アウディの旗艦「A8」に、W型12気筒を載せた最高級「6.0クワトロ」追加

2005.03.24 自動車ニュース

アウディの旗艦「A8」に、W型12気筒を載せた最高級「6.0クワトロ」追加

アウディ・ジャパンは、アウディのフラッグシップモデル「A8」に、6リッターW12気筒ユニットを搭載した最上級車「A8 6.0クワトロ」「A8 L 6.0クワトロ」を追加設定し、2005年3月23日に発売した。




プレミアムブランド、アウディのもっともプレミアムなサルーン「A8 6.0クワトロ」。その心臓は、フォルクスワーゲン&アウディ自慢の6リッターW12エンジンである。

珍しいW型は、狭角V型6気筒ユニットを2つあわせた構造で、同じ排気量のV型よりも軽量かつコンパクトに設計でき、車体の理想的な位置にレイアウトできることがそのメリットとされる。最高出力が450ps/6200rpm、最大トルクは59.1kgm/4000rpmだ。

トランスミッションはパドルシフトできる6段ティプトロニック。4WD「クワトロ」が採用される。




フロントマスクは、アウディ一押しの“大口”「シングルフレームグリル」。ボディは、これまたフォーリングスが誇るアルミボディ構造「ASF(アウディ・スペース・フレーム)」コンセプトによりつくられ、高強度、軽量が謳われる。

A8 6.0クワトロは、1480.0万円。ホイールベースを130mmストレッチしリアに本革ロングセンターコンソールやパワーシートなどを与えたリムジン仕様A8 L 6.0クワトロは、1660.0万円のプライスタグを付ける。

(webCG 有吉)


アウディ・ジャパンのヴァルター・ハーネック社長。ヨーロッパでの「A8」は、BMW、メルセデスベンツら高級車の12気筒モデルのうち、48%のシェアを誇るとか。

アウディ・ジャパン:
http://www.audi.co.jp/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

A8の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アウディA8 3.0 TFSIクワトロ(4WD/8AT)/A8 L 4.0 TFSIクワトロ(4WD/8AT)【試乗記】 2014.4.14 試乗記 The Art of Progress(革新の美学)をコンセプトに掲げる「アウディA8」が、マイナーチェンジを受けて日本に上陸。知的でクールなフラッグシップセダンの走りを、エンジンもボディーも異なる2種のモデルで確かめた。
  • BMW 540i(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.1.11 試乗記 注目すべきは、シャシー性能と先進運転支援システム(ADAS)の大幅な進化。BMWの基幹モデル「5シリーズ」が7代目にフルモデルチェンジ。G30系と呼ばれる新型の実力を、3リッター直6ターボモデルで試した。
  • BMW M4 GTS(FR/7AT)【試乗記】 2017.1.10 試乗記 BMW M社が、そのモータースポーツテクノロジーを集約して開発した“公道走行も可能”なレーシングマシン「BMW M4 GTS」。巨大なリアスポイラーに、室内から鈍い光を放つロールバーなど、見た目からしてただ者ではないモンスターマシンの走りをリポートする。
  • メルセデスAMG E63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【海外試乗記】 2017.1.7 試乗記 新型「メルセデス・ベンツEクラス」のラインナップに加わった最強モデル「メルセデスAMG E63 S 4MATIC+」に試乗。Eクラス史上最強の612psを誇るスーパーサルーンの走りをポルトガルの公道とサーキットでチェックした。
  • レクサス・オールラインナップ試乗会【試乗記】 2017.1.19 試乗記 新型ラグジュアリークーペ「LC」の投入や、旗艦セダン「LS」のフルモデルチェンジなど、ビッグイベントを控えるレクサスがオールラインナップ試乗会を開催。サーキットと公道で、レクサスの現時点での立ち位置を確かめた。
ホームへ戻る