック・ドライビング)、「Eパック」(エモーショナル・エレガンス)を設定。それぞれ、2005年4月5日に発売する。それぞれ、10台の限定車だ。


写真はEパック

今回の特別仕様車は、3つのテーマに見合う、エクステリアカラーとインテリアトリム、装備品を設定したもの。アルファベットは、ジャガーにゆかりのある3文字からとったという。C、Dパックはクーペだが、Eパックのみコンバーチブル仕様となる。

クラシック・コンフォートがテーマの「Cパック」は、「ブリティッシュレーシンググリーン」、または「オニキスホワイト」のボディカラーに、「カシミア」の内装をコーディネート。特別装備として、19インチアルミホイールや3連メーターゲージ、320Wアンプと9スピーカーが備わるプレミアムサウンドシステムなどを装着する。
価格は、1329万3000円。

「Dタイプ」は、ダイナミック・ドライビングをテーマにしたスポーティ仕様。ボディ色は「ストレート」または「クォーツ」、インテリアカラーは「チャコール」カラーのスポーツタイプに、「アルミニウムインテリアパック」を装着する。装備品として、大径20インチアルミホイールや、レッドペイントされたブレーキキャリパー、さらに、アクティブダンパー「CATS」と、ハード仕様のスプリング&スタビライザーなどをセットにした「クーペハンドリングパック」を採用。見た目も中身もスポーティに仕上げた。
価格は1354万5000円となる。

唯一コンバーチブルの「Eパック」は、エモーショナル・エレガンスがテーマ。エクステリアは、ボディカラー/ソフトトップの組み合わせは、「ラディアンスレッド/ライトベージュ」、または「パシフィック/ブルー」の2種類。インテリアはアイボリーという、かなりシャレた仕様である。レカロ製スポーツシートや20インチアルミホイールなど、装備品はけっこうスポーティだ。
価格は、1577万6000円。

(webCGオオサワ)

ジャガー:
http://www.jaguar.com/

関連キーワード:
XKクーペジャガー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジャガーFタイプR-DYNAMICクーペ(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.9.11 試乗記 ジャガーの2ドアクーペ/コンバーチブル「Fタイプ」に、2リッター直4ターボエンジンを搭載した新モデルが登場。ジャガー・ランドローバーの未来を担う新エンジンの出来栄えと、新しい心臓を得たFタイプの走りを、ノルウェーから報告する。
  • ジャガーFタイプ クーペ(FR/8AT)【試乗記】 2014.9.4 試乗記 ジャガーひさびさの“ピュアスポーツカー”とうたわれる、2シーターモデル「Fタイプ クーペ」。実際の走りは、どれほどのものなのか? 最も廉価なベーシックグレードで試した。
  • アウディR8クーペ V10プラス5.2 FSIクワトロ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.9.12 試乗記 アウディスポーツのレーシングマインドを具現したスーパースポーツカー「R8」。いまや貴重ともいえる自然吸気のV10ユニットを搭載する4WDスポーツの実力を、あらためて富士スピードウェイで解き放った。
  • 「日産リーフ」がフルモデルチェンジ 航続距離は400kmに 2017.9.6 自動車ニュース 日産自動車は2017年9月6日、電気自動車の「リーフ」をフルモデルチェンジした。同年10月2日に発売する。2代目となる新型は、航続距離を大幅に伸ばすとともに、日産のインテリジェントドライビング技術によって、より楽しく快適な運転を実現したのが特徴である。
  • 「レクサスNX」のマイナーチェンジモデル発売 2017.9.14 自動車ニュース トヨタ自動車は2017年9月14日、レクサスブランドのSUV「NX」をマイナーチェンジし、販売を開始した。エクステリアデザインを変更するとともに、先進装備を充実させて快適性と利便性の向上を図っている。
ホームへ戻る