「フラッシングオイルは、エンジンに良くない?」

2005.03.19 クルマ生活Q&A ガソリン・オイル

「フラッシングオイルは、エンジンに良くない?」

自分は「アルファ147」に乗っています。カー用品店でオイル交換をした際、「フラッシングオイル」を使ってのエンジン洗浄を頼んだら、外車はシール剤が飛んでしまうのでやめた方がいいと言われました。輸入車にフラッシングオイルを使うのは本当に良くないのでしょうか?

お答えします。エンジン内部洗浄のための「フラッシング」は、強制的に内部を洗浄するため、慴動面やオイルシール類を傷める傾向にあります。これは国産車だから、輸入車だからということではありません。

エンジン内部の汚れを落とすには、エンジンオイルの交換を通常のサイクルよりも早めに行うのが効果的です。エンジンオイルには洗浄効果があります。走行条件によって違いますが、メーカー指定のオイル交換サイクルを守ると、日本の道路状況(特にストップ&ゴーが多い首都圏において)では、エンジン内部の汚れがどんどん進行してしまいます。

よって、少しエンジン内部が汚れたと思ったら、いつものオイル交換サイクルの半分ぐらいで取り換えてみてはいかがでしょうか? フラッシングオイルを使うよりもエンジンを傷めることなく、内部をきれいにしてくれるはずです。

クルマ生活Q&Aトップへ