【スペック】全長×全幅×全高=3655×1690×1445mm/ホイールベース=2465mm/車重=1210kg/駆動方式=FF/1.6リッター直4SOHC 16バルブ・スーパーチャージャー・インタークーラー付き(170ps/6000rpm、22.4kgm/4000rpm)/価格=295万500円(テスト車=353万5350円/17インチアロイホイール=16万8000円/自動防眩機能付きルームミラー=1万500円/ウッドサーフェスインテリア=1万8900円/コクピット・クロノ・パッケージ=2万6250円/ナビゲーションシステム=28万3500円/CDチェンジャー=4万6200円/ホワイトインジケーターライト=8400円/ETC車載パッケージ=2万3100円)

MINIクーパーS(6AT)【試乗速報】

“イマ風”(?)ホットハッチ 2005.03.26 試乗記 MINIクーパーS(6AT)……353万5350円MINIの最速グレード「クーパーS」と、同「コンバーチブル」に、日本人待望の6AT仕様が追加された。リキッドイエローのクーパーSに、『webCG』記者が箱根で試乗した。
インテリアパネルは「アルミニウム・パティナ」が標準。テスト車はウッドで、ギラつきを抑えた仕様だ。

インテリアパネルは「アルミニウム・パティナ」が標準。テスト車はウッドで、ギラつきを抑えた仕様だ。
パドルスイッチを手前に引くとシフトアップ、奥へ押せばダウン。オートモードでも、一時的に操作を受け付けるのは便利だ。左右に備わるが、いずれも機能は変わらない。シフトレバーを手前に倒せば、マニュアルモードに移行する。

パドルスイッチを手前に引くとシフトアップ、奥へ押せばダウン。オートモードでも、一時的に操作を受け付けるのは便利だ。左右に備わるが、いずれも機能は変わらない。シフトレバーを手前に倒せば、マニュアルモードに移行する。


MINIクーパーS(6AT)【試乗速報】の画像

台数的にもプレミアム

MINIの最速グレード「クーパーS」に、「コレを待っていた人は多いだろうなぁ〜」と思われる、6段AT仕様が追加された。ちなみに、今回試乗は適わなかったが、同コンバーチブルにも6AT仕様が選べる。
スーパーチャージャー付きユニットを搭載するMINIクーパーSは、従来、6段マニュアル仕様のみだったが、走るクルマの約9割がAT、今やフェラーリやポルシェも8割以上がAT(もしくは2ペダル)の日本には、ピッタリの仕様だ。

……と思ったら、やっぱり人気。2004年12月に受注を開始してから、05年内に販売できる台数の約半数に達する予約が入ったらしい。ちなみにクーパーS、過給器付きユニットを搭載する関係で生産台数が限られるため、日本への割り当て台数はけっして多くない。これまではMTのみだったからそれほど販売台数も多くなく、これからは手に入りにくい……かもしれない。いずれにしても、結構プレミアムなグレードである。

NAモデルのMINIは、段付きATではなくCVTが組み合わせられたが、クーパーSの身上はスポーティということで、段付きが選ばれた。欧州と同様、基本仕様はMTというスタンスで、6ATはオプション扱い。価格は15万7500円である。ATだけをオプション装着すると、クーパーSが295.0万円、コンバーチブルが339万1500円。プレミアムブランドとしては妥当な価格だと思われるが、そこはキャラも立ってるMINIのこと。多種多様なアクセサリーやオプションパーツを「アレもコレも……」と装着していくと、テスト車のように立派な価格となる。もちろん、それもMINIの楽しいトコロでもある。



MINIクーパーS(6AT)【試乗速報】の画像
リアシートは5:5の分割フォールディング式。シート背もたれのスイッチを押せば、ワンタッチで倒れる。

リアシートは5:5の分割フォールディング式。シート背もたれのスイッチを押せば、ワンタッチで倒れる。

ポップ、スポーツ、ラクシャリー

テスト車は、「リキッド・イエロー」が鮮やかなボディカラーの1台。内装色はブラックとフツーにスポーティだが、MINIのバリバリに造形しまくったインテリアは、やはりハデだ。ちょっとお下劣かな? と思うほどポップだが、パネルにオプションのウッドサーフェスを装着し、雰囲気を落ちつかせている。シートはショルダー部がやや高い、スポーツシートを標準装備。サイズがたっぷりしていて窮屈感はなく、むしろ豪華な印象だ。

クーパーSがデビューした2002年当時、乗った人は「とにかく、スゴク硬い!」と評し、乗り心地はゴツゴツ、ギャップで跳ねたりするとも聞いていた。ということで、恐る恐る走り出すと、最新モデルは全然、そんなことはなかった。実は2004年9月のマイナーチェンジで、リアサスペンションのセッティングを変更し、しなやかな味付けを施したという。乗り心地は、同クラスと較べてもイイ部類、ホットハッチとしてもかなりイイと思う。

インタークーラーの下、写真では手前側に、スーパーチャージャーが収まる。

AT仕様の最高速度は215km/h(MTは220km/h)。0-100km/h加速は7.7秒(同7.2秒)だという。



イン側へ切り込む

気をよくして速度を上げれば、これは速い。といっても顔が引きつるような速さではなく、下からモリモリ溢れるフラットトルクがクルマを引っ張り、とてもスムーズに速い。エンジンをまわすと聞こえる、スーパーチャージャーの「ウィ〜ン!」という音が“ヤってる感”を盛り上げてくれる。シフトパドルは、いまいち使い勝手が悪いものの、オートモードがお利口。スムーズで、おまかせしても文句はなかった。

コーナリングは、タイヤだけが頑張って、ステアリングのみで曲がるような、ヘンなゴーカートフィーリングではなく、ある程度ロールして踏ん張る自然な感じ。もちろん、キビキビしたMINIらしい動きは損なわれておらず、小さいボディ(……?)と見切りの良さを活かして、コーナーでイン側へ切り込むのが痛快! オモシロかった。

ただ試乗中、助手席に座るカメラマンの峰さんがボソっと「若い人には、乗って欲しくないなぁ……」とヒトコト。つまり、それくらい良くできていてラクチン、スポーティと快適がバランスした“イマ風”ホットハッチ(?)である。もっとも、リポーターも、ちょっと年配の方が、「ウィ〜ン……シュイーン!」と走ると、カッコイイんじゃないかと思った。なんだかんだと、値段もけっこう高いし。

(文=webCGオオサワ/写真=峰昌宏/2005年3月)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

MINI 3ドアの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • MINIクーパーSD 3ドア(FF/6AT)【試乗記】 2016.7.15 試乗記 いよいよMINIにも本格的なディーゼルの波が到来。今春、実に6車種ものディーゼルモデルが一斉に日本に導入された。今回は、そのなかでも特に高性能な「クーパーSD 3ドア」に試乗。小柄なボディーとトルクフルなエンジンが織り成す走りに触れた。
  • BMW & MINIディーゼルモデル試乗会【試乗記】 2016.6.29 試乗記 この春、BMWグループが小型モデルのディーゼルラインナップを一気に充実させた。注目の1.5リッター直列3気筒ディーゼルエンジンを搭載する「MINIクーパーD」や、「BMW 1シリーズ」初のディーゼル「118d」など、計4モデルに試乗する。
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 特集 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートル デザイン(FF/7AT)【試乗記】 2016.10.24 試乗記 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」が日本上陸から4年半ぶりにマイナーチェンジ。デザインや走りに磨きをかけ、安全面や機能面を充実させたという新型の走りとは? 内装の一部に外装色をあしらった「ザ・ビートル デザイン」に試乗した。
ホームへ戻る