「フィアット・パンダ」にヨンク「4×4 クライミング」など追加

2005.03.25 自動車ニュース

「フィアット・パンダ」にヨンク「4×4 クライミング」など追加

フィアットオートジャパンは、コンパクトカー「パンダ」の4輪駆動モデル「パンダ 4×4 クライミング」(フォーバイフォー クライミング)の追加と、特別装備を奢った上級グレード「パンダ Maxi」を、2005年3月24日に発表した。それぞれ、2005年4月1日に発売する。


TOP写真は「スカイドーム」などを奢った上級グレード「パンダ プラス 4×4 クライミング」

■見た目も走りもタフ

先代「フィアット・パンダ」にも設定されていた4輪駆動モデルが、ニューパンダに追加された。グレードは、標準の「4×4 クライミング」と、電動ダブルサンルーフ「スカイドーム」やアルミホイールを装着する上級グレード「4×4 クライミング プラス」の2種類。エンジンはFFモデルと変わらず、1.2リッター直4だが、トランスミッションは5段MTが組み合わされた。左ハンドルのみの設定で、価格は、それぞれ188万8950円と203万5950円だ。

ロードクリアランスを160mmに設定し、FFモデルよりちょっとシャコ高になったパンダ4×4。一般的なSUVに較べれば低いが、4輪駆動車らしさと、優れたハンドリングを両立したものだという。フィアットによれば、アプローチアングル24度、デパーチャーアングル42度、ランプアングル(突起物乗り越え許容角度)24度。50%以上の勾配率がある坂道を走破できると謳われる。外観もモディファイされ、前後バンパーやサイドパネルに、ブラックプロテクターを施した専用品を採用して、4×4らしいタフさを演出した。


「パンダ 4×4 クライミング」

4WDシステムは、前後ディファレンシャルの間に、ビスカスカプリング式センターデフを装着したもの。電子制御を使わず、前後輪の回転差によって、自動的に最適なトルクが配分されるシステムだ。
さらに、サスペンションも変更された。フロントはFFと同じマクファーソンストラット式ながら、ラフな路面での走行に耐えるよう、ダンパーとコイルスプリングを4×4専用品に換装。リアサスペンションはトーションビーム式から、独立懸架のトレーリングアーム式が採用された。ほかに、ブレーキディスクを240mm(フロントはベンチレーテッド)に拡大して性能を高めるなど、足まわりはFFと大きく異なる。


「パンダ Maxi」

■日本だけの特別仕様

「パンダ Maxi」は、日本市場のために開発された最上級グレードである。従来の上級「パンダ プラス」をベースに、外観に、フロントフォグランプや14インチアルミホイールを装着。加えて4×4と同様、シフトダウンした際にエンジンブレーキをコントロールして、滑りやすい路面でのホイールロックを防ぐ「MSR」がESPに備わった。
こちらは右ハンドル仕様で、価格は、パンダ プラスの9万9750円高となる、179万9700円。

(webCGオオサワ)

フィアット(フィアットオートジャパン):
http://www.fiat-auto.co.jp/

関連記事
  • 「フィアット500」にナビ付きの限定モデルが登場 2017.4.28 自動車ニュース フィアットのコンパクトカー「500」に、特別仕様車「ナビゲーションパッケージ」が登場。2DINのカーナビゲーションシステムとフィアット500のイラスト入りナノイー発生機が装備されており、5月13日より150台限定で販売される。
  • 「フィアット・パンダ」の内装が新デザインに 2017.1.12 自動車ニュース FCAジャパンが「フィアット・パンダ」をマイナーチェンジ。ダッシュボードを黒のモノトーンとしたほか、フラットボトムタイプのステアリングホイールを採用するなどの改良を実施した。価格はこれまで同じ213万8400円。
  • フィアット・パンダ Easy(FF/5AT)【試乗記】 2013.7.1 試乗記 3世代目に進化した、フィアットのコンパクトカー「パンダ」。新たなデザイン、そして新たなメカニズムは、ドライバーにどんな喜びをもたらすのか?
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
  • フィアット500S(FF/5MT)【試乗記】 2015.6.15 試乗記 デビューから8年を経ても、唯一無二の魅力は健在? 2気筒ターボに5段マニュアルトランスミッションを組み合わせた「フィアット500S」の試乗を通し、揺るがぬ個性と進化の度合いを確かめた。
  • 「ホンダS660」にブラウンレザーで飾った特別仕様車登場 2017.5.18 自動車ニュース 本田技研工業は2017年5月18日、軽オープンスポーツカー「S660」に特別仕様車「Bruno Leather Edition」を設定し、同年6月2日に発売すると発表した。11月30日までの期間限定受注で、価格は6MT仕様、CVT仕様ともに228万円。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――日産ノートe-POWER X モード・プレミア(前編) 2017.5.18 mobileCG SUPER GTや86/BRZ Raceで活躍中の谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回は「日産ノートe-POWER X モード・プレミア」に試乗する。谷口は“電気自動車のまったく新しいカタチ”をどう見ている?
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.18 試乗記 アウディのSUVファミリーである「Qシリーズ」に、最もコンパクトな「Q2」が登場。「今後の販売の柱」と位置づけられるニューモデルの実力を、装備充実の1.4リッターモデルで確かめた。
  • 特別な仕立ての「BMW 318i」200台限定で発売 2017.5.11 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月11日、洗練されたスタイリングとモダン&クラッシックなインテリアでスタイリッシュ感を高めたという特別仕様車「BMW 318iクラシック」を、200台限定で発売した。
  • ホンダがマイナーチェンジ版「フィット」の情報を先行公開 2017.5.11 自動車ニュース 本田技研工業は2017年5月11日、同年6月下旬にマイナーチェンジを予定しているコンパクトカー「フィット」に関する情報を、ホームページで先行公開した。先進安全運転支援システムを採用したほか、エクステリアがよりスポーティーにリフレッシュされる。
ホームへ戻る