星空のために幌を開けよう! (ポルシェ・ボクスターS)


月刊webCGセレクション6月号

星空のために幌を開けよう!






【スペック】
全長×全幅×全高=4330×1800×1295mm/ホイールベース=2415mm/車重=1380kg/駆動方式=MR/3.2リッター水平対向6DOHC24バルブ(280ps/6200rpm、32.6kgm/4700〜6000rpm)/価格=686万円(テスト車=892万3250円/レザーシート=49万3500円/アダプティブスポーツシート=39万9000円/ウインドディフレクター=5万7750円/スポーツステアリング=4万2000円/PASM(ポルシェ・アクティブ・サスペンション・マネージメント)=27万3000円/スポーツクロノパッケージ=13万6500円/バイキセノンヘッドライト=14万7000円/シートヒーター=6万8250円/ウインドシールド=1万5750円/19インチアルミホイール=33万6000円/CDオートチェンジャー=9万4500円)









ピュアスポーツとしても一級品



ポルシェ・ボクスターS(MR/6MT)
……892万3250円

フルモデルチェンジをうけて、「ボクスター」はさらにスポーツカーとしての資質を向上させた。それではオープンカーとしては、どのように評価されるべきなのか。自動車ジャーナリストの島下泰久は、「理想の姿を体現」しているという。

オープンカーらしからぬ安心感

新しくなったボクスター、写真を見る限りは、ディテールの違いこそあれ全体的には「あまり変わり映えしないなぁ」と思っていたのだが、実車を前にすると、これが意外なほど新しさを感じる。とても立派になって、あるいは従来のカジュアル感は薄まったかもしれないけれど、その代わり風格みたいなものを感じさせたのだ。実際のボディサイズは、先代に較べて全長で10mm、全幅で20mmほどしか大きくなっていない。スタイリングも、誰の目にもボクスターに見える。それでいて、この存在感。新しいファンを魅了すると同時に、旧型のオーナーに落胆はさせずに羨望は抱かせる。そのデザイナーの仕事ぶりは見事と言うほかない。

見事な仕事をしたのはスタイリストだけではない。新型ボクスター、走りっぷりも手放しで賞賛したくなる素晴らしさだ。まずはすべての基本、ボディがとてもしっかりしている。しかも、ガチッと固い殻に覆われているようなオープンカーらしからぬ安心感をもたらす一方で、軽快感も捨てていないのが良い。
巧みにセットアップされたサスペンションも、その軽快感を強調する要素だ。試乗車はオプションの電子制御ダンパー、PASMを装備していたが、これをノーマルモードで乗っている限りは、すべての入力を無理矢理抑え込むのではなく、4輪を適度にストロークさせてそれらをうまくいなしながら、でも無駄な動きはしっかり排除するという絶妙なサジ加減の乗り味を堪能できる。















際立った素直さ

しかも快適性だって想像以上だ。試乗車は19インチタイヤを履いていたが、それがにわかには信じられないほど。オープンエアドライビングをゆったり満喫しようという時も、乗り心地には何の不満も抱くことはないはずだ。ソフトトップはロックだけが手動で、あとは電動開閉式。試乗車はオプションの、ロールバーの間を渡すウインドディフレクターが備わっていたこともあって風の巻き込みは適度で、フロントスクリーンの上端までがドライバーの頭から適度に遠く、爽快感だけを存分に楽しめる。

そして当然のごとく、曲がりの一体感、楽しさも一級品だ。そのステアリングは、いかにもポルシェらしい精度の高さを感じさせる。走り出してすぐ、クルマに全幅の信頼をおけるのは、微舵どころか舵を入れようと力を加えるその瞬間から、路面の状況をありありと掌に伝え、そしてそのわずかな力加減にも、しっかりとした手応えを返してくる、おそろしく精度の高い応答性のおかげだ。そのステアリングを切り込んでいくと、まさに思った分だけそれ以上でも以下でもなく車体の向きが変わっていく。

その一連の挙動は、ノーズがインを向くというよりは、自分を中心にノーズがインを向くと同時にリアが回り込んでいく、いかにもミドシップらしいもの。だからといって危なっかしさは一切なく、すべては絶大な安心感のもとに展開されるから、気付くとどんどんペースが上がってしまう。この際立った素直さは、まさにピュアスポーツと呼ぶにふさわしい。









ベタ褒めも仕方がない

ボクスターSが積む最高出力280psを発生する3.2リッターユニットも、パワーはもちろん吹け上がりの鋭さ、サウンドなど、すべての面でスポーツエンジンとして文句のつけようがない。今や280psなんてセダンでもザラだが、水冷フラット6のパワーは、その密度が違う。ただボクスターの2.7リッターも相当できがいいだけに、こちらが6段MTだということを差し引いても、100万円の差は微妙なところかもしれない。

とはいっても新型ボクスター、実は全モデルとも先代より価格は引き下げた。このユーロ高のなか、あらゆる点で進化を果たして、PSMやヘッドエアバッグなど装備も充実させての値下げなのだから、もう脱帽である。ほとんどベタ褒めになってしまったが、本当だから仕方がない。まさしくこのボクスターこそ、風と心地よく戯れながらコーナーの連続を軽快にクリアしていくオープンスポーツカーの理想の姿を体現した存在なのだ。

(文=島下泰久/写真=高橋信宏/2005年6月)

【Movie】写真をクリックすると動画が始まります。


(動画撮影・編集=カネヨシ)




戻る

次へ



トップへ戻る
| TOP | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 |



  • mixi
  • linkedin
  • rss
注目の記事
Editor's Pick Up
メールマガジン「webCG通信」配信中!