【スペック】1.3U:全長×全幅×全高=3750×1695×1520mm/ホイールベース=2460mm/車重=1040kg/駆動方式=FF/1.3リッター直4DOHC16バルブ(87ps/6000rpm、11.8kgm/4000rpm)/価格=138万6000円(テスト車=156万6600円)

トヨタ・ヴィッツ1.3U(CVT)【ブリーフテスト】

トヨタ・ヴィッツ1.3U(CVT) 2005.03.24 試乗記 総合評価……★★★★……156万6600円6年ぶりにフルモデルチェンジされた、トヨタの世界戦略コンパクトカー「ヴィッツ」。1.3リッターモデルの上級グレード「U」に、『webCG』本諏訪裕幸が試乗した。


無くてはならない存在

新型「ヴィッツ」のCMキャッチコピーは「水と、空気と、ヴィッツ」。毎日必ず必要なもので、さらにクオリティが重要となるものだ。
ミネラルウォーターにも当たり前のようにお金を払う、クオリティ重視のこのご時世。激戦のコンパクトカー市場。ニューヴィッツには、ファーストカーとしてのクオリティも求められている。

乗ってみると、優れたパッケージングはもちろんのこと、動力性能にも驚かされる。内装には、フリクションダンパー付きのアシストグリップや樹脂類パーツ間のギャップの少なさ、さらにエマージェンシーキーのカッティングが内彫りになっているなど、一昔前のコンパクトカーでは考えられない装備も備わる。パッと見てもわからない、そんなところのクオリティがすばらしく高い。
とはいえ、ことさら斬新なデザインを取り入れたわけでもない。「ヴィッツ」は「水」や「空気」と同様に、目立つ存在にはならないだろう。控えめではあるが、無くてはならないものとして、われわれのそばにいることを望んでいる、そんなクルマなのだ。たぶん。



【概要】どんなクルマ?

(シリーズ概要)
1999年1月に誕生したトヨタの世界戦略コンパクトカー。国内市場では「カローラ」に次ぐ量販モデルであり、ヨーロッパでも「ヤリス」の名で広く浸透してきた。2005年2月にフルモデルチェンジされ、5ドアのみとなった。プラットフォームは新開発。広い室内と走行性能の向上を実現するため、ホイールベースとトレッドを拡大し、先代比で幅は35mm広く、ほぼ5ナンバー枠いっぱい。全長は110mm、ホイールベースは90mm長い。
エンジンは1リッター直3、従来からのキャリーオーバーとなる1.3リッターと1.5リッター直4の3種類で、トランスミッションは、FFがCVT、4WDは4段ATが基本。スポーティグレード「RS」には、5段MTが設定される。
(グレード概要)
1.3リッターで上級グレードとなるのが「U」。スマートエントリー&スタートシステムや4スピーカーなどの快適装備に加え、SRSエアバッグ&カーテンエアバッグ、盗難防止システム(イモビライザー)などが標準で備わる。また、シリーズ中唯一テレスコピックステアリングを装着。リアシートには6:4分割可倒式チルトダウン格納+格納式ヘッドレストを採用する。





写真をクリックするとシートが倒れるさまが見られます。

【車内&荷室空間】乗ってみると?

(インパネ+装備)……★★★★
センターメーターには、スピード、回転数がアナログ表示される。ナセル内、ATシフトインジケーターや電波時計の時刻表示も見やすい。ダッシュボード前面はほぼすべてが収納スペースになっており、モノの置き場に困ることはない。センターコンソールの丸いエアコンスイッチは、ビジュアルのアクセントになるだけでなく、回転させて調節する直感的な操作ができ、好感が持てる。試乗車にオプションで装着された「ワイドマルチAVステーションII(CDナビゲーションシステム)」は、目的地設定の際に丁目番地が入力できず、その点では使い勝手が良いとは言えない。
(前席)……★★★★
見た目より大振りなシートは、多少クッションが硬めだが座り心地はよい。座面が高く、視界も良好。
注目はこのグレードにのみ設定される「チルト&テレスコピックステアリング」。実際に使ってみると、いつもは遠くなりがちなステアリング位置を、好みの位置に持ってくることができた。適切なドライビングポジションを得るために重要な機能なので、他のグレードも標準にしてほしいところだ。
(後席)……★★★★
クラストップという前席との足もとスペース、謳い文句にウソはない。カローラにも匹敵する前後方向の余裕は、コンパクトカーとは思えないほど。しかし深く座ってしまうと176cmのリポーターの頭上に、余裕はほとんど無くなる。リクライニング可能なシートバックを使い、多少リラックスした姿勢で座ることになるだろう。トンネルがないフラットフロアだが、中央席にはヘッドレストがなく、シートベルトが2点式に格下げされるのは残念。座り心地は、座面、背もたれ共に硬い。
(荷室)……★★★★★
「RS」を除く1.3リッター以上のグレードに装備される6:4分割可倒式リアシートは、スライド/チルトダウン共に、ハッチ側から簡単なアクションで操作できる。フラットな状態をつくり出すデッキボードも便利なアイテムの一つだ。大人4人乗車状態でも最低274リッターの容量を確保する荷室には、撮影機材を山ほど積み込めた。

