【F1 2005】第2戦マレーシアGP、アロンソVでルノー2連勝、トゥルーリ2位でトヨタ初表彰台!

2005.03.21 自動車ニュース

【F1 2005】第2戦マレーシアGP、アロンソVでルノー2連勝、トゥルーリ2位でトヨタ初表彰台!

F1世界選手権第2戦マレーシアGP決勝が、2005年3月20日、マレーシアのセパン・インターナショナル・サーキット(5.543km)を56周して行われた。例年どおりの厳しい暑さのなか、フェルナンド・アロンソがポール・トゥ・フィニッシュを達成。ルノーは開幕戦に続き2勝目と好調さを顕示した。

2位にヤルノ・トゥルーリが入り、トヨタは参戦4年目、53戦目に初表彰台を獲得した。3位は、自身2度目のポディウムフィニッシュを決めた、ウィリアムズBMWのニック・ハイドフェルドだった。

4位は予選11位から地味に追い上げたマクラーレン・メルセデスのファン・パブロ・モントーヤ、5位はラルフ・シューマッハーで、トヨタはダブル入賞にもわいた。

6位デイヴィッド・クルタード&8位クリスチャン・クリエンと、開幕戦に続きレッドブル・レーシングは2台そろってポイントゲット。7位はまったくいいところのなかったフェラーリのミハエル・シューマッハーだった。

佐藤琢磨が病欠したBARホンダにとっては最悪の週末。ジェンソン・バトン、代役のアンソニー・デイヴィッドソンとも、スタートして2周で交換したはずのエンジンが煙を吐き、リタイアをきっした。

■ルノー強し、トヨタ健闘、フェラーリ苦悩

7度目のGP開催となるマレーシアのセパンは、ヘルマン・ティルケが手がけた、高中低コーナーを組み合わせたコース。マシン、そしてタイヤの実力が試されるサーキットである。

今回のレースで明らかになったことは、開幕2連勝のルノーのポテンシャルがどうやら本物らしいということと、昨年型マシンを改良して序盤をしのごうとするフェラーリが苦戦しているということだった。

開幕戦で3位入賞、ファステストラップを記録したアロンソは、セパンではポールポジションから飛び出し、終始誰にも脅かされずに「P1」を守り続けた。安定した速さ、タイヤにやさしいマシン特性、そして若きスペイン人のテクニックが今回の独走をもたらした。

アロンソを追ったのは、オーストラリアでも2位を快走したトヨタのトゥルーリ。“予選だけの切り込み隊長”と見られていたイタリアンだったが、アロンソとのスピード差はあったものの、初戦とは違いレース終盤まで力走を続け、待望のトヨタ初表彰台を実現させた。

後続では激しいポジション争いが繰り広げられ、なかでもレース中盤、ウィリアムズBMWのマーク・ウェバーとトヨタのラルフ・シューマッハー、そしてウェバーのチームメイトであるハイドフェルドによる4位争いは白熱した。5位ラルフが4位ウェバーを抜きにかかっている間の隙を突いてハイドフェルドが4位に躍り出て、すぐにまたウェバーが抜き返し4位を奪還、といった手に汗握る展開は、ピットストップで順位が変わる昨今のGPシーンにあって、クラシカルにさえ見えた。

やがて4位ウェバーの前に、ペースのあがらない開幕戦ウィナー、3位を走るルノーのジャンカルロ・フィジケラがあらわれ、ノーズ・トゥ・テール状態に。2台の攻防は、38周目の最終コーナーで接触という結末を迎えた。

以上の上位戦に、王者フェラーリは一度も絡むことができなかった。
予選でルーベンス・バリケロ12位、シューマッハー13位と中盤に沈み、レースでもうだつの上がらない紅い2台はミッドフィールドをうろつく始末。ブリヂストンタイヤ唯一のトップチームであるフェラーリは、明らかにペースが遅く、マシンの機敏性にも劣っていた。

バリケロはレース後半にリタイア。ミハエルはどうにか7位でゴールし今季初得点の2点を手に入れたものの、1位アロンソの79秒後方という散々な結果しか残せなかった。次戦には登場するかもしれないニューマシン「F2005」が待たれるチャンピオンチームだった。

次戦決勝は4月3日。今年で2回目となる砂漠のレース、バーレーンGPだ。

(webCG 有吉)

【F1 2005】第2戦マレーシアGP、アロンソVでルノー2連勝、トゥルーリ2位でトヨタ初表彰台!の画像

スタート直後のシーン。アロンソ(先頭)は、ヤルノ・トゥルーリを従えて1コーナーに飛び込み、以後独走してチェッカードフラッグをくぐりぬけた。(写真=ルノー)

スタート直後のシーン。アロンソ(先頭)は、ヤルノ・トゥルーリを従えて1コーナーに飛び込み、以後独走してチェッカードフラッグをくぐりぬけた。(写真=ルノー)

ルノーからトヨタへ移籍したヤルノ・トゥルーリ(写真)が、トヨタに初表彰台をもたらした。テクニカルディレクター、マイク・ガスコインを中心に開発されたニューマシン「TF105」駆るイタリア人は、トップのルノーを追いかけるパフォーマンスを見せ、力強い走りで2位完走を果たした。チームメイトのラルフ・シューマッハーも5位に入り、トヨタにとっては素晴らしい週末となったようだ。(写真=トヨタ自動車)

ルノーからトヨタへ移籍したヤルノ・トゥルーリ(写真)が、トヨタに初表彰台をもたらした。テクニカルディレクター、マイク・ガスコインを中心に開発されたニューマシン「TF105」駆るイタリア人は、トップのルノーを追いかけるパフォーマンスを見せ、力強い走りで2位完走を果たした。チームメイトのラルフ・シューマッハーも5位に入り、トヨタにとっては素晴らしい週末となったようだ。(写真=トヨタ自動車)

一方、チャンピオンチームのフェラーリにとっては最悪なウィークエンド。昨年型改良版のマシンは、明らかにルノーほかライバルに劣っている。ミハエル・シューマッハー(写真)は7位完走がやっと、ルーベンス・バリケロは途中棄権を余儀なくされた。これにより新型「F2005」の投入を早める動きに出るだろう。次戦バーレーンに間に合うか?(写真=フェラーリ)

一方、チャンピオンチームのフェラーリにとっては最悪なウィークエンド。昨年型改良版のマシンは、明らかにルノーほかライバルに劣っている。ミハエル・シューマッハー(写真)は7位完走がやっと、ルーベンス・バリケロは途中棄権を余儀なくされた。これにより新型「F2005」の投入を早める動きに出るだろう。次戦バーレーンに間に合うか?(写真=フェラーリ)

最悪なのはBARホンダ勢も同じ。佐藤琢磨は高熱が引かずに参戦を見合わせ、代わりにサードドライバーのアンソニー・デイヴィッドソンがステアリングを握ったのだが、ジェンソン・バトン(写真前)とともに、僅か2周のレースランしか経験できなかった。原因はエンジントラブルと見られている。(写真=本田技研工業)

最悪なのはBARホンダ勢も同じ。佐藤琢磨は高熱が引かずに参戦を見合わせ、代わりにサードドライバーのアンソニー・デイヴィッドソンがステアリングを握ったのだが、ジェンソン・バトン(写真前)とともに、僅か2周のレースランしか経験できなかった。原因はエンジントラブルと見られている。(写真=本田技研工業)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。