米独混血「クライスラー300C」がHDDナビ付きに、でも価格はアップ

2005.03.28 自動車ニュース

米独混血「クライスラー300C」がHDDナビ付きに、でも価格はアップ

ダイムラー・クライスラー日本は、クライスラーとメルセデスベンツの合作「クライスラー300C」に、ハードディスクドライブ(HDD)ナビゲーションシステムを標準で与え、2005年4月1日に発売する。




クライスラーのフラッグシップ「300C」に付くカーナビは、パイオニア製「カロッツェリア・エージェントHDDサイバーナビ」。インダッシュ7.0型ワイドテレビ+HDDカーナビゲーションシステムで構成され、ワイドテレビは、専用センターパネルに装着される。これにより、ナビに加え、テレビ、DVDソフト、音楽CD、そしてMP3が楽しめるという。

車両と同様、カーナビにも新車登録時から3年間または6万kmの保証が受けられるとか。価格は、従来型に31.5万円プラス、3.5リッターモデル「3.5」が493.5万円、5.7リッター版「5.7 HEMI」は598.5万円。

(webCG 有吉)

クライスラー:
http://www.chrysler-japan.com/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

300Cの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る