【ドライブフィール】運転すると?

(エンジン+トランスミッション)……★★★★
CVTは小排気量エンジンでも、クルマをスムーズに加速させることが最大のメリット。ヴィッツでも十分にその恩恵は活かされており、町なかでの発進、高速道路の追い越し問わず、想像通りの加速を実現する。しかしスロットル操作によってはキックダウンが頻繁に起こり、(予想より)低いギアを選ぶクセがあるようだ。エンジン音は、負荷をあまり与えずに走るとき(1300〜1800rpm)には静かなのだが、2300rpmを越えたあたりから急に騒がしくなるのが気になる。
(乗り心地+ハンドリング)……★★★
新開発のプラットフォームを用いたというニューモデルは、先代ヴィッツと比較すると、足まわりは硬めのセッティング。上下動の収まりが早く、ふわふわする印象はない。コーナリング中も安定姿勢を保つ。乗り心地は悪いわけではないが、従来の柔らかいイメージとはかけ離れている。欧州マーケットが以前より意識されたのか、乗り心地が快適となる速度域は70km/h超ぐらいであった。運動性能が高いのは歓迎だが、わが国におけるターゲットユーザーの好みに合うかどうかは疑問。

(写真=荒川正幸)

【テストデータ】

報告者:本諏訪裕幸
テスト日:2005年2月28日〜3月2日
テスト車の形態:広報車
テスト車の年式:2005年型
テスト車の走行距離:892km
タイヤ:(前)185/60R15(後)同じ(いずれもダンロップSP SPORT2030)
オプション装備:ワイドマルチAVステーションII(GPS CDボイスナビゲーション付)(10万2900円)/185/60R15タイヤ&15×5.5Jアルミホイール(6万3000円)/ETC車載器(1万4700円)
形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(4):高速道路(4):山岳路(2)
テスト距離:442km
使用燃料:35.7リッター
参考燃費:12.4km/リッター

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ヴィッツの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・ヴィッツ1.3F(FF/CVT)【試乗記】 2014.6.12 試乗記 デビュー4年目を迎えた「トヨタ・ヴィッツ」が大幅にマイナーチェンジ。刷新された1.3リッターエンジンや25.0km/リッターの低燃費ばかりが注目を集めているが、それ以外にも見落とせない進化のポイントがあった。
  • トヨタ・ヴィッツRS“G's・スマートパッケージ”(FF/5MT)【試乗記】 2014.7.1 試乗記 マイナーチェンジされた「トヨタ・ヴィッツ」の中で、ひときわ異彩を放つスポーティーモデル「ヴィッツRS“G's”」。こだわりの専用パーツやチューニングで磨いたという、走りの質をリポートする。
  • トヨタ86 GT“リミテッド”(FR/6MT)【試乗記】 2016.10.25 試乗記 「スポーツカーとしてのさらなる深化」をキーワードに、2016年夏にマイナーチェンジを受けた「トヨタ86」。従来モデルとの違いを確かめるとともに、FRのスポーツカーをマニュアルトランスミッションで楽しめる幸せをかみしめた。
  • シトロエン、「C4ピカソ」にディーゼルモデルを投入 2016.11.21 自動車ニュース プジョー・シトロエン・ジャポンは2016年11月21日、「シトロエンC4ピカソ」と「シトロエン・グランドC4ピカソ」に、一部内外装と装備の変更や、ディーゼルエンジン「BlueHDi」搭載モデルの追加などのマイナーチェンジを実施した。
  • ホンダ・フリード+ ハイブリッドEX(FF/7AT)【試乗記】 2016.11.24 試乗記 ホンダの小型ミニバン「フリード」シリーズが2代目にモデルチェンジ。ハイブリッドシステムの刷新と新プラットフォームの採用により、その走りはどう変わったのか? 2列シート車の「フリード+」に試乗し、進化のほどを確かめた。
ホームへ戻る