第202回:なぜゲームだけじゃ満足できない?天才・山内が語る『ザ・バイブル』を作った本当の理由

2005.03.25 小沢コージの勢いまかせ!

第202回:なぜゲームだけじゃ満足できない?天才・山内が語る『ザ・バイブル』を作った本当の理由

『モータートレンド』誌の「自動車産業に影響を与えるホットなトップ50人」の17位にも選ばれたそうな。ほほーっ。
第202回:なぜゲームだけじゃ満足できない?天才・山内が語る『ザ・バイブル』を作った本当の理由

さーて、世界最高のクルマゲーム、『グランツーリスモ4』の発売からはや2ヶ月。国内じゃ既に楽勝で100万本突破! 北米175万本、ヨーロッパじゃ320万本が初日に出荷されたとか。

ってなわけで海外版の製作も終わり、余裕が出てきた“天才クン”にちょいと話を聞いてきました。特に初のオフィシャル本、『グランツーリスモ4 ザ・バイブル』についてね。なんせ恐ろしく“変わった本”なんで。全300ページとはいえ2800円もするし、正直、そんなに売れるとも思えないんで……。

■クルマの楽しみを伝えたい

小沢:唐突だけど、なんで『ザ・バイブル』なんて作ったわけ? アレでソフトが売れるとは思えないし、やっぱ2800円は高い。だいたい攻略本自体、いろんなところから出てるでしょう。
山内:GT の本はね、ずっと前から作りたかったんですよ。というのもGTは、たしかにゲームとして純粋に楽しめるけど、クルマの楽しみを伝えきれないところがあった。別にエンジンだのブレーキだのって仕組みがわからなくても、ゲームはできるじゃないですか。そこは攻略本では説明できないし、それじゃ本当のクルマの楽しみの半分も伝わらない。
小沢:なるほど。だから内容がほとんど“クルマ本”“なワケね。読んでて全然、ゲーム本って気がしなかったし、いきなり冒頭でニュル(ブルクリンク)の解説が20ページも出てくるし。
しかし、これに付いてく読者って並大抵じゃないと思ったけどなぁ。イチイチ、172個のニュル全コーナーの解説が付いてるし、正直、難し過ぎるかも……。
山内:たしかに。でも既に3刷に手が届きそう。いまさらながらGTファンの深さを思い知りましたよ。
小沢:凄いプレイヤーは、コントローラーを机に溶接するっていうからね。剛性感を出すために。
山内:GTのユーザーは、作った僕らが思う以上に進んでる部分があるんですよ。正直、ゲームは彼らと一緒に進化している。
小沢:だいたい最初、GTシリーズは20万本も売れればいいと思ってたんでしょう?
山内:そう、ここまで世界的なタイトルになるとは思ってもみなかった。もはや計算しきれない部分があります。


第202回:なぜゲームだけじゃ満足できない?天才・山内が語る『ザ・バイブル』を作った本当の理由

■ゲーム制作と編集は「似てる」

小沢:こうなったらちまちま予想するより、自分の思うことをやってみるしかないよね。今回の本もそうだけど、GT4に追加されたフォトモードだって、実は貴方の趣味だって話が……。
山内:小沢さんにはバレてるけど、僕、写真好きだし、本も好きでね。ヒマさえあれば活字中毒ってくらい本読みますから。
小沢:一日10冊読むってホント? でも結局、“山内一典的クルマ趣味”の延長、拡大にあったりするよね、GTって。
山内:それは恐れ多いですけど、僕らスタッフが楽しめること、楽しいと思うことを、損得抜きで追求していこうという思いはありますね。っていうかそうじゃなきゃ、こんな大変な仕事できませんよ。
小沢:1年間で、マトモな休みは4日だけらしいね(笑)。ところで本の編集してみて、なにかわかったことはあった?
山内:いやー、ハッキリ言ってゲーム製作とかなり似てますね。最初はいろんなコンポーネンツがバラバラで、今ひとつピンとこないんだけど、写真だの原稿だのレイアウトだのが集ってくるとようやく見えてくる。
小沢:ふーん、逆に言うとゲームって編集に似てるのね。GTの場合はコース設計があって、クルマ設計があって、シミュレーションのソフトがあってって具合。
山内:そうですよ。もちろん僕は最初からゲームになった姿を予想してますけどね。
小沢:じゃ、本の編集もできちゃう?
山内:できると思いますよ。
小沢:じゃあ、次のGT本は1000ページの“GT辞書”になるのか? 超激マニア向けの。
山内:ありえなくはないです(笑)

果たしてどこまで“濃く”なるのか。ゲームもほとんど辞書みたいになりつつあるんですけど、いろんな意味で歯止めの効かない人のようです。どこまでイっちゃうのか、しかと見届けたいと思います。

(文と写真=小沢コージ/2005年3月)

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』

あなたにおすすめの記事
新着記事
  • トヨタ・アクア/アクア クロスオーバー

    トヨタ・アクア/アクア クロスオーバー

    2017.6.23画像・写真
    モデルライフ半ばのマイナーチェンジで、内外装のデザインやパワーユニット、足まわりなどに手が加えられた「トヨタ・アクア」。全5グレードの中から、「アクア クロスオーバー」と「アクアG」の姿を写真で紹介する。
  • CAR LIFE with Dyson

    CAR LIFE with Dyson

    2017.6.23CAR LIFE with Dyson <PR>
    モータージャーナリストの藤島知子さんとwebCG編集部員が愛車を徹底的に掃除する!ダイソンが2017年5月に発売したコードレス・ハンディークリーナー、Dyson V6 Car + Boat Extraの実力やいかに?
  • Dyson V6 Car + Boat Extra vol.4

    Dyson V6 Car + Boat Extra vol.4

    2017.6.23CAR LIFE with Dyson <PR>
    webCG編集部内において、いつの間にやらすっかり少数派となった独身男子。数少ない“生き残り”のひとりである編集ほったが、「Dyson V6 Car + Boat Extra」とともにマイカーである「ダッジ・バイパー」の清掃に臨む。
  • Dyson V6 Car + Boat Extra vol.3

    Dyson V6 Car + Boat Extra vol.3

    2017.6.23CAR LIFE with Dyson <PR>
    「Dyson V6 Car + Boat Extra」の吸引力を確かめるべく、家族5人、2泊3日のキャンプを行った後に掃除を行った。想像以上のコードレス掃除機体験やいかに。webCG編集部きってのキャンプ名人、折戸がリポートする。
  • Dyson V6 Car + Boat Extra vol.2

    Dyson V6 Car + Boat Extra vol.2

    2017.6.23CAR LIFE with Dyson <PR>
    楽しい家族ドライブ。しかしその後には、菓子の食べこぼしに、土、砂、ホコリと、車内の掃除が待っている。「Dyson V6 Car + Boat Extra」があれば車内清掃も楽しくなる? webCG編集部のSAGがリポートする。
  • Dyson V6 Car + Boat Extra vol.1

    Dyson V6 Car + Boat Extra vol.1

    2017.6.23CAR LIFE with Dyson <PR>
    モータージャーナリストの藤島知子さんは、取材で東奔西走する毎日を過ごしている。愛車の「アウディS1」は休む間もなく走り回り、本格的に掃除をする時間がなかなかとれないのが悩みだそうだ。わかりました、それでは今日は「Dyson V6 Car + Boat Extra」で、徹底的にS1をきれいにしてあげてください!