世界統一限定車、スペシャルカラーを纏った「VWニュービートルカブリオレ」

2005.03.24 自動車ニュース

世界統一限定車、スペシャルカラーを纏った「VWニュービートルカブリオレ」

フォルクスワーゲン・グループ・ジャパンは、「ニュービートルカブリオレ」に特別仕様車「ダークフリント」を設定、2005年4月9日に発売する。

「ニュービートルカブリオレ・ダークフリント」の特徴は、車名の由来ともなっているカラーリングにある。

「ダークフリント・メタリック」と呼ばれるダークグレーのボディと、「ガーネットレッド」のソフトトップでコーディネイト。車内には、「ボルドーレッド」のレザーシートやドアトリムを配した。さらに足もとには、赤いリムの17インチアルミホイールが装着された。

世界統一限定モデルで、日本導入枠は120台、本国ドイツでも250台という希少性もウリとか。価格は、ベース車「ニュービートルカブリオレ・プラス」の8.4万円高、359.1万円。

(webCG 有吉)

フォルクスワーゲン・グループ・ジャパン:
http://www.volkswagen.co.jp/

 
世界統一限定車、スペシャルカラーを纏った「VWニュービートルカブリオレ」の画像

色が自慢の「ニュービートルカブリオレ・ダークフリント」。ちなみにフリントとは、火打石のこと。
 

	色が自慢の「ニュービートルカブリオレ・ダークフリント」。ちなみにフリントとは、火打石のこと。
	 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ビートルの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る